コラム

自宅でクリスマスマーケット気分を味わいませんか?

Trouverieコラム

自宅でクリスマスマーケット気分を味わいませんか?
カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップ「trouverie(トゥール―ベリー)」がお送りする連載コラム。今回は、クリスマスを間近に控えた街中をあざやかに彩る「クリスマスマーケット」をご紹介します。
12月に入り、街はすっかりクリスマス。心躍るホリディシーズンですね。というわけで、今週もクリスマスのお話。

最近、日本各地でもよく開催されるクリスマスマーケットをご存知ですか?元々は、ドイツやオーストリアでアドベント(待降節)の時期に行われる伝統的なイベントでした。ドイツでは、クリスマスマーケットを意味する"Weihnachtsmarkt " (ヴァイナハツ・マルクト)とも呼ばれています。

華やかな雰囲気ですので、クリスマスマーケットが始まると人々のクリスマス・ムードも一気に高まるように思えます。
クリスマスマーケットでは、ツリーや生花、クリスマスデコレーションを売る屋台がいくつも並んでいます。しかも、お店自体もイルミネーションで飾られていますので、見て歩き回るだけでも楽しいものです。

有名な地域のマーケットを紹介するなら、やはりドイツ。シュトゥットガルトやニュルンベルクが、規模も大きくて華やかです。屋台の中には、日本ではあまり見かけないロウソクの手作り体験など、独特で目を惹く屋台もあります。
屋台といえば、美味しいご飯、グルメも楽しみのひとつ。食べ歩きを目的に訪れる方もたくさんいるのではないでしょうか?

最近では、日本のパン屋さんでも売られているシュトーレンはもちろんのこと、レープクーヘンといわれる大きいクッキーが屋台一面に並び売られていたりします。

各地の独特なソーセージや、驚くことに魚の丸焼きが串刺しで売っているのを見かけたことも。
当然ですが、屋台は屋外なので、寒い。冬なので仕方ないとは思いつつ、欲を言えば、あたたかくマーケットを過ごしたいですよね。

そこで登場するのが、クリスマスマーケットの醍醐味、グリューワイン。

寒い中で飲む熱いワインは格別に美味しいものです。
このグリューワイン、実は家でも簡単に作れるんです。

温めたワインにオレンジやシナモンを入れたり、りんごを加えたりするなど、レシピはいくつかあるようですよ。
本当は、忙しい毎日を忘れて、この時季にドイツのクリスマスマーケットに飛んで行きたいんだけど、それは無理な方へ。自宅でドイツの伝統的なシュトーレンやグリューワインを揃え、クリスマス気分を演出してみてはいかがでしょうか?

素敵な食器はもちろん、trouverieで揃えられます。

trouverieの商品は、カインズ・オンラインショップの他の商品と一緒にご注文頂けるようになりました。
いつも使っている洗剤とも一緒に、ちょっと気になっていたワインとも一緒に買えます。
なかなか見つからないけど、カタチから入りたいそこのアナタ。オンラインショップでのショッピングと共にお楽しみ下さい。
また、アンテナショップでは、オンラインショップ商品を、手にとって確かめられます。お近くにお越しの際は、ぜひ。鶴ヶ島、浦和美園、茂原、そして南砂町sunamo、神戸西神南にあります。

Trouverie(トゥール―ベリー)
Trouverie(トゥール―ベリー)は、カインズがプロデュースするライフスタイルセレクトショップです。
フランス語のtrouvie(見つける)を語源としています。
毎週更新のコラムで、新しい商品を見つけてください。 http://www.cainz.com/shop/pages/trouverie.aspx
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するキーワード