くらし

30年以上の歴史を持つ長寿ブランド「いいちこ」のフラスコボトル活用法

フフルルニュース

30年以上の歴史を持つ長寿ブランド「いいちこ」のフラスコボトル活用法
日本が誇る焼酎ブランド「いいちこ」。その中でも1998年10月に発売された「いいちこ・フラスコボトル」をご存知でしょうか。理科の実験で使った懐かしいアイテム、丸底フラスコのような形が印象的です。このフラスコボトルが、飲んだ後はインテリアグッズとしても楽しめる!と話題になっています。今回は、いいちこの歴史やフラスコボトルの活用法をご紹介します。

いいちこの歴史

いいちこフラスコボトル
いいちこフラスコボトル
いいちことは、大分県の三和酒類株式会社から発売されている麦焼酎銘柄で1979年から続く長寿ブランドです。スーパーやコンビニでもよく見かけるので、お酒を飲まない方でも知っている方が多いのではないでしょうか?そして毎月新作が発表されるいいちこのポスター広告はセンスがよくて、思わず立ち止まって見てしまうくらいステキなものばかり。デザインへの想いも詰まっていることがうかがえます。

クセのないまろやかな味

いいちこフラスコボトル
シンプルで洗練されたボトルデザインが目を引きますが、味もとても爽やかで口当たりが良く、クセがないので焼酎が苦手な方でも飲みやすいのではないでしょうか。香りも上品なんですよ。

和食だけでなく、フレンチやイタリアンにも合いそうです。おいしい上にボトルのデザインが素敵なので、おもてなしにもピッタリですね。

刻んだレモンを入れて

いいちこフラスコボトル
空いたボトルにはワインを入れたり、日本酒を入れたり、デキャンタとして使うと特別感が出ます。我が家ではレモンを小さめにカットし、水を注いでレモンウォーターを作りました。ハーブなどを入れてハーブウォーターもいいですね!

一輪挿しに

いいちこフラスコボトル
シンプルで透明感のあるフラスコなので、一輪挿しとして使うのもオススメです。ガラスに光が入るとキラキラと輝いて本当にキレイです。優しい丸いシルエットも、気持ちがほっこりと和みますね。
いいちこフラスコボトル
こちらにはラナンキュラスを入れました。一輪だけですが、フラスコボトルが存在感を放っていますね。お酒が入っていたボトルが、インテリアづくりに一役買ってくれています。飲んだ後も活用できるので、手土産としてもきっと喜ばれそうです。

男前な雰囲気にも

いいちこフラスコボトル
シンプルでモダンなイメージでしたが、飾ってみると男前インテリアとの相性もよいようです。ブルーグリーンがカッコイイお花、エリンジウムを飾りました。

グリーンにもピッタリ!

いいちこフラスコボトル
お花だけでなく、観葉植物を入れてもステキ!クリアなボトルにモンステラのキリッとしたグリーンが映えます。
いいちこフラスコボトル
キラキラと輝くガラスとグリーンが空間を引き締めてくれます。シンプルかつどんな空間にも馴染みやすいデザインが嬉しいですね。

飲んで美味しい、おもてなしにピッタリ、インテリアとしても楽しめる「いいちこフラスコボトル」、是非お試しください。
文:Rumi
ライフオーガナイザー
DIY・100均リメイク・整理収納・おうちカフェでおうち時間を楽しむアイディアをブログで日々発信しています。初の著書【Rumiのおうち時間を楽しむインテリア】を出版しました。
ブログ:PAS A PAS –GREENとDIYのある暮らし-

この記事に関するキーワード