コラム

珪藻土ってなに?

フフルルニュース

珪藻土ってなに?
カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップ「trouverie(トゥルーベリー)」がお送りする連載コラム。だんだんと湿度が高くなる季節を迎えるにあたって、気になるのが湿気による調味料の傷みや生活用品のカビ。そんな湿気対策として注目を集めている「珪藻土(けいそうど)」を紹介します。
寒かったり暖かかったり、気候が安定しない日が続きますが、地域によっては桜も散り始めるなど季節は着実に進んでいます。 春も終わりに向かい、これから湿気が多くなる時期を迎えます。湿度が高いことで、食材や調味料が傷んだり、生活用品にカビが生えたたり、除湿に気を配る必要があります。そんなとき便利なのが「珪藻土(けいそうど)」グッズです。
最近ちょこちょこ、テレビにも取り上げられて人気の珪藻土。そもそも「珪藻土」とは何でしょう?

「珪藻土」とは、植物性プランクトン類の化石・珪藻殻の堆積物によって形成された地層のこと。保温材だけではなく、ろ過助材、吸収材等にもよく利用されています。

例えば、写真のコースターも珪藻土から作られたものです。その高い吸収性から、グラスを外しても一切の水滴が残ることなく、後片付けにコースターを拭いたり乾かしたりする必要がありません。
主な特徴は、
  1. 湿度が高いと固まってしまう塩などの粉類の容器に入れておくと、湿気を吸収して塩を固まりにくくしてくれる。
  2. 電子レンジで乾燥できるすぐれもの。レンジ加熱で雑菌が消滅していつでも衛生的に保てる。
  3. すべて天然素材なので、安心して使用可能。

といったところ。実用的かつ衛生的で、とても便利です。
ちなみに、塩は湿気が原因で固まりますが、砂糖は乾燥が原因で固まってしまいます。 砂糖の容器に珪藻土を入れたり、珪藻土でできた容器に砂糖を入れてしまうと固まりやすくなってしまうので、くれぐれもご注意ください。

珪藻土グッズには色んな種類のものがあります。

こちらは容器の中身をそのまますくえるスプーンタイプ。trouverieでも人気が高いアイテムです。オシャレで、キッチンでも映えますね。
塩ボトル・胡椒ボトルは食卓に置けるコンパクトサイズ。 固まって出なくなることもないので、置いておけばいつでも好きな時に使えます。

シンプルでかわいいデザインなので、どんなダイニングテーブルにも合いそうです。
吸水力が高い珪藻土は、ハブラシスタンドとしても大活躍。わざわざ歯ブラシを乾かさなくても、置いておけば水分を吸収してくれます。ぬめりやカビの心配がなくなりますね。

また、濡れてきたら、電子レンジで乾燥できるので、吸水性を持続できます。手軽にお手入れができて衛生面も優れている珪藻土は、水回りでも大活躍します。
キッチン、シンク、ダイニング。家の色んなところで使える珪藻土グッズ。

これからの季節に、気になる湿気。その対策として、今のうちに買ってみてはいかがでしょうか?

trouverieの商品は、オンラインショップだけでなく、各アンテナショップでもお買い求めいただけます。オンラインショップでは、カインズ・オンラインショップの他の商品と一緒にご注文頂けます。いつも使っている洗剤とも一緒に、ちょっと気になっていたワインとも一緒に買えます。
なかなか見つからないけど、カタチから入りたいそこのアナタ。オンラインショップでのショッピングと共にお楽しみ下さい。

アンテナショップは、以下。お近くにお越しの際は、ぜひ。鶴ヶ島、浦和美園、茂原、そして南砂町sunamo、神戸西神南、名古屋堀田にあります。

Trouverie(トゥール―ベリー)
Trouverie(トゥール―ベリー)は、カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップです。
フランス語のtrouvie(見つける)を語源としています。
毎週更新のコラムで、新しい商品を見つけてください。 http://www.cainz.com/shop/pages/trouverie.aspx

この記事に関するキーワード