趣味・こだわり

こんなNOTEが欲しかった!文具好き必見「印刷加工連」のこだわりプロダクト

フフルルニュース

こんなNOTEが欲しかった!文具好き必見「印刷加工連」のこだわりプロダクト
使い勝手の良い文房具をいざ探すとなると、なかなかどうして出会えないもの。何度か試行錯誤を繰り返し、これは!というものに出会えたとしても、使っているうちにやっぱり違った・・・、なんてことも。仕事柄、取材用のノートを何冊も使ってきたわたしがおすすめするのがこちらのリングノートです。紙にまつわる6社で結成された「印刷加工連」が作る、機能性抜群の文具をご紹介しましょう!
「印刷加工連」とは、製本や印刷をはじめとして、得意分野が異なる6社で2012年春に結成された団体です。"使う人のイマジネーションのもととなるものづくり"をコンセプトに、シンプルで使い勝手の良い紙文具を生み出しています。
印刷加工連
印刷加工連
今回ご紹介するのはポピュラーなリングノート。普通のリングノートを使っているときに、「めくりにくい」「リングが手に当たって書きにくい」という経験をしたことはありませんか?

印刷加工連の「ななめリング」シリーズは、その名の通り斜めにリングを付けるデザインで、リングノートがはらむ使用上の課題を解決しました。
印刷加工連
リングの色は黒赤金の3種類、本文紙は書き心地のよい白無地で50ページ、表紙は凹凸のある特殊紙を使用。裏表紙にはゴムバンドが付いており、角をホールドすることができるので持ち運びの際に開かず安心です。

イマジネーションが広がる紙文具の世界

印刷加工連
6社で結成された印刷加工連。その得意とする分野は、製本・穴あけ・折り・綴じ・型抜き・箔押し・空押し・浮き出し・紙象嵌・シール印刷・活版印刷と、多岐に渡ります。

これまでのラインナップはリングノートのほか、チップボール(板紙)でぐるりと包んだメモパッド、製本機を使用して小さい折り加工の限界にチャレンジしたぽち袋、ボール紙で作られためずらしい紙製のクリップなどなど。日本のモノづくりの真髄が感じられるものばかりです。

一度使ったら手放せなくなる印刷加工連の技術を、ぜひお試しあれ!
⇒詳しくはこちら:印刷加工連
文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。
ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】ねこ食堂

この記事に関するキーワード