くらし

体の冷えは高品質素材・シルクが解決!腹巻きや靴下でLet's 温活

フフルルニュース

体の冷えは高品質素材・シルクが解決!腹巻きや靴下でLet's 温活
体を冷えから守るためには、靴下など下半身を温めるアイテムを活用することが大切です。また、そのアイテムの素材がシルクならなおよしといえます。高品質で保温性に優れているため、より効果的に冷えを防止することができます。
冬の寒さが本番を迎えた今、冷え対策の準備は万全でしょうか。体の冷えは、肩こりや腰痛などの慢性疾患をはじめ、代謝や自律神経の低下を招く恐れがあります。そのため、常日頃から体を温めるクセをつけておくことが大切です。

そこで今回は、効果的な冷え対策とその際に活用できるアイテムを3つご紹介します。

体を冷えから守ろう!そのカギは下半身にあった

温活
体を冷えから守るためには、まず下半身を十分に温めることが大切です。というのも、体内の血液の約7割は重力の影響によって下半身に集まっています。そんな下半身が冷えてしまうと、血流が悪くなって肌荒れを起こしたり、上半身と下半身の血流差が原因で上半身にのみ熱がこもったりしてしまいます。また、上半身のみに熱がこもることで、心臓に大きな負担がかかるといわれています。これらの症状を事前に阻止するためにも、下半身に気を配り、積極的に温めていくことが大切です。

下半身と一口でいっても、該当する箇所はさまざま。中でも特に温めたほうがよいといわれているのは、お腹と腰、そして足首です。以下では、各所を温める理由についてご紹介します。

お腹

お腹
お腹を冷やすことは、内臓を冷やすことと同じ。そのため、お腹が冷えてしまうと肝臓などの内臓が弱ってしまい、下痢や便秘などの症状が現れることがあります。また女性の場合、お腹は子宮を守る役割も持っているため、冷えてしまうと生理痛や生理不順、不妊症などにつながる恐れもあるのです。こうした症状を防ぐためにも、お腹は常に温めておくことが大切です。

腰
腰は、寒さを敏感にキャッチする箇所。そのため、腰を温めておけば体が「寒くない」と判断し、手足の先にまで多くの血液を送るようになります。血液が送られると手足は熱を持つようになるので、じっくりと温まっていきます。こうした理由から、体が冷えやすい冬の時期は腰もきちんと温めることが大切なのです。

足首

足首
足は血液が巡りにくいことから、体の中でも特に冷えやすい箇所といえます。特に冬はその特性に拍車がかかり、より冷えてしまうことも。また女性の場合、体は温かいにもかかわらず手足の先だけ冷える"末端冷え性"の症状に悩まされている方もいます。足の冷えは、血行不良によるしびれや知覚障害などを発症させる恐れがあるため、靴下やレッグウォーマーなどを使ってしっかりと解消することが大切です。

このような理由から、お腹と腰、足首は常日頃から温めておくことが望ましいといえます。

シルクで体を温める!高品質素材の効果とは

シルク
上述した3箇所を温めるためには、靴下や腹巻きなどのアイテムが必要になります。もちろん、どのようなものでも問題ありませんが、素材にこだわるとより効果的に下半身を温めることができます。

靴下や腹巻きの素材として、特におすすめなのは"シルク"です。シルクは、蛾の幼虫である蚕(カイコ)の繭から作られるタンパク質性の高品質繊維。光り輝くような美しい光沢と心地よいなめらかな肌触りが特徴で、人間の肌との相性は抜群といわれています。このほか、シルクの特徴のひとつに保温性の高さがあります。この特徴こそ、シルクが靴下や腹巻きの素材に適している理由なのです。
シルク繊維
シルクの保温性の高さには、繊維の断面が大きく関係しています。というのも、シルク繊維の断面は三角形になっており、これが何層にも重なることで1本の大きな繊維を構成しています。重なった繊維同士の間には隙間ができ、冬は肌表面から逃げようとする熱をこの隙間で保持してくれるのです。さらに、夏にはこの隙間に汗などの水分が吸収されていきます。このとき、余分な水分は放湿されるため、肌表面をさらっと快適な状態に保つことができます。こうした点から、季節を問わずシルクは靴下や腹巻きの素材に適していることがわかります。

このほか、高品質素材・シルクには、天然繊維であるため静電気が起こりにくい、塵や埃などが付着しづらい、肌を清潔に保ち細菌の繁殖を抑えてくれるなどの効果や性質があります。
シルク製品
これだけの魅力を持つシルクですが、なかには「高品質である分、きっと値段が高いのではないか」と思っている方もいるかもしれません。たしかにシルクは、高品質であるがゆえにそのほかの素材に比べて高値である場合がほとんど。しかし、長い目でみると最初からシルク素材のものを購入していたほうがお得になることもあるのです。

たとえば1年のうちに500円の靴下を10着購入するのと、3,000円の高品質靴下を1着購入するのとでは、後者のほうが2,000円もお得になります。

安い値段で販売するためには、どうしても品質を下げなくてはならないこともあります。そうなると、1着の値段が安くても、それを何度も購入すれば出費はかさみ、結果としてお金を多く使うことになります。何度も購入することが予想されるアイテムは、あらかじめ高品質なものを購入しておいたほうがお得なのです。

ベストなものを選びたい!靴下と腹巻きの選び方

靴下と腹巻き
靴下や腹巻きなど体を温めるアイテムを購入する際は、素材だけでなくサイズ感やタイプもしっかりと選ぶことが大切です。

以下では、これらを選ぶ際のポイントをご紹介します。

靴下

前述したとおり、素材は品質の高いシルクが望ましいといえます。なめらかな肌触りと心地よい着心地は、高品質素材・シルクの靴下ならではの魅力です。

サイズは、締めつけ感のないものを選ぶことをおすすめします。足が冷たくなる要因は、足先にまで血液が行き届いていないこと。締めつけ感のある靴下を選んでしまうと、その状態がさらに悪化し、ますます足が冷えてしまう恐れがあります。そのため、靴下を選ぶ際は一度試着してみて程よいゆったりさがあるかを確認することが大切です。なお、5本指タイプの靴下であれば足の指を自由に動かすことができるため、マッサージ効果が期待できます。
とっけんシルク(特絹糸)のふわもこソックス
とっけんシルク(特絹糸)のふわもこソックス
ここでおすすめしたいのが、つむぎや中忠の「とっけんシルク(特絹糸)のふわもこソックス ロングタイプ」。特殊な編み立てにより"ふわもこ"な肌触りを実現しています。肌にあたる面には、シルクを100%使用。ソフトで肌触りの良いところが魅力で、シルクの品質の高さをしっかり実感することができます。足首の締めつけがなく、血液循環を邪魔する心配がないため、冷え対策にぴったりです。
つむぎシルク(絹紬糸)の五本指靴下
つむぎシルク(絹紬糸)の五本指靴下
同じく、つむぎや中忠の「つむぎシルク(絹紬糸)の五本指靴下」もおすすめです。ふんわりとした肌触りが魅力の靴下で、高品質素材とされるシルクの中でもより品質の高いシルクを使用しています。一本一本の指をシルクが優しく包み込み、足を冷えから守ります。かかとがないタイプの靴下で、左右の決まりがないため、とても履きやすくなっているのも特徴のひとつです。

腹巻

腹巻きも、素材にシルクを使用したものがベスト。吸湿性と保湿性、放湿性に優れているため、冷え込む冬でもお腹と腰をしっかり温めてくれます。

そんな腹巻きは、伸縮性があるのでフリーサイズで販売されていることがほとんど。そのため、シルクの腹巻きを購入する際も自ずとフリーサイズを購入することになります。「フリーサイズだと、場合によっては合わないことがあるのではないか」と考える方もいるかもしれませんが、シルクはほかの素材に比べ伸縮性に優れているため、どのような体型の方が着用しても心地よいフィット感を得ることができます。
けんぼうシルク(絹紡糸)の腹巻
けんぼうシルク(絹紡糸)の腹巻
ここでおすすめしたいのが、つむぎや中忠の「けんぼうシルク(絹紡糸)の腹巻 シングル35cm」。中忠商店が厳選した高品質な絹紡糸を使用し、これを丁寧に編み上げることで、しっとりなめらかな肌触りを実現しています。冬の寒さからお腹と腰をしっかりと守ってくれます。

効果的な冷え対策で冬の寒さを乗り切ろう

温活
冬真っただ中の今、冷えから体を守るためには下半身を中心に温めることが大切です。高品質素材・シルクを使った靴下や腹巻きであれば、いつでもどこでも体をポカポカな状態に保つことができます。今季の寒さを乗り切るためにも、一度自身の冷え対策を見直してみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介した3つの商品は、すべて「つむぎや中忠」で販売しています。つむぎや中忠はシルク商品専門店。商品ごとに最適な糸種を見極め、こだわりの詰まった品質の高い商品を展開しています。靴下や腹巻きのほかにも、ネックウォーマーやトレンカなど多数の商品を扱っているので、ぜひご利用ください。

⇒詳しくはこちら:つむぎや中忠
文:ぎまゆりか
寝ること、食べること、歌うことが大好きな20代女性。好きな漫画は「スラムダンク」、好きな映画は「スターウォーズ」、好きな芸能人は北山宏光くんです♡

この記事に関するキーワード