コラム

「蚊帳」が生み出す、心地よい日本の晩夏

フフルルニュース

「蚊帳」が生み出す、心地よい日本の晩夏
カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップ「trouverie(トゥルーベリー)」がお送りする連載コラム。今回は日本の夏に欠かせない「蚊帳」に使われる素材でつくられた、ちょっといいモノをご紹介します。
8月末になり、あっという間に夏も終わってしまいそうですね。記録的な長雨で、夏らしい日が少ない今年ですが、それに関係しているのか、全然蚊に刺されていないような気がしませんか?

蚊から守ってくれるものと言えば、「蚊帳(かや)」。16世紀から一般に普及していたという昔ながらの日本の夏の風物詩。今回はそんな蚊帳に使われていた生地を使った「ちょっといい物」をご紹介します。
備長炭色合わせふきん
奈良県の特産品である「蚊帳生地」。現代の生活様式の変化によって需要が減ってきた「蚊帳生地」をなんとかものづくりに活かしたいという思いをもとに、「蚊帳生地」の特徴である 「平織り」を活かした、機能的なふきんが作られました。

昔から日本人の生活に、長く親しまれてきたものを形を変えて次に活かすなんて、素敵ですね?
ティータオル
「蚊帳生地」は、吸水性・通気性・速乾性があり、しかもとても丈夫です。少し大きいティータオルは水切りにもちょうどいい。生地自体のきめが細かいので、グラスの拭き上げにも適しています。

生地を6枚に重ねた、色合わせふきんは、使い続けるうちに柔らかな肌触りになります。台ふきんとしての使用はもちろん、生地がふんわり、やわらかいから、洗った野菜の水をとるのにもいいんです。あと、キレイな「蚊帳生地」は、SNS映えもしますよ。
蚊帳のボディータオル柿渋
やわらかい素材がうれしいのは、ボディータオルとしても使えるところ。お肌にとっても優しい素材なので、ずっと離したくないほどの触り心地です。チクチクしないので、赤ちゃんや敏感肌の方にも安心して使っていただけます。

このボディータオルは、「蚊帳生地」に柿渋を含浸させた繊維で作られているので、消臭・抗菌効果があって、より清潔に保つことができるとのこと。
バスマット
「蚊帳生地」のバスタオルとバスマットもあります。こちらも吸水性が高くサッとひと拭きで水分を取ってくれるし、すぐに乾くから、一日に何度もシャワーを浴びたくなってしまうこの時期にも活躍してくれそう。

バスマットには、備長炭が少し配合されていて、消臭効果を発揮してくれます。シンプルなデザインと色なので、何かのお返しギフトにもオススメです。
備長炭色合わせふきん
昔から日本の生活になじんできた、「蚊帳」の生地を使ったアイテム。伝統的な織物モノづくりは、今も生きています。

こうした身近でそれでいて伝統的な商品も、trouverieで見つかります。しかも、お買い得な価格です。この機会にぜひ。

trouverieの商品は、オンラインショップだけでなく、各アンテナショップでもお買い求めいただけます。オンラインショップでは、カインズ・オンラインショップの他の商品と一緒にご注文頂けます。いつも使っている洗剤とも一緒に、ちょっと気になっていたワインとも一緒に買えます。
なかなか見つからないけど、カタチから入りたいそこのアナタ。オンラインショップでのショッピングと共にお楽しみ下さい。

アンテナショップは、以下。お近くにお越しの際は、ぜひ。鶴ヶ島、浦和美園、茂原、そして南砂町sunamo、神戸西神南、名古屋堀田にあります。

Trouverie(トゥルーベリー)
Trouverie(トゥルーベリー)は、カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップです。
フランス語のtrouvie(見つける)を語源としています。
毎週更新のコラムで、新しい商品を見つけてください。 http://www.cainz.com/shop/pages/trouverie.aspx

この記事に関するキーワード