くらし

野菜のかけらが真鍮になっちゃった!テーブルを楽しませる暮らしの道具たち

フフルルニュース

野菜のかけらが真鍮になっちゃった!テーブルを楽しませる暮らしの道具たち
冷蔵庫を開けると野菜や果物のかけらが取り残されていることってありますよね。少し寂しげな姿も、真鍮になることでそれらが持っている特徴が、テーブルを楽しませる道具になるんです。大阪を拠点に活動するデザインユニット「graf」がお届けする、思わずくすりと笑ってしまう暮らしの道具たちをご紹介します。
わたしたちの暮らしにあふれる「モノ」は、それぞれに役割があります。それらが単に、機能だけを追求したものだったとしたら・・・、暮らしは無機質でさびしいものになってしまうかもしれません。
grafの暮らしの道具
それではモノに「デザイン」という命を吹き込んでみましょう。それがたとえ、鉛筆1本だとしても、たちまち熱を帯びた愛しいモノになるかもしれません。大阪を拠点に活動するデザインユニット「graf」が手がけるアイテムは、そんな愛すべきモノたちであふれています。

調理方法はアナタ次第?冷蔵庫に忘れ去られた野菜たちの共演

りんごの文鎮
たとえばこちら。冷蔵庫の野菜室に忘れ去られたリンゴのようなかたちをした真鍮のピース。さて、どんなふうに調理しましょうか。
りんごの文鎮
あら不思議。読みかけの本のしおりになっちゃった!程よい重さはペーパーウェイトにもぴったり。
鍋敷きなたまねぎ
お次はこちら。新鮮なタマネギを型取りして、真鍮という魔法にかければこんなにキュートな鍋敷きに!
レンコンで栓抜き

これら、真鍮の野菜「cut piece」は、デザインユニット「graf」と、デザイナー戸田祐希利さんとのコラボレーション商品です。暮らしの中に潜んでいるアイデアのきっかけや、豊かさを見つけるためのヒントになるカタチを求め、キッチンツールや家具、ステーショナリーなどを展開しています。

デザインの可能性を感じずにはいられない、cut pieceの楽しさは、毎日の暮らしにユーモアと、愛しさをもたらしてくれます。

利便性や機能性だけじゃつまらない。暮らしをもっと遊んでみませんか?
⇒詳しくはこちら:
 graf
 暮らすひと 暮らすところ
文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。
ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】ねこ食堂

この記事に関するキーワード