編集部ブログ

ドリップコーヒー飲み比べ。違いが分かるメンバーは誰だ!?

人気記事の徹底検証をやってみた!

ドリップコーヒー飲み比べ。違いが分かるメンバーは誰だ!?
フフルルマガジン編集部のメンバーが制作の裏側をあれこれ紹介するコラム。今回はフフルルマガジンの人気記事を検証してみました。
こんにちは。編集長の中堀です。

早くも2回目の執筆になります。
前回は「朝食はパンだ」という記事を書きました。いや、正確にはバターの記事なんですが。

フランス産の美味しいバターを買って食べてみた!

みなさん、朝食のパンに合う飲み物といえば何でしょうか?

え?スムージー?そんな手間はなかなかかけられません。

え?牛乳?求めている答えじゃないです。

そう!コーヒーですよね。
やっぱり朝はパンとコーヒーに限ります。

ところでフフルルマガジンの人気記事でドリップコーヒーを飲み比べる記事があります。

美味しいドリップコーヒーはどれ?飲み比べたランキング

朝の時間がないときにはドリップバッグは簡単なので重宝するのですが、実は私は結構コーヒーが好きで、手間をかけて淹れるコーヒーに美学を感じている部分もあります。
豆を挽いてお湯を注ぐあの時間が美味しいコーヒーを作っていると信じています。

それを省略したドリップバッグでも本当にそんなに違うのか?だったら実際に飲み比べてみようと思います。

コーヒーの違いを知る!

ということで、一人では寂しいので編集部のメンバーを招集しました。
カフェで塗り絵をしている中山(左)と、ハンドメイドでアクセサリーをつくっている坂根(右)です。
詳しくは過去の編集部ブログをご覧ください。
ちなみに真ん中が私です。

せっかくなので、飲み比べた後でちゃんと違いが分かるのかを試したいと思います。

今回用意したコーヒーはこの4つ。
記事とは2つ異なるのですが、近所のお店で調達できたのがこの4種類でした。ご容赦ください。
左から、
  1. カフェカルディ マイルドカルディ
  2. 小川珈琲店 小川プレミアムブレンド
  3. スターバックス オリガミ® パーソナルドリップ® コーヒー ハウス ブレンド
  4. マキシム ちょっと贅沢な珈琲店 スペシャルブレンド
の4種類です。

スタバとマキシムは記事内でも紹介されている商品です。
では準備して飲み比べてみたいと思います。
みんなでドリップしたりして、意外とこういう時間も楽しいものです。

早速試飲スタート!

まずはスターバックス オリガミ。
ほどよい酸味と香ばしいナッツのような風味が特徴。
坂根 : あぁ、スタバの味ですね。安定感あるわー。
中堀 : うん、これは飲みなれた味だね。
中山 : 苦い。

続いて、マキシム ちょっと贅沢な珈琲店。
特徴は深いコクと芳醇な香りです。
坂根 : 薄味だけど、一般的なコーヒーという感じ。
中堀 : 喫茶店とかこういう味のコーヒー多いよね。甘いものというより食事のときとかに良いかも。
中山 : 苦い。

次は、カルディ マイルドブレンド。
カルディのスタンダードなブレンドで、やわらかな口当たりと持続する甘さが特徴です。
坂根 : カルディの店頭で配っている味がする。酸味が強いですね。
中堀 : あれは結構砂糖とミルク入ってない?でも確かに酸味が結構強いね。
中山 : 苦い。......え、酸味!?

最後は小川珈琲店プレミアムブレンド。
柔らかく芳醇な味わいで、これもクセが少ない印象です。
坂根 : 香りが甘いですね。あぁこれも酸味が結構ある。美味しい。なんかシュッていう味わいしません?
中堀 : 確かに。あ、でも後味に甘さが残る気がする。
中山 : あ、これが酸味ってやつですか。でも苦い。

ここまでひと通り試飲しました。
似ているものもあった気がしましたが、確かに全部違う味わいでした。

さぁ、本番です。本当に違いがわかっているのか!?

ここまで4種類のコーヒーを飲み比べてみました。
みんな偉そうなこと言いましたが、本当に違いがわかっているのか。
気づいている方も多いと思いますが、中山はブラックコーヒーが苦手です。

次は銘柄を明かさず飲んだ上で、どれがどの銘柄か当ててもらいます。
本当に違いが分かるなら、正解できるはず!
苦い苦い言っている中山でも分かるのか!?

まずは1杯目。
坂根 : これはたぶん分かりましたね。
中堀 : うん、これは結構自信ある。
中山 : なにこれ。

つづいて2杯目。
坂根 : え?こんなの飲んだ?
中堀 : うーん?どっちだろう。わかんない。
中山 : うん......。

そして3杯目。
坂根 : こんなのは飲んでない。知らない味だ。
中堀 : いや、もう全然分からなくなってきた。
中山 : ......。

最後の4杯目。
坂根 : あ、これは分かる!これはさすがに分かる!
中堀 : うん、たぶん俺もこれは大丈夫だと思う。
中山 : え?あー。うん。

これですべて飲み終えました。
いまいち味を覚えきれていないのか、全員不安な顔をしています。

そして回答披露です。

中堀
迷いはしましたが、これ以外ないかなと思いました。

坂根
あれ、回答が違う。自信満々に楽勝とか書いています。

中山
分からない顔してたくせに、坂根と同じ回答です。
構図まで坂根と同じです。
ちなみにスタバのスペルが間違っています。

ということは、あれ?
私だけ回答が違う......。
これは雲行きが怪しくなってきましたよ......。

さて、正解発表です。

では、実際どれがどの銘柄だったのか、正解発表です。
え??
え?え??
まさかの私のみ不正解。
苦いしか言ってなかった、スタバのスペル間違える中山にも負けるとは、屈辱です。
もうこれからコーヒーについてドヤ顔で語るのはやめます......。

ただ確かに全部のコーヒーの味は違いましたし、好みのコーヒーを求めて色々飲み比べるのは楽しいのではないでしょうか?
最後になんだかわからないポーズを取らされましたが、これからも色々飲んでみて、次回は負けないように頑張りたいと思います。
次回は未定ですが。

ただ、このように人気記事を実際にやってみたりするのは今後も続けていきたいと思います。
フフルルマガジン編集長の中堀でした!

この記事を書いた人

中堀 那由太

PR会社を経て2014年にネットプロテクションズ参画。フフルルマガジン編集長を務める。北欧風インテリア記事の編集を手がけるも、自宅はまったく北欧から程遠い。というより北欧がなんたるかわかっていない。ただ、ハーゲンダッツが北欧発じゃないことは知っている。

この記事に関するキーワード