くらし

コチコチバターもスルスル塗れる!体温で溶けるアルミバターナイフの実力

フフルルニュース

コチコチバターもスルスル塗れる!体温で溶けるアルミバターナイフの実力
朝、冷蔵庫からバターを出し、いざパンに塗ろうとおもってもコチコチに固まっていて、なかなか塗ることができない。そんな経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。でもこれを使えば大丈夫!面白いようにバターが溶けるバターナイフも紹介します。
パン派の朝の定番といえば、こんがりトースト。バターをたっぷり塗ってサクッといただくあの瞬間、たまらないですよね。でも、冷蔵庫で冷え固まったバターを塗るのはちょっと大変。バターをなめらかに塗ることができず、せっかくのトーストがボロボロに・・・。

そんな朝の残念を解消してくれるのがアルミ製のバターナイフです。金属の町として知られる新潟県燕市より、日本の「ものづくり」のスゴ技をご紹介しましょう!

バターは削って溶かす!?目からウロコの新発想

アルミバターナイフ
通常、バターはトーストの上で溶かします。バターを常温に戻してから塗るのがベターですが、忙しい朝ともなるとそうはいきません。それなら、バターナイフでバターを溶かしてしまおう!という斬新な発想から生まれたのが「アルミバターナイフ」です。

開発したのは新潟県燕市にある関川鋼販株式会社。キッチンツールとは一見、無縁のちょっと「おかたい」会社と思いきや、子会社である「アイデアセキカワ」では、金属を使ったさまざまなアイディア商品を製造・販売しています。

アルミバターナイフもまた、金属の特性を活かしたアイディア商品です。熱伝導率が高いアルミは、手で握るだけで体温が伝わる性質を持ちます。
アイデアセキカワ
そこに着目した同社は、「体温でバターを溶かすバターナイフ」を開発。つまり、バターを削りながら溶かし、トーストにのせるときはすでになめらかな状態になっているというわけです。
アイデアセキカワ
スルスルとおもしろいように削ることができるアルミバターナイフ。バターのほか、ピーナッツバターやチョコレートクリームにも使うことができますよ。

メイド・イン・ツバメの実力

アイデアセキカワ
関川鋼販会社とアイデアセキカワがある新潟県燕市は、江戸時代初期より金属の町として栄えてきました。燕市で作られた製品は「メイド・イン・ツバメ」として承認され、その確かな品質と安全性は日本はもとより、世界各国で愛されています。

金属の町から生まれたストレスフリーなバターナイフなら、朝食がもっと楽しくなること請け合いです!
文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。
ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】ねこ食堂

この記事に関するキーワード