くらし

「KINTO」の美しいドリンクウェアで心ときめくティータイム

フフルルニュース

「KINTO」の美しいドリンクウェアで心ときめくティータイム
家事・育児・仕事の合間のホッと一息つく瞬間。みなさんはどのように過ごされますか?ゆっくりとコーヒーを飲んだり、読みかけだった雑誌を開いたり、静かに音楽を楽しんだり。毎日のバタバタから解放される癒しの時間ですよね。そんな貴重な時間をもっと特別なものにしてくれるドリンクウェアがあります。今回は、美しいドリンクウェア「KINTO」と、その楽しみ方を紹介します。

「キッチンやテーブルで、使う人の動作を美しく見せる」。そんな想いを込めて作られたドリンクウェアがKINTOのプロダクトブランド「CAST」シリーズです。

KINTOは1972年に滋賀県彦根市に創業され、テーブルウェアやキッチン・インテリア雑貨の企画開発など、自社オリジナルの商品を開発しています。

スタイリッシュで洗練された美しい佇まいのテーブルウェアなので、KINTOが海外のメーカーかと思っていた私は本当に驚きました。今回はKINTOのCASTシリーズを実際に試してみました。

クリアで繊細なガラスが使う人の動作を美しくする

こちらのカップは縁の角度にこだわりが。飲み物が自然に口に流れるよう計算されているそうです。持ち手はとても薄く細いのですが、そのお蔭で自然とカップを持つ動作がゆっくりと優しくなります。初めはドキドキしますが何度も使っていると、軽くて持ちやすいので手に馴染んできます。

ティーポットの蓋と茶こしが一体化しているのでとても便利です。

まずは緑茶を入れてみました

ガラスなので、緑茶のきれいなグリーンを楽しむことが出来ます。その美しさから、ゆっくりと注がれる緑茶をじっと見つめてしまいます。
茶葉はカップに入ることなく、ティーポットについている茶こしがしっかりとキャッチしていました。

おすすめは工芸茶!ゆっくりと茶葉が開く様子を眺める贅沢な時間

工芸茶をご存じですか?お湯の中に茶葉の塊を入れると、茶葉が開きお花が咲く中国茶のことです。KINTOの美しいガラスのティーポットに工芸茶を入れるとおもてなしにもぴったりだと思い、用意しました。
ティーポットに入れて、熱湯を注ぎます。
ゆっくりゆっくり、茶葉が開いてお花が見えてきました。
赤と白のきれいなお花が咲き、お部屋にはジャスミンの香りが広がっています。ゴールドに輝く工芸茶と可愛らしいお花は、ずっと眺めていても飽きることがなく、癒しのひとときをもたらしてくれます。

日本のブランドだからこそ、和菓子をお供に

KINTOが日本発のブランドだと知り、お茶のお供にも和菓子を選びました。スッキリとシンプルなティーセットとコロンと可愛らしいおはぎの組み合わせがとても新鮮です。こんなおもてなしを受けたら、きっとゲストも思わず笑顔になってしまいますね。

フォトジェニックなKINTOはディスプレイとしても大活躍

保存容器のボトルキャニスターにはコーヒー豆を入れたり、小さなクッキーやビスケットを入れたり出来ます。生活感が出やすいキッチンですが、見た目が良くて、中の減り具合も一目瞭然。たくさん並べておきたくなりますね。

カフェコーナーに収納しました。カップやティーポットの持ち手がとてもフォトジェニックですね。しまい込まずに見せる収納も楽しめそうです。KINTOはCASTシリーズ以外にもたくさんのテーブルウェアがあります。

大切な1人時間やゲストを招いてのおもてなし時間に、心ときめくティータイムをお楽しみくださいね。
文:Rumi
ライフオーガナイザー DIY・100均リメイク・整理収納・おうちカフェでおうち時間を楽しむアイディアを日々発信しています。
ブログ:PAS A PAS –GREENとDIYのある暮らし-

この記事に関するキーワード