コラム

整理の達人に学ぶ、片付けの極意

Trouverieコラム

整理の達人に学ぶ、片付けの極意
カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップ「trouverie(トゥール―ベリー)」がお送りする連載コラム。年の瀬の大掃除、大変ですよね。今回は整理の達人に聞いた、片付けの極意を紹介します。
ついに2017年も目前に迫ってきました。

年の瀬のこの時季、慌ただしい毎日ですが、そろそろ大掃除を始めようかと思う方も多いはず。汚れもありますが、散らかってしまったものを整理整頓するのも大変ですよね。

来年の大掃除で苦労しない為にも、綺麗な状態をキープできる部屋を作っておきたいものです。そもそも、すっきりした部屋にするにはどうすればいいのでしょうか?

今回は、とある整理の達人から聞いた整理術をご紹介します。

1. 不要なものはとにかく捨てる

trouverie(トゥール―ベリー)
「まだ今後使うかもしれない・・・」と思って保管しているものは、ありませんか?もったいない気もしますが、結局使わずに古くなって捨てるというパターンがほとんど。

目安としては、1年間。この期間、手にとっていない場合は思い切って処分してしまいましょう。

2. 収納スペースによって買うものの上限を決める

trouverie(トゥール―ベリー)
まずハンカチはこのバスケット、化粧品はこのカゴの中、という風にモノをどこにしまうか決めておきます。

そこから「ハンカチはこのバスケットに入る分だけ」と決めておけば、必要以上にモノが増える心配はありません。

3.新しいものを買い足したいときは、それと同じ分だけ捨てる

trouverie(トゥール―ベリー)
置く場所を上限が決まっていれば、部屋がモノであふれかえることもなくなるでしょう。

4.片付いたからといって、新しいモノを買わない

trouverie(トゥール―ベリー)
スペースができると、なにか新しいモノを買いたくなるかもしれませんが、そこはぐっと我慢して最小限の生活をしてみましょう。
trouverie(トゥール―ベリー)
達人のいうこと、確かにその通りのことばかり。ついつい新しいものを買ってしまったりして、モノがどんどん増えていってしまうのですが、それを物理的にできない状態にするのが大切なんですね。

「自分に自信がないから、同じようなものをいろいろ買っちゃうのかも」って、友達にも言われたことがある私。

来年こそ、モノに頼らない「自信に溢れた自分」でありたいと思う、年末なのでした。

さ、掃除しよっと。

trouverieの商品は、カインズ・オンラインショップの他の商品と一緒にご注文頂けるようになりました。
いつも使っている洗剤とも一緒に、ちょっと気になっていたワインとも一緒に買えます。
なかなか見つからないけど、カタチから入りたいそこのアナタ。オンラインショップでのショッピングと共にお楽しみ下さい。
また、アンテナショップでは、オンラインショップ商品を、手にとって確かめられます。お近くにお越しの際は、ぜひ。鶴ヶ島、浦和美園、茂原、そして南砂町sunamo、神戸西神南にあります。

Trouverie(トゥール―ベリー)
Trouverie(トゥール―ベリー)は、カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップです。
フランス語のtrouvie(見つける)を語源としています。
毎週更新のコラムで、新しい商品を見つけてください。 http://www.cainz.com/shop/pages/trouverie.aspx
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するキーワード