くらし

家具やフローリングのお手入れにぴったり 赤ちゃんやペットにも安心な「みつろうクリーム」

フフルルニュース

家具やフローリングのお手入れにぴったり 赤ちゃんやペットにも安心な「みつろうクリーム」
フローリングや家具のお手入れ。直接肌に触れる部分に使用するものだから、使用するワックスなどの素材には気をつけたいもの。特に赤ちゃんや小さい子ども、ペットがいる家庭では気になりますよね。そこで見つけたのが、人と環境に優しい「みつろうクリーム」です。革製品のお手入れにも使える、信頼できるアイテムをご紹介します。
みつろう
「蜜蝋(みつろう)」とは、ミツバチが作り出す天然のロウのことで、ミツバチの巣を構成する蝋を精製したものです。蜜蝋には、保湿力と抗炎症作用があるとされ、天然由来成分のため敏感肌の人にも安心して使用できることから、ここ数年注目を集めています。そんな蜜蝋はフローリングや木製家具との相性も抜群なのをご存知ですか?
ワックス
木工製品を長く使うためには、ワックスや保護塗料のケア用品が必需品ですが、そのほとんどが有機溶剤や合成樹脂、乳化剤などを使用しています。フローリングは直接の肌に触れるもの。小さな子どもがいる家庭での使用はできるだけ避けたいですよね。そこでおすすめなのが、この「蜜蝋」というわけです。

国産原料にこだわった、尾山製材のエコで優しい「みつろうクリーム」

みつろうクリーム
富山県朝日町にある「尾山製材」は、里山の再生にも力を注ぐ誠実な製材所。そんな尾山製材は、フローリングや家具に使用する自然素材の塗料を探していたときに「蜜蝋」と出会います。その質感の良さに感激し、自然素材にこだわりながら試行錯誤し独自の配合を見つけ出したのが「みつろうクリーム」です。原材料は、保湿と軟化の働きがある「蜜蝋」のほか、防腐・防虫効果があるとされる「富山県産菜種油」、撥水性がある「亜麻仁油」、固まらず酸化しにくい「椿油」、防カビ・防虫効果がある「青森県産ヒバ油」を使用。独自の加工法と足りない要素を補うための各油の配合を見つけ出し、人と環境に優しいオリジナル製品をつくりあげました。

レザー製品や錆止めにも! いろいろ使える「みつろうクリーム」

みつろうクリーム
天然素材のみを原材料とした自然志向の「みつろうクリーム」は、床やテーブル、家具などの木工製品に広く使用でき、木の良さを引き出してくれます。

パッケージには「木工用」と書かれていますが、実は革製品のお手入れや錆止めにも使える便利な「みつろうクリーム」。使い方は、木製品、革製品とも使い方は同じ。乾いた布や柔らかいスポンジにみつろうクリームを馴染ませ、優しく塗っていきます。3分ほど浸透させた後、乾いた布で表面を磨いて仕上げます。お手入れ後は革や木材がしっとり艶やかに。気になるベタつき感もありません。無色なのでどんな色のものにも使え、安心な成分なので素手でお手入れできるのも嬉しいですね。肌に優しく、穏やかな香りで木のある暮らしを楽しんでください。
取扱いショップ
文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。
ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】ねこ食堂

この記事に関するキーワード