くらし

北欧ブランド「iittala」から収納グッズが登場!

フフルルニュース

北欧ブランド「iittala」から収納グッズが登場!
北欧食器の代表ともいえる「iittala(イッタラ)」は、シンプルなデザインでどんなものを盛りつけても合うのが魅力。北欧に興味をもち、私が初めて購入した器も「iittala」のものでした。そんな「iittala」から、なんと収納グッズ「MENO(メノ)」が発売になりました。ホームバッグのような存在で、細々したもので何となくゴチャついて見える部屋も「MENO」に入れてしまえばすっきり片付いてしまいます! そんな片付けの強い味方、「iittala」の収納グッズ「MENO」をご紹介します!

「MENO」はフェルトでできた、シンプルなバッグ型収納

MENO
シンプルで丈夫なフェルト生地で作られた「MENO」。カラーはグレー1色ですが、主張しすぎないカラーなので、どんな部屋でも出しっぱなしにしておけますね!

サイズはS、M、Lの3サイズ展開で、写真はSサイズとMサイズになります。マチがたっぷりあって持ち手もついているので、家中どこへでも簡単に移動することができます。

SサイズはA4サイズの本や書類を立てて収納するのにぴったりなサイズ。Mサイズは、洗濯室でハンガーを入れたり、スリッパの収納に使うのもよさそうです。「MENO」自体が軽いので、少々重たいものを入れても簡単に持ち運べるのも嬉しいですね。ありそうなかった、そんな収納グッズだと思います。
7,020円(税込)
9,180円(税込)

 

内側にしっかりと「iittala」のロゴが入っています

MENO
パッと見ただけでは「iittala」のものとは分かりにくい「MENO」ですが、バッグの内側にしっかりとロゴが縫い付けられています。「iittala」ファンにとってはうれしい心遣いですよね。

とにかく入れるだけで部屋が片付く万能選手

MENO
我が家では、ダイニングカウンターで子供達が勉強をした後に出しっぱなしになりがちな 辞書やファイル、消しゴムなど、とにかくすべて「MENO」に入れています。子供達がモノを探すときには「MENOの中を探せば見つかる」というのがお約束。

私が使う「MENO」には、毎日使うからと机の上に出しっぱなしにしていた家計簿や、筆記用具などをまとめて収納しています。家の中に出しっぱなしが普通になっていたモノを「MENO」に入れると、不思議と一気に部屋がすっきりしたように感じます。

物の定位置を決めて収納することは大切ですが、時間がないときに一つひとつ定位置に戻すのは大変! そんなときには、ざっくりと収納できる「MENO」が大活躍なのです。

シンプルだから「MENO」はどんなインテリアにも馴染みます

MENO
「MENO」のよいところは、とにかくシンプルな見た目。ソファーの横にぽんっと置いてあっても違和感がありません。それどころか、ちょっとおしゃれな雑貨のよう。シンプルだからこそインテリアを問わず、どこのご家庭でもすっと馴染んでくれると思いますよ。

食器や雑貨で北欧を感じるのも素敵ですが、北欧の収納グッズがあれば、掃除や片付けをするのも楽しくなるかもしれません。是非お手に取って頂けたら嬉しいです。
取扱いショップ
※商品価格は記事公開時点のものです。
文:MI
ブログ「めがねとかもめと北欧暮らし。」を運営しております。
映画「めがね」「かもめ食堂」の世界観に憧れて、北欧インテリアを目指した部屋作りをしています。
男の子二人を子育てしながらの共働き。
少しでも暮らしやすい家を目指した収納の提案も行っています。

この記事に関するキーワード