くらし

毎日のお洗濯が楽しくなる! ドイツ発「フレディレック・ウォッシュサロン TOKYO」のランドリーグッズがかわいすぎる!

フフルルニュース

毎日のお洗濯が楽しくなる! ドイツ発「フレディレック・ウォッシュサロン TOKYO」のランドリーグッズがかわいすぎる!
家事の中で時間も労力もかかるものといえばお洗濯。そんなランドリーシーンを楽しくしてくれるのが、ドイツのベルリンからやってきた「フレディレック・ウォッシュサロン TOKYO」です。単なる洗濯機と乾燥機を提供するコインランドリーではなく、待ち時間においしいコーヒーを飲みながら心地よい時間を過ごせて、集い憩える場所。洗濯バサミをはじめとしたランドリーグッズもとびっきりキュート! サロンの特徴とともにご紹介します。
フレディレック ウォッシュサロン TOKYO
毎日のお洗濯。洗濯機が大半の工程をやってくるとはいえ、干して畳んでしまうと行った一連の作業は、なかなかの労力。そんな毎日のランドリーシーンに一石を投じたのが、ベルリンからやってきた「フレディレック ウォッシュサロン TOKYO」です。オーナーのフレディ・レックがベルリン北部で「人々が集うコミュニティをつくること」をテーマに立ち上げました。店内には洗濯代行、クリーニング取り次ぎカウンターのほか、カフェスペースが併設され、コインランドリーとは思えない充実したサービスが特徴です。
フレディレック ウォッシュサロン TOKYO
店舗に行って、まず驚いたのが「コインランドリーにシャンデリア!?」という驚きのインテリア。これは、フレディ・レック氏の「単に洗濯をする場所にはしたくない」という考えのもと生まれた空間なのだとか。クロスやインテリア、BGMに至るまでこだわりがいっぱい! 見ているだけでワクワクします。

おしゃれで機能的なランドリーグッズも充実!

フレディレック ウォッシュサロン TOKYO
「フレディレック ウォッシュサロン TOKYO」では、家庭でのランドリーシーンでも活躍してくれるグッズも展開しています。使い心地が良く、実用品としての優れた機能性や品質はもちろんのこと「毎日の洗濯をもっとクリエイティヴに」を提案するウォッシュサロンのさりげない遊びごころもうれしいですね。
ポールピンチ
私が購入したのは「ポールピンチ」。バスタオルやシーツなどの大物を干すときに欠かせないアイテムですが、バネが強すぎると洗濯物に型がついてしまうことってありますよね。フレディレック ウォッシュサロンのポールピンチは洗濯物を優しく押さえつつ、しっかりホールドしてくれる優れもの。白とブルーの爽やかなデザインも素敵です。
ポールピンチ
今後はソーシャルなコミュニティとしてアイロン掛けのセミナーや着こなしのポイントのワークショップ、ミニライブなども開催予定の「フレディレック ウォッシュサロン TOKYO」。

コインランドリーとしての利用はもちろん、カフェとして、コミュニティースペースとして利用してみてはいかが?
取扱いショップ
文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。
ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】ねこ食堂

この記事に関するキーワード