くらし

なぜ枯れる?原因を知り、観葉植物を上手に育てよう

フフルルニュース

なぜ枯れる?原因を知り、観葉植物を上手に育てよう
観葉植物は、ナチュラルテイストなお部屋にピッタリのアイテム。そんな観葉植物ですが、「すぐに枯れてしまう」とお悩みの方もいるかと思われます。そこでこのページでは、観葉植物が枯れる原因や上手に育てるコツをご紹介します。
観葉植物といえば、お部屋に置くだけでナチュラルな雰囲気を作ってくれるアイテムです。緑が上手く取り入れられたお部屋は、それだけで生活に潤いを持たせてくれます。

しかし、なかには「観葉植物がすぐに枯れてしまう」と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。観葉植物を上手に育てるためにも、枯れる原因やその対策をしっかりと把握しておきましょう。

要注意!観葉植物が枯れる原因あれこれ

観葉植物が枯れてしまう原因はさまざまです。その例をいくつかご紹介するので、お部屋の観葉植物に該当するかどうかをチェックしてみてください。

水をやりすぎている

水やりをしすぎると、観葉植物は枯れてしまいます。これはほとんどの場合、植物が根腐れを起こしてしまうため。鉢受けに水が溜まりすぎると土全体の水はけが悪くなり、根腐れが起こってしまいます。水やりの頻度を定期的に見直したり、水はけのいい土や鉢を揃えたりするなどして植物が枯れるのを防ぎましょう。

直射日光を当てすぎている

植物に強い日差しを当てすぎると、"葉焼け"という現象が起こります。葉焼けをした植物は黒く枯れることになるので、直射日光が当たる場所に観葉植物を置くのは避けましょう。

土や根元にカビが発生している

定期的な水やりや室温の環境などによっては、観葉植物の土にカビが生えてしまうことがあります。そうなると観葉植物が枯れるだけでなく、害虫が発生するなど周囲にも悪影響が及ぶため要注意です。
ほかにも、日光や水が足りていない、風通しが悪いなど、観葉植物が枯れる原因はさまざまです。みずみずしい緑を保つためにも、これらのポイントを意識しながら手入れを行っていきましょう。

枯れてしまったらどうする?対処方法をチェック

観葉植物が枯れてしまったら、まずは被害の大きさを確認しましょう。植物全体に被害が及んでいなければ、応急処置を行うことで植物を復活させることができます。

葉焼けした葉だけを落とす

直射日光の浴びすぎで葉が枯れてしまった場合は、枯れた葉だけを切り落とすようにしましょう。葉を切り落としたら、直射日光が当たらない場所へ鉢ごと移動させます。根元の部分にまで影響が及んでいなければ、また新しい葉が生えてくる可能性があります。

腐った根元を切り落とす

根腐れが発生した際は、思い切って腐った根元を切り落とし新しく植え替えましょう。根腐れしている部分が少なければ、鉢の土を入れ替えるだけで植物が復活するケースも。根腐れを起こした根元は普段よりも元気がなく弱った状態にあるので、肥料や水やりは控えるよう心がけてください。

生活に潤いを持たせてくれる植物たち

植物が枯れる原因や対処法を把握したら、さっそく観葉植物をお部屋に取り入れてみましょう。一言で観葉植物といっても、その種類はさまざま。お部屋のテイストにあうものを選べば、生活にぐっと彩りがでますよ。
ピンクチャンピオン
ピンクチャンピオン
可愛らしいルックスがお好みであれば、フラワーショップ「薫る花」が取り扱うアンスリューム「ピンクチャンピオン」6号鉢サイズがおすすめ。

こちらは、ハートの形と淡いピンク色、独特のツヤ感をもつ花が印象的な観葉植物です。アンモニアやキシレンといった、有害物質を除去する空気洗浄力も期待できるといわれており、ご自宅用としてはもちろん、贈り物にも適した植物です。
オーガスタ(ストレリチア・ニコライ)
オーガスタ(ストレリチア・ニコライ)
アジアンテイストのインテリアグリーンがお好みであれば、「オーガスタ(ストレリチア・ニコライ)」がピッタリ。ポピュラーな観葉植物なので、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

大きく存在感のある葉が印象的で、カフェなどに飾っても様になりますよ。

緑のある空間で、日常にちょっとした彩りを

お部屋に緑があるだけで、日常に彩りや潤いが生まれるもの。せっかく飾った観葉植物が枯れてしまわないよう、枯れる原因や対処法を把握しておくことが大切です。上記で解説したポイントを参考に、お部屋で観葉植物を育ててみてはいかがでしょうか?

⇒詳しくはこちら:薫る花

文:Anzu Nakamoto
絵を描くことと映画を観ること、コーヒーが好きな20代女子です。

この記事に関するキーワード