くらし

シアトルで人気のチャイティーミックスが初上陸!お湯を注ぐだけのジャイプールアベニューがおいしすぎる!

フフルルニュース

シアトルで人気のチャイティーミックスが初上陸!お湯を注ぐだけのジャイプールアベニューがおいしすぎる!
寒い日が続くこんな季節は、読書や映画を楽しみながらおうちでのんびり過ごしたいですよね。そんなとき欲しくなるのが温かい飲み物。コーヒーもいいけれど甘くてスパイスが聞いたドリンクはいかが?インド式の濃厚なミルクティー「チャイ」を家庭でも手軽に味わうことができる「ジャイプールアベニュー」をご紹介しましょう!
インドの町を歩いていると、いたるところに「チャイ屋さん」があります。お茶を飲みながらおしゃべりをする様子はまるで日本のカフェ、はたまた囲炉端会議みたい!国は違っても日常にある風景はどこも同じと微笑ましく感じたことを覚えています。
チャイ
チャイはミルク、紅茶の茶葉、シナモンなどのスパイスを煮出して作るインド式のミルクティーといった位置づけにあり、その特徴は甘くてスパイスが効いているということ。郷に入れば郷に従えとはよく言ったもので、わたしも本場のチャイをいただいてみることに!ところが、いくら甘党とはいえ、あまりの甘さに驚いてしまいました(笑)。

本格的、しかも無添加!お湯をそそぐだけの「ジャイプールアベニュー」がシアトルから上陸!

とはいえ、スパイスが聞いたあの味はくせになるおいしさ。自分で作ってみようとチャレンジしたものの、チャイは茶葉や砂糖、スパイスの調合がとても難しい飲み物なのです。スパイシーすぎたり甘すぎたり、ときにはその両方と、納得のいくものになかなか仕上がらない・・・。アメリカでも人気のチャイですが、本当においしいチャイを出す店は少ないそう。

そこで2010年、シアトルで生まれたのがチャイブランド「ジャイプールアベニュー」です。立ち上げたのはインドで育ち、NYやシアトルでテキスタイルデザイナーとして活躍していたジル・ザベリさん。地元インドのおいしいチャイをアメリカの人にもっと手軽に楽しんでもらいたいと思ったのが設立のきっかけなのだとか。
ジャイプールアベニュー
ジャイプールアベニュー チャイティーミックス レモングラス
自らインドへ出向き、素材を厳選して完成させたこだわりのチャイティーミックス。保存料や着色料、添加物を一切使用せず、伝統的なインドチャイ本来のシンプルな素材(ミルク、ブラックアッサムティーエキス、スパイス、シュガー)だけで作られています。
さらに、わたしが「甘すぎる」と感じたチャイ独特の甘さは、砂糖を従来品の半分以下に抑えることでヘルシーなチャイになっているではありませんか!パウダータイプなのでお湯にさっと溶け、すぐに本格的なチャイを楽しめるのもうれしいポイント。

気分や体調に合わせて選べる6種のフレーバーが楽しい!

ジャイプールアベニュー
スタンダードなジンジャーのほか、フレーバーはバニラ、サフラン、レモングラス、カルダモン、オリジナルマサラの6種。本場インドでは体調や気分に合わせてスパイスを調合しているのだとか。自分で作るとなると手間がかかるチャイですが、お湯をそそぐだけの「ジャイプールアベニュー」なら、手軽にいろいろなフレーバーを楽しむことができます。

寒い日はもちろん、夏の暑い日はアイスでもおいしくいただける「ジャイプールアベニュー」の本格チャイで、インドの風を感じてみてはいかが?
⇒詳しくはこちら:recocochi
文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。
ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】ねこ食堂

この記事に関するキーワード