コラム

寒い毎日にキッチンで活躍する琺瑯(ほうろう)を

Trouverieコラム

寒い毎日にキッチンで活躍する琺瑯(ほうろう)を
カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップ「trouverie(トゥール―ベリー)」がお送りする連載コラム。寒い日に部屋の中で温かいものを作りたいときに活躍してくれる琺瑯(ほうろう)。その魅力を紹介します。
季節は、1年で最も寒い「大寒」。各地で大雪だったり、都内でも寒さ厳しいこの時季、外に出るのが億劫で、自然と部屋の中で過ごすことが多い私。暖かい部屋で、温かいモノが、1週間の仕事の疲れを癒してくれます。

お休みで遅く起きた朝の最近の楽しみは、朝の温かい紅茶。ハチミツを少し加えて、いただきます。
trouverieの琺瑯アイテム
先週、ドイツ出張に行ってきたのですが、気温は日本と同じくらい低いのに体感温度は日本より暖かく感じるんです。どうやら湿度が関係しているようで、湿度が低いと体の表面から水分が奪われ、気化熱を失うことで寒さを感じるそう。

全般にヨーロッパでは冬の湿度が高いので、とても過ごしやすいです。日本に帰ってきたら乾燥していて風邪を引きそう・・・。
trouverieの琺瑯アイテム
ベットから起きても、一度コタツに入るともう外には出られない・・・寒いからキッチンに立つのもちょっと・・・。

そんな時は、あえてキッチンに行きたくなるようなモノを揃えてみてはいかがでしょうか。

最近、私が気に入っているのは琺瑯(ほうろう)シリーズ。シンプルで光沢感のある琺瑯のスタイルは、キッチンをスッキリ、キレイにみせてくれます。
trouverieの琺瑯アイテム
ここで改めて「琺瑯(ほうろう)」の特徴をおさらい。

琺瑯とは鉄やアルミニウムなどの金属素材の表面にガラス質のうわぐすりを高温で焼き付けたもの。熱伝導がよく、光沢のある表面からはガラスのよさが感じられます。また、お手入れも簡単で、汚れは重曹で簡単に落とせます。気になる茶渋や黒ズミにも安心ですね。
trouverieの琺瑯アイテム
また、琺瑯のイニシャルマグは飲み物の容器としてだけでなく、ディスプレイで飾っておくだけでもカワイイ。

スパニッシュモスやアイビーなどのグリーンを棚周りに飾れば、それだけでおしゃれ感が出ます。本物の植物じゃなくても、フェイクグリーンなら水もあげなくていいしお手入れ不要です。
trouverieの琺瑯アイテム
本当に寒い日はキッチンに立ちたくないですが、これならキッチンでなにか作りたくなるかも。今年は少しでも多くの料理を作って、女子力アップしなければ・・・!

お気に入りのキッチン用品はtrouverieで見つかります。

trouverieの商品は、カインズ・オンラインショップの他の商品と一緒にご注文頂けるようになりました。
いつも使っている洗剤とも一緒に、ちょっと気になっていたワインとも一緒に買えます。
なかなか見つからないけど、カタチから入りたいそこのアナタ。オンラインショップでのショッピングと共にお楽しみ下さい。
また、アンテナショップでは、オンラインショップ商品を、手にとって確かめられます。お近くにお越しの際は、ぜひ。鶴ヶ島、浦和美園、茂原、そして南砂町sunamo、神戸西神南にあります。

Trouverie(トゥール―ベリー)
Trouverie(トゥール―ベリー)は、カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップです。
フランス語のtrouvie(見つける)を語源としています。
毎週更新のコラムで、新しい商品を見つけてください。 http://www.cainz.com/shop/pages/trouverie.aspx

この記事に関するキーワード