くらし

寝付きの悪い冬。改善するカギは"布団の一新"にあった!

フフルルニュース

寝付きの悪い冬。改善するカギは
冬になった途端、寝付きが悪くなったと感じる方もいるはず。質の悪い睡眠はストレスにつながってしまうため、早急に改善する必要があります。その方法として、まず布団の見直しから始めてみましょう。
冬になると、寒さで寝付きが悪くなったり、夜中に何度も目が覚めてしまったりなど、睡眠の悩みが増えてくるものです。冬だし仕方ないと諦めている方もいるかもしれませんが、これらの悩みは布団を一新することで改善できる可能性があります。

ここでは、冬に寝付きが悪くなってしまう原因と冬用布団の正しい選び方をご紹介します。冬にぴったりなおすすめ商品も紹介しているので、あわせてご覧ください。

ヒントは深部体温にあり。寝付きの悪さの原因とは?

睡眠には、その日の気温と自身の体温が大きく関係しています。眠気を引き起こすには、体の深部体温を下げることが重要です。深部体温とは脳や体幹部分の温度のこと。これが高いということは体内に熱が溜まっている状態であり、この熱を外に出すことができないと体がリラックスできず、結果として寝付きが悪くなってしまいます。

深部体温を下げるには、手足の血管を拡張させ、そこから体内の熱を逃がす必要があります。しかし冬になると気温の低下で手足が冷たくなり、放熱の働きが弱まってしまうため、深部体温が下がりにくくなってしまうのです。

就寝前に入浴すると寝付きが良くなるという話を聞いたことがある方も多いはず。あれは入浴により深部体温を一時的に上げることで、体の放熱しようという力を高め、効果的に深部体温を下げているからです。

寝付きの悪さを改善するには、体を温めて放熱の働きを活発にさせ、深部体温を下げることが大切なのです。

どれがよい?掛け布団と敷き布団の選び方

入浴は体温を上げる方法として効果的ではありますが、どうしても就寝前に入るのが難しいという方もいます。その場合は、布団を一新して体温の上昇を図るのがおすすめです。

冬用布団を購入するなら、掛け布団、敷き布団ともに保温性が高い素材を選びましょう。中には複数の掛け布団を重ねて使用する方もいるかもしれませんが、布団の重さで体が圧迫されると逆に寝苦しさを感じてしまうことがあります。寝付きを良くしたいのであれば、保温性が高くて軽い素材の掛け布団を選ぶことが大切です。

もちろん敷き布団も重要です。床の上に布団を敷いている方の場合、夏用のものを使っていると床から伝わる冷気により体が冷えてしまう可能性があります。床からの冷気を感じないほどボリュームがあり、保温性に優れた敷き布団を選ぶのが正解といえます。以下では、おすすめの商品を2つご紹介します。
まずは、布団の通販を行う昭和西川の公式ショップ「西川ストアONLINE」から掛け布団です。昭和西川は、お客様の良質な眠りと健康をプロデュースすることをコンセプトとしています。品質の良さと誠実な対応が魅力で、安心してお買い求めいただけます。
昭和西川 北欧デザイン羽毛掛け布団
昭和西川 北欧デザイン羽毛掛け布団
「昭和西川 北欧デザイン羽毛掛け布団/デンマーク産ホワイトダック90% 1.2kgシングルFI6610」は、デンマーク産ダックを使用した羽毛布団です。高い保温力をもつ羽毛の中でも、寒冷地でのびのび育てられた高品質なダックの羽毛のみを厳選しています。ひとつずつ丁寧に充填することで、ふっくら温かな一枚に仕上げています。
続いて、インテリア雑貨や家具、生活・キッチン雑貨などを幅広く扱う「Interior shop e-goods」から敷き布団の紹介です。e-goodsではオシャレで品質の良い商品を数多く扱えており、毎日の暮らしをより豊かに彩ります。
ボリューム羊毛混布団6点セット
ボリューム羊毛混布団6点セット
「ボリューム羊毛混布団6点セット フロア シングル」は、敷き布団と掛け布団、カバー、シーツ、枕、枕カバーをセットにした商品です。布団には、高い保温性をもつ羊毛混を贅沢に使用。敷き布団は厚さ約15cmとなっており、またコシのある羊毛を使っているため、温かいただけでなく寝心地も抜群です。
どちらも冬の快適な眠りをしっかりサポートしてくれる商品です。自身の好みにあった冬用布団を選び、冬の夜を温かく過ごしましょう。

睡眠環境を整えて冬の寒さに打ち勝つ!

寒くなり、寝付きが悪くなったと感じている方は、気温の低下による体の冷えが原因かもしれません。

保温性の高い冬用布団へと一新し、ストレスのない睡眠生活を始めましょう。
文:Mariko Kano
漫画・アニメ、音楽鑑賞、歌うこと、寝ること、人間観察が好きな20代女子。ただいま、「漫画・アニメ 実写化」というワードに過敏になっています。実写化、ダメ。ゼッタイ。

この記事に関するキーワード