おでかけ

持っているだけで気分が上がる「マリメッコ」のファブリックバッグ

フフルルニュース

持っているだけで気分が上がる「マリメッコ」のファブリックバッグ
11月に入り、日増しに寒くなってきました。外を歩くとほとんどの人がジャケットやコートを着込んでいて、冬の到来を感じます。これからの寒い時期のファッション、特にアウターは暗い色になりがちという人も多いのではないでしょうか?「バッグくらいは明るく元気な色で、気分も上げていきたいな」と思っていたときに出会ったのが「マリメッコ」のファブリックバッグ「KESATORI(ケサトリ)」です。

夏の市場を思わせる「KESATORI(ケサトリ)」

KESATORI(ケサトリ)
「マリメッコ」といえばケシの花をモチーフにしたウニッコ柄が有名ですが、最近ではロゴタイプのものや、バラのモチーフのものもよく見かけるようになりました。今回見つけたのは「KESATORI(ケサトリ)」という柄の生地を使ったバッグです"ケサトリ"とは、サマーマーケットという意味でフルーツや草花の鮮やかな色合いで夏の市場を表現しているそうです。確かに眺めているだけで、思わず笑顔になってしまうような元気いっぱいのカラーですよね!
税込4,320円

 

表と裏で違う柄なのも嬉しい!

KESATORI(ケサトリ)
「KESATORI(ケサトリ)」の魅力のひとつに、前面と背面で違う雰囲気の柄がデザインされていることが挙げられます。写真の面は濃いピンクのギンガムチェックにたくさんのフルーツが描かれおり、もう片面は白地に大きな青色のアジサイと真っ赤なリンゴ(記事TOPの画像参照)。表と裏でガラリと雰囲気が変わるので、その日の洋服や気分に合わせてどちら側を見せるのか決めるのもおもしろいですよね。

裏地のないシンプルな作り

KESATORI(ケサトリ)
「KESATORI(ケサトリ)」のバッグに私が普段よく持ち歩くものを収納してみました。大きさは32×33㎝で、A4サイズの本も余裕をもって入れることができます。裏地やポケットがないので「不便かな?」と思いましたが使いやすく、軽くてスッキリしています。そして小さく折りたためるので、荷物が多いときのサブバッグとしても使えるのでとても便利です。
KESATORI(ケサトリ)
コンパクトな見た目ですが、お財布やスマホ以外に、手帳や文具、カメラなど、意外にたっぷり入ります。通常のエコバッグよりも一回り小さめの「KESATORI(ケサトリ)」は洋服とのバランスも取りやすいので、メインのバッグとしても使いたくなるアイテムです。

明るい色で寒い季節も元気になれる!

KESATORI(ケサトリ)
これからの季節、モノトーンスタイルの日も多くなります。普段着に合わせて毎日のお買い物にも、少しオシャレをしておでかけのときにも「KESATORI(ケサトリ)」の元気なカラーはファッションのアクセントになります! ぜひ「マリメッコ」の「KESATORI(ケサトリ)」を持って、いろんなところへお出掛けしてくださいね。
取扱いショップ
※商品価格は記事公開時点のものです。
文:Rumi
ライフオーガナイザー
DIY・100均リメイク・整理収納・おうちカフェでおうち時間を楽しむアイディアをブログで日々発信しています。初の著書【Rumiのおうち時間を楽しむインテリア】を出版しました。
ブログ:PAS A PAS –GREENとDIYのある暮らし-

この記事に関するキーワード