趣味・こだわり

ひなまつりをお祝い♪ホームパーティーにおすすめの料理と飾り付け

フフルルニュース

ひなまつりをお祝い♪ホームパーティーにおすすめの料理と飾り付け
ひなまつりを楽しく過ごしたいのであれば、ホームパーティーを開くのがおすすめです。ポップな飾り付けや豪華な料理を準備すれば、みんなの記憶に残る1日に。愛するわが子のため、ひなまつりらしさあふれるホームパーティーにしましょう。
3月3日はひなまつり。ひな人形を飾ったり、ひなあられを食べたりと、定番の楽しみ方で過ごすのもよいですが、知人を集めてホームパーティーを開くのもまたよいものです。パーティーならではのごちそうや飾り付けが、普段あまり得られない特別感を届けてくれます。

そこで今回は、ひなまつりにホームパーティーを開く際の準備ポイントやおすすめ商品についてご紹介します。

どういう行事なの?ひなまつりの由来

温活
皆さんは、ひなまつりがどのような行事なのかをご存じでしょうか。ホームパーティーのポイントを知る前に、まずはひなまつりそのものについて知っておきましょう。

ひなまつりとは、女の子の成長や幸せを願う伝統行事のこと。室町時代に始まったこの行事は、"人形の体をなでて汚れを払おう"という日本の考えと中国の行事、そして子どもたちの人形遊び、この3つが合わさったものだといわれています。江戸時代になると五節句のひとつに加えられ、季節の行事として認知されるようになりました。また、現在主流となっているひな壇の飾り付けが登場したのもこの頃です。

ひなまつりの由来を見てみると、人形の重要性がよくわかります。この趣をしっかりと残すためにも、ホームパーティーを開く際はひな人形の準備を行っていたほうがよいかもしれません。

ひなまつり版!ホームパーティーを開く際の事前準備 ~飾り付け編~

ホームパーティーを開く際は、事前準備をしっかり行っておくことが大切です。ひなまつりの場合は、ひな人形をはじめ、飾り付け用のアイテムなどを確実にそろえておきましょう。また、どのような飾り付けにするのかなどもあらかじめ考えておくとよいかもしれません。

ひな人形を準備する

温活
ひなまつりにホームパーティーを開く際のポイントとしてまずあげられるのは、ひな人形の準備です。ひな人形は、ひなまつりらしさを演出するのに欠かせないアイテム。種類が豊富にあるので、部屋の大きさや演出方法などを踏まえた上で選ぶことをおすすめします。

例えば、多段飾りはその名のとおり、人形を階段状に飾るタイプ。三段、五段、七段が一般的で、段数が増えるほど人形の数も多くなります。たくさんの人形が飾られるほど豪華さは増しますが、その分大きなスペースを確保しなければならなかったり、費用がかさんだりするため注意が必要です。

この他、汚れる心配の少ないケース飾りや、人形を収納できるスペースが備えられた収納飾りなどもあります。ホームパーティーでひな人形をどのように魅せるか、そして今後も支障なく活用できるのはどれなのかなどを考えた上で、最適なひな人形をチョイスしましょう。

飾り付け用のアイテムを準備する

温活
ホームパーティーらしさを演出する必須アイテムといえば、やはり飾り付けです。壁やテーブルなどをデコレーションすることで、あっという間に華やかな空間を作り上げることができます。

例えば、部屋の壁にフラッグガーランドを飾れば、瞬く間にパーティーらしさをプラスすることができます。ひなまつりらしく、色味をピンク系にすればなおよし。パーティーのコンセプトに合わせてカラーやデザインを変えるだけで、その日だけの特別な飾り付けが完成します。ちなみにフラッグガーランドは、折り紙や画用紙があれば誰でも簡単に作ることができます。難しい作業は一切ないので、子どもたちと一緒に楽しく準備できそうですね。

また、ひなまつりらしく桃の木を飾るのもひとつの方法です。桜の木は造花であれば100円均一で購入することができます。これを壁に貼ったり、花瓶に入れて飾ったりすれば、ひなまつりらしさの他、春の訪れも感じられるはず。パーティーのコンセプトを大切にしたい方は、こうしたひなまつりならではのアイテムを活用するとよいかもしれません。

ホームパーティーにおける飾り付けの良しあしは、その場の雰囲気を左右する要素と言っても過言ではありません。そのため、ひなまつりにホームパーティーを開く際は、上述したような準備をしっかりと行っておくことが大切です。

ひなまつり版!ホームパーティーを開く際の事前準備 ~料理編~

ホームパーティーには料理が必要不可欠。その場を盛り上げるには、どのような料理を作るか、どのような食器に盛り付けるかが重要になります。

ひなまつりらしい料理を準備する

温活
ひなまつりによく食べられる料理に、ちらしずしがあげられます。これには何らかの特別な由来があると考える方もいるかもしれませんが、実際には特別ないわれがあるわけではありません。では、なぜひなまつりにちらしずしが食べられるようになったのでしょうか。その理由は、寿司そのものが「寿を司る」という意味が込められた縁起のよい食べ物であるためです。また、ちらしずしには長生きを意味するエビや、見通しがきくことを意味するレンコンなど、縁起のよい具材が複数入っています。こうしたことから、ひなまつりにちらしずしを食べることが多くなったといわれています。

この他、貝殻が2枚1組で、他の貝と組み合わせることができないことから、「結婚した人と生涯一緒にいられるように」との願いが込められたハマグリのうしお汁も、ひなまつりによく食べられます。

ちらしずしとハマグリのうしお汁は、ひなまつりの定番料理。ホームパーティーを開く際は、これらの料理を準備しておくことがおすすめです。

パーティー用の食器を準備する

温活
ホームパーティーとなると、普段使用している食器では不十分な場合があります。そのため、あらかじめパーティー用の食器を何枚か購入しておくことが大切です。

例えば、パーティーのメインディッシュとなるちらしずしを盛り付ける食器には、平たい大皿がベスト。ちらしずしの魅力は、色鮮やかな具材が織りなす美しいビジュアルです。深いお皿に盛り付けてしまうと、せっかくの魅力が隠れてしまいます。ちらしずしのよさを思う存分発揮させるためにも、浅めの平たいお皿に盛り付けるようにしましょう。

ちらしずしを大皿で出す場合、ゲスト一人ひとりに取り皿を渡す必要があります。このとき、「おそろいの取り皿を人数分、準備しなきゃ」と考える方もいるかもしれませんが、必ずそうしなければならないということはありません。大きさやデザインの違うお皿を数枚用意しておけば、ゲスト自らが好きなものを選ぶことができます。こうした小さな楽しみを加えるのも、パーティー演出のひとつ。主催者として、こうした演出にも目を向けてみると、よりすてきなホームパーティーを開催できるかもしれません。

ここで、ナチュラル通販セレクトショップ「やさしいおみせ」が扱う食器を5つご紹介します。どれもひなまつりのホームパーティーにぴったりなものばかり。ぜひご参考ください。
MINORe プレートM<クリーム/オリーブ>
MINORe プレートM<クリーム/オリーブ>
MINOReの「プレートM<クリーム/オリーブ>」は、再生土を使った食器。環境にやさしく、ほのかに土のぬくもりを感じることができます。色は料理の邪魔をしないオリーブとクリームの2種類となっています。パーティー時の取り皿にぴったりな一品です。
猪口カップ(M)
猪口カップ(M)
emergeの「猪口カップ(M)」は、独特な風合いとどこかホッとするようなデザインが特徴的なカップ。上記の商品同様、再生土を使用しており、見ているだけで温かみを感じられます。落ち着いた色合いが、ひなまつりの雰囲気にマッチします。
アタ製・楕円テーブルマット
アタ製・楕円テーブルマット
T-Lab.の「アタ製・楕円テーブルマット」は、シダ科の植物・アタの茎を使用した一品。モダンにもナチュラルにもなるデザインのため、使い勝手は抜群です。落ち着いた茶色の色味が桜のピンクを際立たせてくれるので、マット上に桜の花をさり気なく飾ってみるとよいかもしれません。
箸置「花ばな」(5ヶ入・ケース入)
箸置「花ばな」(5ヶ入・ケース入)
能作の「箸置「花ばな」(5ヶ入・ケース入)」は、梅・桜・コスモス・蓮・桔梗の5つの花をモチーフにした箸置き。愛らしい花々が、食卓に高級感をもたらします。上品でありながらもシンプルなデザインとなっているため、シーンを問わず利用することができます。
ランチョンマット
ランチョンマット
KLIPPANの「ランチョンマット」は、子どもたちが喜びそうなポップなデザインが特徴。デザインは全6種類と多く、どれもワクワクさせてくれるようなカラーリングとなっています。小さな子どもたちが多いひなまつりパーティーにぴったりな一品です。

コンセプトに沿った準備が大切

ホームパーティーを開く際は、事前準備をしっかりと行うことが大切です。また、パーティーに明確なコンセプトがある場合は、飾り付けや料理にその要素をしっかりと加える必要があります。

今回は、間近に控えたひなまつりをコンセプトとし、ホームパーティーの準備におけるポイントをご紹介しました。愛娘のため、仲のよい知人を集めてひなまつりパーティーを開こうと考えている方は、ぜひご参考ください。
文:ぎまゆりか
寝ること、食べること、歌うことが大好きな20代女性。好きな漫画は「スラムダンク」、好きな映画は「スターウォーズ」、好きな芸能人は北山宏光くんです♡

この記事に関するキーワード