くらし

バルミューダの電気ケトルでおしゃれなキッチンライフ

フフルルニュース

バルミューダの電気ケトルでおしゃれなキッチンライフ
デザイン家電の代表格といえるバルミューダ製品。おしゃれなデザインと使いやすさでとても人気のある家電ブランドです。そんなバルミューダから、昨年秋に電気ケトルが発売されました。短い時間でお湯を沸かすことのできる便利な電気ケトルですが、見とれてしまうほどおしゃれなデザインのものは他にないはず!
お茶や食事の時間、シーンを問わず活躍してくれる電気ケトル。毎日のように使う家電がおしゃれなビジュアルだと、家事のやる気がグンっとアップしますよね。

本日は、便利な上にデザイン性も高いバルミューダの電気ケトルが我が家にやってきたお話をしようと思います。

見た目だけじゃない!考えられた機能性が魅力

我が家にはウォーターサーバーがあるので、ただお湯を沸かすだけならばそれで事足ります。
でもコーヒーを入れるときはケトルに水を入れてIHでお湯を沸かすようにしていました。その理由は注ぎ口にあります。
バルミューダ 電気ケトル
バルミューダ 電気ケトル
私はよくハンドドリップでコーヒーを入れるのですが、おいしいコーヒーを入れる秘訣は水量を微妙に調節しながら丁寧に注ぐこと。そのためには注ぎ口が細いことが重要なポイントとなります。
バルミューダ 電気ケトル
電気ケトルというと、一般的には注ぎ口が小さく短いものが多いのですが、バルミューダの電気ケトルは注ぎ口がハンドドリップに最適な細さになっているんです。
バルミューダ 電気ケトル
水量を調節しやすい注ぎ口を持っている上に、IHでお湯を沸かすよりもはるかに早い時間でお湯を沸かすことができます。そのため短時間で美味しいコーヒーをいただくことができます。普通のケトルと電気ケトルのいいとこどりですね。

ハンドルもとても握りやすく、IHで沸かした時のように熱くて持てない!なんてこともないので本当に便利です。

バルミューダの電気ケトルはその美しいフォルムについ目が行きがちですが、私が購入したのはこの高い機能性が決め手でした。

和食にもすっと溶け込むシンプルさが大好き!

バルミューダ 電気ケトル
ドリップケトルというとやはりメインはコーヒーかな?という印象の強かったのですが、我が家では和朝食にも大活躍!

朝食時間、何度もお茶のおかわりをお願いされるので、急須の横にバルミューダのケトルをスタンバイ。急須の口が小さいので、細い注ぎ口が本当に便利なのです。

子供がインスタントのスープを食べることがあるのですが、軽くて持ちやすく、そして注ぎやすいので、安心して任せることができるようになったのも嬉しいところ。

家族みんなが使いやすいってなかなかないので、私も楽をさせてもらっていますよ。

出しっぱなしでもおしゃれなのはバルミューダだから

バルミューダ 電気ケトル
キッチンの作業台や食器棚など、見える場所に置いておきたくなるバルミューダの電気ケトル。 我が家では、使わないときには食器棚の上に置いておくようにしています。

お茶セットを入れたブレッドボックスの横に置いているので、この場でさっとお茶を淹れることができるのでとっても便利!出しっぱなしの「見せる収納」ができるのは、おしゃれなデザインだからこそ。
バルミューダ 電気ケトル
キッチンの作業台においてもこんなに素敵!他のキッチン雑貨とも相性がよく、インテリアの邪魔をしないどころかおしゃれなキッチンづくりに一役かってくれています。

あなたもバルミューダの電気ケトルで、おしゃれなキッチンライフはじめてみませんか?
文:MI
ブログ「めがねとかもめと北欧暮らし。」を運営しております。
映画「めがね」「かもめ食堂」の世界観に憧れて、北欧インテリアを目指した部屋作りをしています。
男の子二人を子育てしながらの共働き。
少しでも暮らしやすい家を目指した収納の提案も行っています。

この記事に関するキーワード