子育て

すやすや眠ってほしいから。赤ちゃんに快適な寝室と寝具の選び方

フフルルニュース

すやすや眠ってほしいから。赤ちゃんに快適な寝室と寝具の選び方
赤ちゃんのぐっすりした眠りのためには、部屋の環境を整えることはもちろん、赤ちゃんの体に適した寝具を選ぶことが重要です。我が子の夜泣きや寝付きの悪さにお悩みの方は、この2点を見直してみましょう。
赤ちゃんは体温調節中枢が未発達のため、自らで体温調節を行うことができません。特に冬場は風邪をひきやすくなるため、赤ちゃんの寝室づくりや使う寝具には工夫が必要です。

ここでは、赤ちゃんが快適に過ごすための寝室づくりのコツと寝具選びのコツをご紹介します。

寝室づくりのコツとは?

赤ちゃんが快適に眠れる環境をつくるには、適切な室温と湿度を意識することが大切です。

冬場の室温の目安は、大体20~23度が理想だといわれています。また、布団の中の温度は33度を大体の目安にしておきましょう。赤ちゃんは汗をかきやすく、これ以上室温が高くなると汗で衣類や寝具が濡れ、却って風邪をひく恐れがあるため要注意。こまめに室温をチェックすると共に、汗のかき具合をチェックするのがおすすめです。

湿度の目安は、大体40~60%が理想だといわれています。湿度が低いと肌や喉が乾燥し、ウイルスが繁殖しやすい環境を作ってしまうことになるため注意しましょう。また、湿度が高いと寝具にカビやダニが発生し、赤ちゃんの肌を刺激してしまうことになるためこちらも注意が必要です。

快適な室温と湿度をキープするため、エアコンを利用する方も多いのではないでしょうか?もしエアコンを利用するなら、寝室の換気を意識的に行うことが重要になります。扉や窓を閉め切った部屋で長時間エアコンを使っていると、次第に空気が汚れていき、赤ちゃんの体に悪影響を及ぼす恐れがあります。定期的に換気を行い、きれいな空気と取り替えるようにしましょう。

寝具選びのコツとは?

赤ちゃんにとって快適な環境づくりのためには、寝具にもこだわることが大切です。寝具には敷布団やシーツ、枕、掛け布団、毛布などさまざまなアイテムがありますが、どのアイテムもベビー用のものを使うのがおすすめです。大人用のものを使うことで、さまざまな問題が起きる可能性があるからです。

たとえば大人用の敷布団を使用した場合、自身の体重で赤ちゃんの体が布団へ沈むことがあります。赤ちゃんは骨や関節が未発達のため、長時間その姿勢でいることで骨がおかしな方向へ曲がったり関節が外れたりする恐れがあるのです。また大人用の掛け布団を使用した場合は、重さのある布団が口や鼻をふさぎ窒息してしまう恐れがあります。赤ちゃんの身の安全のためにも、必ずベビー用のアイテムを使いましょう。

ベビー用寝具を選ぶときのコツは、まず綿素材を選ぶことがあげられます。肌にやさしいコットンを使ったものなら、デリケートで荒れやすい赤ちゃんの肌を傷つける心配がありません。加えて、寝具の数にも注目する必要があります。昼間はタオルケットか毛布を1枚、夜はタオルケットか毛布のどちらかに掛け布団を1枚足したくらいが目安です。

ここで、スクリブルスクラブルが扱うおすすめのベビー用アイテムを2つご紹介します。

スクリブルスクラブルは、ベビー布団セットやガーゼ、オーガニックコットンなどのベビー用アイテムを豊富に取り揃えているショップ。販売するアイテムに描かれているイラストは、ニューヨークを中心に活躍するイラストレーターKaoriさんが手がけたもの。ほんわかとやさしいタッチのイラストが印象的で、これを使用する赤ちゃんはもちろん、我が子を眺めるママの気持ちまで穏やかにしてくれます。
スクリブルスクラブル☆ベビーグラフィティ タオルケット(ベージュ)
スクリブルスクラブル☆ベビーグラフィティ タオルケット(ベージュ)
「スクリブルスクラブル☆ベビーグラフィティ タオルケット(ベージュ)」は、100%綿素材のタオルケット。ソフトな肌触りと軽いかけ心地で、赤ちゃんの快適な眠りを妨げることがありません。描かれている動物やお月さまのイラストは、まるで子どもがクレヨンで描いた落書きのようにキュートなものばかり。見ているだけで笑顔になれるような、赤ちゃんの目にやさしい一枚です。
スクリブルスクラブル☆ベビーグラフィティ 綿毛布(ベージュ)
スクリブルスクラブル☆ベビーグラフィティ 綿毛布(ベージュ)
「スクリブルスクラブル☆ベビーグラフィティ 綿毛布(ベージュ)」も、100%綿素材を使用しています。さらりと気持ちよい肌触りが魅力的な一枚で、眠るときだけでなくお出かけ時に持ち歩く毛布にもぴったりです。こちらは白とピンクベージュのチェック模様と、鼻でりんごを持ったゾウやてんとう虫のイラストが描かれています。
一つ持っておくと非常に重宝するため、寝具選びに悩んでいる方は一度試してみることをおすすめします。数枚揃えておき、毎日交互で使用してみてはいかがでしょうか?

ぐっすり、快適な眠りのために

寝室づくりや寝具選びにこだわることで、赤ちゃんにとって快適な環境をつくることができます。赤ちゃんの身の安全や穏やかな眠りのためにも、ぜひ上記を参考にしてみてくださいね。

⇒詳しくはこちら:スクリブルスクラブル

文:Mariko Kano
漫画・アニメ、音楽鑑賞、歌うこと、寝ること、人間観察が好きな20代女子。ただいま、「漫画・アニメ 実写化」というワードに過敏になっています。実写化、ダメ。ゼッタイ。

この記事に関するキーワード