くらし

アメリカ発!タイマー付きコーヒーメーカーでおうちカフェを楽しむ

フフルルニュース

アメリカ発!タイマー付きコーヒーメーカーでおうちカフェを楽しむ
アメリカ生まれの調理家電メーカー、クイジナート。その中でも有名なのは、クイジナートの代名詞とも言われるフードプロセッサーです。シンプルで多機能、かつ長く使えるということでとても人気があります。でも、クイジナートで注目すべきアイテムはフードプロセッサーだけではありません。豆挽きから抽出まで全自動の、魅力たっぷりなコーヒーメーカーがあるのをご存知ですか?今回は忙しい朝にぴったりなクイジナートのコーヒーメーカーをご紹介します。

Cuisine+Art=Cuisinart

Cuisine(料理)とArt(芸術)。クイジナートは「料理を芸術の域まで高めたい」という願いを込めてつけられたブランド名で、「合理性だけでなく、素材そのものの味や香りを損なわない」というコンセプトのもと開発されています。

デザインはインテリアとしても楽しめるようなスタイリッシュでクールなものばかり。世界中の料理家や主婦に愛されているブランドです。

おうちカフェ気分を盛り上げるコーヒーメーカー

Cuisinart コーヒーメーカー
Cuisinart コーヒーメーカー

隠したくなる調理家電もあれば見せたくなる調理家電もあります。

 

クイジナートの調理家電はどれも飾っても楽しめるものばかり。シルバーと引き締め役のブラックのボディがとてもカッコ良く、おうちカフェコーナーを一気にオシャレにしてくれます。

タイマー付きで全自動

 

 

ボタンが少なくシンプルですが、コーヒーの濃度など様々なポイントを自分好みにセット出来るのです。

 

ミルを内蔵しており、豆も自動的に挽いてくれます。タイマーもセット出来るので、朝起きてキッチンに行くとコーヒーの香りが部屋中に!という贅沢な時間を味わえます。

 

 

コーヒー豆ケースには約225gのコーヒー豆が入ります。抽出杯数を設定すれば、その都度自動的に豆を挽くので計量する必要がありません。毎日たくさん飲まれる方はコーヒー豆ケースにストックしておくのもいいですね。

 

ただし、挽いていなくても豆は少しずつ酸化するので注意が必要です。

注意点は1つ。水の量だけ!

 

 

本体のサイドに水量計がついているので、水をゆっくりと注ぎながら必要な分量を入れます。

コーヒー豆は自動で計量してくれますが、水は入れた分全て沸かしてしまうようなので、きちんと量って入れましょう。

 

 

付属のステンレスカラフェは最大12杯(約1700ml)入るので、かなり大きく重いです。そしてカラフェを逆さまに近い角度まで傾けないと出てこないので、使い慣れた軽いカラフェに注いでからカップに入れるのをオススメします。

フィルターのお手入れも簡単!

コーヒーを楽しんだ後、お手入れが面倒だと使い続けることが億劫になりませんか?

 

クイジナートのコーヒーメーカーは、フィルターバスケットを丸ごと取り外せるので、お手入れも簡単です。

フィルターバスケット、ゴールドトーンフィルター、フィルターバスケットの蓋、全て取り外し可能で1つ1つ洗うことが出来ます。

 

いつも清潔に使えるのは嬉しいですね。

忙しい朝や疲れた夜にもぴったりのスタイリッシュなコーヒーメーカー。

 

いろんなお店のコーヒー豆を試したり、コーヒーの濃さにこだわってみたり、毎日のおうちカフェ時間を気軽にオシャレに楽しみたいですね。

文:Rumi
ライフオーガナイザー
DIY・100均リメイク・整理収納・おうちカフェでおうち時間を楽しむアイディアを日々発信しています。
ブログ:PAS A PAS –GREENとDIYのある暮らし- http://ameblo.jp/brille-brille/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するキーワード