編集部ブログ

便利な収納グッズでクローゼットをすっきり快適に!

フフルルマガジン紹介の便利グッズを買ってみた!

便利な収納グッズでクローゼットをすっきり快適に!
年末の大掃除の季節。掃除や整理整頓が苦手な私でも収納上手になれる便利グッズで掃除をしてみました。
こんにちは!フフルル編集部の中山ゆみです。

12月も半ばに差し掛かり、2015年も残すところ半月。
時の流れの早さを感じつつ、あんなこともあったなあ・・・と今年の出来事を思い返しています。
年末は忘年会などで中々会えていなかった友人と会えるなど、楽しいことも多い季節。
しかし、うきうきしてばかりはいられません。

そう、年に一度の大掃除の季節です!

先日こんな記事を掲載しました。

便利な収納アイテムで、部屋をきれいにする収納術を学ぶ

実は私、整理整頓や掃除が大の苦手です。
大掃除も毎年先延ばしにしてばかり・・・。

こんな素敵な部屋ならなーなんて思いながら記事を見ていたのですが、
掲載されていた収納アイテムがとっても便利そう!
私の家のクローゼットに使ってみたら変わるかも・・・。

ということで、いつもなら敬遠する掃除を行うことにしました!

実際に商品を買ってみました!

今回買ってみたのは、記事で二番目に紹介されている収納力アップハンガーです。

私の家のクローゼットは服が多く、隙間がない状態。
そんな状態だと出したり戻したりするのが不便で面倒になってしまうんです。
そして着た服を出しっぱなしにしてしまうという悪循環に・・・。

こちらがそのクローゼットです。
(この写真を載せたらお嫁にいけないと母に言われました・・・)
服だけでなく、上に置いてある鞄も大変なことになっています。
上の棚に重ねてある鞄は一つ取り出したら雪崩のように他の鞄も出てきてしまうという状態です。
ちなみに私は実家暮らしなのですが、家族揃って整理整頓が苦手です。笑
反対側のコートがかかっているところも大分詰まっています。
しっかり服が入り切っていません・・・。
もっと取り出しやすく、すっきりさせたいです!
さて、こちらが購入した収納力アップハンガー。
ハンガーを掛ける部分が2か所になるため、通常より収納力二倍という優れもの。
クローゼットがあふれかえっている私の家にピッタリです!
今回は記事に掲載されているサイズではなく、小さいサイズを購入しました。

さっそく整理をしてみます

まずはクローゼット内の洋服や鞄の整理から始めます。
中を見てみると、ハンガーにしっかりかかっていない服や、下に落ちてしまっている服など、中はしっちゃかめっちゃか。
いらない服や必要のない鞄などを処分し、クローゼットに収納した状態がこちら。
さてここで先ほどの収納力アップハンガーを掛けます。
上からかけるだけなのでとても簡単です。

ここに先ほど掛かっていた服をかけていきます。
手前になっている方が低く、後ろが高くなっているので、手前にはトップスなどの長さの短いもの、奥にはワンピースなどの丈の長いものを掛けていきます。

そして掛け終った状態がこちら。
先ほどより格段に隙間ができています!
大分すっきりしました。
(これならきっとお嫁にいけるはず・・・!)
厚手のものより薄手のものの方が、収納力が高いかと思います。
クリーニングに出した夏物も多いと思いますが、それを掛けるのにもピッタリ。
今回は、今着る服がメインなので少し余裕をもって掛けましたが、今着ないものを掛けるなら多少きつめでも大丈夫だと思うので、さらにコンパクトになるはずです。
取り出しにくいかな...?と少し不安だったのですが、そんなことはありませんでした。
確かに奥に掛かっている服は見にくいところもありますが、問題はなさそうです。

このハンガーのおかげで満杯になっていたクローゼットがすっきり快適になりました!
反対側に掛かっているコート類の間にも隙間が生まれ、取り出しやすいです。

スッキリ収納で快適に!

これで服を出しっぱなしにするという悪循環から抜け出せそうです。
整理したことで、今まで出しっぱなしにしていた服もちゃんと戻すようになりました。
そして何より、周りがすっきりしていると気分がいいです!

また、整理したときに母の着られなくなった服が出てきたり、今でも着られそうなものがあったりして、予想外に自分の服が増えて嬉しいことも沢山です。

掃除している最中に出てきた懐かしいものたちを見て、家族で思い出話に花を咲かせたりなど、作業中も楽しい時間となりました。

年末までにほかの場所も掃除してみようと思います!
整理整頓が苦手な皆さんも、収納グッズを使えば簡単に部屋がきれいになるので、
是非トライしてみてください!

以上、編集部中山ゆみでした。

この記事を書いた人

中山 侑美

東京在住。高校時代はチアリーディングに励み、大学では英文学科にてアメリカ研究を専攻。表参道に行くと女子力が上がった気になって満足しちゃう系女子。

この記事に関するキーワード