くらし

インテリアにもなるドイツのアイロンで夏の家事時間を楽しもう!

フフルルニュース

インテリアにもなるドイツのアイロンで夏の家事時間を楽しもう!
梅雨も明け、本格的な夏の到来を迎えました。ジメジメした湿気から解放されたのは嬉しいですが、暑い中キッチンに立つ時間やアイロンがけする時間というのはなかなか辛いものがあります。特にアイロンがけは熱いスチームを浴びながら、力を入れてシワを伸ばす重労働は大変ですよね。
冬と違い、夏はこまめに着替えることも多く、必然的にアイロンがけする量も増える時期。アイロンでパリッとした洋服は好きだけれど、夏のアイロンがけは苦手、という人も多いのではないでしょうか?

「どうにかして、夏の憂鬱なアイロンがけを楽しめる方法はないか」と調べているときに、とてもステキなアイロンを見つけました。ドイツの電熱製品メーカーDBK社のアイロンは見た目がスタイリッシュでオシャレなデザインなのに、使ってみると機能的で力いらず!今回は夏のアイロンがけがちょっと楽しくなる、ドイツのオシャレなアイロンをご紹介します。

ドイツDBK社の「ジ・アカデミックスチームアイロン」

真っ黒でツヤのある美しいボディに、アクセントのブルーの表示とオレンジのボタンはスタイリッシュで日本ではあまり見かけないデザイン。このまま置きっぱなしでも男前な佇まいはインテリアとしての役割も果たしてくれて、オシャレなアイロンがけの時間を演出してくれそうな気がしませんか?

特長1:使い勝手重視のシンプルな作り

ジ・アカデミックスチームアイロンJ80T
DBK社のアイロンはとてもシンプルな作りになっています。操作するのは温度調整レバーとスチーム・ドライ切替ボタンの2か所のみです。
ジ・アカデミックスチームアイロンJ80T
説明書をわざわざ見なくても、簡単で分かりやすい表示があるので誰でもすぐに使えるところも特徴かなと思います。

特長2:1.5kgのずっしりボディでしっかりプレス!

ジ・アカデミックスチームアイロンJ80T
最近では持ちやすい軽めのアイロンが主流の中、DBK社のアイロンは1.5kgと少し重めのボディでしっかりプレスしてくれます。でも、ただ重いだけではなくフッ素加工されているのでスルスルと滑りが良く、シワを1回でキレイに伸ばすことができるんです。今まではグッと力を入れてアイロンがけをしていましたが、まったく力を入れずに、サッと撫でるだけ。スチームもたっぷり出るので、とにかく楽に早くシャツやハンカチをパリッと仕上げることができますよ!

特長3:動きに合わせて上下するフレキシブルコード

ジ・アカデミックスチームアイロンJ80T
「コードレスじゃないのは、不便なのでは?」とネガティブなことも思っていたのですが、なぜかまったくコードが気にならないんです。絡まることもないので「どうしてだろう?」と思ったら、このコードはフレキシブル・コードといって、動きに合わせて上下するものを採用しているので絡まったり、邪魔をしないそう。今までコードレスのアイロンを使っていましたが、パワーが落ちてしまうので連続して使えず、充電してからまた使うのを繰り返していましたが、これなら連続して、同じパワーで使えるので時短にも効果がありますね。

特長4:あえて見せたくなるカッコ良さ

ジ・アカデミックスチームアイロンJ80T
今までのアイロンなら片付けるときはカゴに入れたり、どうにかして生活感を隠そうとアイロンが見えないようにしていました。でもDBK社のアイロンなら無骨でカッコイイので、あえて見せる収納にしたくなります。
ジ・アカデミックスチームアイロンJ80T
アイロンが変わるだけでもやる気がアップしますが、衣類用のスプレーを使ったり、アイロン台にもこだわってみたり、音楽をかけてみるのもいいですね。

ビシッとアイロンがキレイにあたると、清潔感がうんと増してスタイルもスッキリと引き締まって見えますよね。見た目も使い勝手もいいDBK社のアイロンで、アイロンがけの時間が少しでも楽しくなりますように!
文:Rumi
ライフオーガナイザー
DIY・100均リメイク・整理収納・おうちカフェでおうち時間を楽しむアイディアをブログで日々発信しています。初の著書【Rumiのおうち時間を楽しむインテリア】を出版しました。
ブログ:PAS A PAS –GREENとDIYのある暮らし-

この記事に関するキーワード