くらし

日本の伝統再発見!ポップでキュートな「手ぬぐい」を使いこなして、目指すは和美人

フフルルニュース

日本の伝統再発見!ポップでキュートな「手ぬぐい」を使いこなして、目指すは和美人
古き良き日本の伝統「手ぬぐい」。最近ではポップでおしゃれな柄が人気です。ひと口に手ぬぐいといっても、実はいろいろな使い方があるとても便利なアイテムなんです。便利な使い方を紹介するとともに、手ぬぐいの歴史をおさらいしてみましょう。
物を拭いたり包んだりと、さまざまな形で使われてきた「手ぬぐい」。歴史を紐といてみると、その誕生は1300年前の奈良時代にまでさかのぼると言われています。

当時はまだ手ぬぐいとは呼ばれず、神仏の清掃や飾りつけなどに使用する特別な存在でした。平安時代・戦国時代にかけては綿がとても高価だったため、綿の手ぬぐいは貴族や武士などのステータスとして使われてたようです。

江戸時代に入ると日本各地で綿花の栽培が盛んになったことから、手ぬぐいも多く作られるようになりました。江戸の下町では帽子やスカーフに見立て、柄のおしゃれを競っていたとか。

また、伝統的な柄の中には、歌舞伎役者が自ら考案した柄も数多くあります。文字を読める人が少なかった江戸時代では、手ぬぐいの柄が歌舞伎役者のトレードマークの役割を果たし、歌舞伎興行の際には、各自オリジナルの柄の布をのぼりとして立て「今日は出演します」という合図にしていました。ちなみに、手ぬぐいの代表柄である「豆絞り」には「子孫繁栄」という意味があります。
手ぬぐい
ほかにも、「矢絣(やがすり)」と呼ばれる柄には、矢は飛ばすと戻ってこないので結婚する女性への縁起物にも用いられます。

また、「的」に「あたる」事から縁起が良いとされ、商売や家紋にも使用されています。
手ぬぐいは吸水性、速乾性、肌触りの良さなどの特徴もあり、古典柄から現代的な柄があるのも魅力的です。

そこでおすすめなのが、江戸時代から250年以上続いている伝統の布「伊勢木綿」と、新しい日本文化の創造をコンセプトに、国産地下足袋・和服・家具・雑貨の製造と販売を行う「SOU・SOU」のコラボレーション商品です。
SOU・SOU
日本の伝統柄を伝えるとともに、今の日本の暮らしから生まれる柄や色を伊勢木綿に染めて、普段の生活に必要な物を作ることを目的としています。

昔から変わらぬ製法で作る伊勢木綿の反物は、最高の肌触りと古布のような素朴な風合いがあります。

その秘密は糸(弱撚糸)。強く撚りをかけずに綿に近い状態の糸を天然のでんぷんのりで固めて、昔の機械でゆっくりと織っていきます。完成した布は洗っていくうちにのりが落ち、糸が綿に戻ろうとするため、生地がやわらかくなっていきます。この肌触りこそが伊勢木綿の魅力なのです。

暮らしに溶け込む日本の伝統美。ちょっと便利な使い方

日本古来の伝統というと、ちょっと堅苦しく思われがちですが、手ぬぐいは普段使いが断然おすすめです。

ハンカチ・タオルの代わりに

 ハンカチの代わりにバッグからさっと手ぬぐいを出すなんて、なんとも粋だと思いませんか?また、お茶やお菓子を頂く際、大判の手ぬぐいなら大切な洋服を汚す心配もありません。

ワインを包む

 ワインボトルをおしゃれな柄の手ぬぐいの端に置き、角からくるくるとボトルを包むように巻いていきます。真ん中で半分に折り、上下の角を合わせ、上の部分をリボンなどで結ぶと完成。手ぬぐいごとプレゼントをすればきっと喜ばれることでしょう。
SOU・SOU
浴衣や着物を着るシーン意外にも、取っ手を付けてバッグに見立てるのもおすすめです。また、ごあいさつ代わりに名前を染めたオリジナルの手ぬぐいを贈るのも素敵ですね。

手ぬぐいは、日常で使える伝統芸術ともいえます。日本の伝統を改めて見直しながら、モダンでポップな柄を楽しんでみてはいかが?
⇒詳しくはこちら:SOU・SOU
文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。
ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】ねこ食堂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するキーワード