ギフト

敬老の日は手作りで♪こどもと一緒に作れるアイデア

フフルルニュース

敬老の日は手作りで♪こどもと一緒に作れるアイデア
もうすぐ敬老の日。毎年のおじいちゃんおばあちゃんへの贈り物には悩んでしまいますよね。今回は子どもと一緒に手作りできて、気持ちも伝わるアイデアを3つ紹介します。
9月第3月曜日は敬老の日。今年の敬老の日は9月19日(月)になります。子供が生まれてからは両親へプレゼントを送っているのですが、「何が欲しい?」と聞くと「気持ちだけでいいよ」と答えはいつも一緒です。きっとこれが本音なのでしょうね♪

毎年、写真をプリントして娘に絵を描いてもらって送っているのですが、今年はちょっとアレンジして子供と一緒に手作りのプレゼントを作ってみることにしました。

今回使った材料はこちら♪

  1. ペーパーボックス/長方形クラフト無地(DAISO)
  2. カーリングリボン3個入り/ピンク系・ブルー系(DAISO)
  3. 折り紙(DAISO)
  4. 造花(DAISO)
  5. マスキングテープ(mt)
  6. ハガキ・白(DAISO)
  7. 手織りリブ無地 ランチョンマット(DAISO)
  8. 布描きクレヨン(無印良品)

つなげて楽しい!アルバムおうち風カード

ハガキに写真をプリントして裏にメッセージを書いて送っていたものを、今年はアルバム風にしてプレゼント♪プリントしたハガキをテープでつなげて、窓をつけて、屋根をつけたらおうち風カードのできあがり!

【材料(おうち風カード1個分)】
  1. (F)ハガキ・白 ・・・ 5枚
  2. (E)マスキングテープ ・・・ お好みの色、柄で
  3. 写真をハガキサイズにプリントしたもの ・・・ 偶数枚
【作り方】
  1. ハガキは切手や宛名を書く方を中表にしてノリで2枚貼り付けます。
  2. 別のハガキや厚紙などに窓枠を作ります。5.5×5.5cmのサイズで、5mmの幅の枠組みにしました。
  3. 枠組みだけになるようにカッターで切り抜きます。
  1. 始めと終わりに持ってくる写真の顔が窓から出るようにサイズを計ります。
  2. ノリで貼り合わせたハガキに、4で計った場所に枠組みを合わせます。(表と裏の2枚とも窓をくり抜いておきます。)
  3. 中の□をカッターで切り抜きます。
  1. 屋根の部分を作ります。新しいハガキを1枚用意し、半分に折って対角線を引いて三角形を切り抜きます。
  2. 窓を作ったハガキにマスキングテープで屋根を留めて、余分なところはカットします。
  3. プリントした写真の裏にマスキングテープを貼って写真をつなげます。
  1. 写真をつなげたものをじゃばらになるように折っておきます。
  2. 表と裏のおうちにマスキングテープで写真を留めます。その際に屋根以外3辺に同じ色のマスキングテープを留めます。
  3. 完成です♪
おうちの表や裏にメッセージを書き込めば、アルバム風カードのできあがり。おうちに色を塗ってもらっても可愛くなりそう♪ 写真は偶数枚なら何枚重ねても大丈夫なので、思い出の写真をたくさんつなげてあげると喜ばれそうです。

布描きクレヨンでランチョンマットにお絵描き

無印良品で人気のアイテムの「布描きクレヨン」。布に絵を描いて、アイロンすれば染色できるというもので、オリジナルのアイテムが簡単に作れてしまうクレヨンなんです。

ハンカチやTシャツに・・・と思いましたが、持ち歩いたり着たりするものだと使わないかもと思ったので、ランチョンマットに絵を描くことにしました。これなら家の中で使ってもらえるし、食事の時間が楽しくなりそうです♪
【材料】
  1. (G)手織りリブ無地 ランチョンマット
  2. (H)布描きクレヨン
【作り方】
ランチョンマットに絵を描いて、アイロンするだけ♪
無印良品のクレヨンは発色が良く、ダイソーのリブ織りランチョンマットにもしっかり描くことができました♪

「じぃじとばぁばがいっしょにおでかけしているところ」と楽しそうにお絵描き。子供の描く絵は思い出に残りますね!

折り紙をつなげるだけ!色合わせが楽しいラッピング

ラッピング用紙がなくても折り紙を繋げるだけで可愛いラッピングができてしまいます。カラフルな色合いで元気をおすそ分けです♪

【材料】
  1. ペーパーボックス/長方形クラフト無地
  2. カーリングリボン3個入り/ピンク系・ブルー系
  3. 折り紙
  4. 造花
【色合わせ】
折り紙はこんな感じの色合わせにしました。
(左)ピンクの濃淡を中心にグレーと水色をアクセントに。
(右)ブルー系の色味にグレーと黄色、淡いピンクを挿し色に。
【作り方】
  1. ラッピングしたい大きさで折り紙の枚数を決めて、裏からテープで貼り付けます。
  2. 表にするとこんな感じの色合わせに。
  3. 柄を細かくするのに、さらにカットします。
  1. カットした折り紙を裏からテープで留めます。
  2. 箱をラッピングします。
  3. 角がピシッと真っ直ぐになるように折ると綺麗に見えます。
  1. カーリングリボンを2本、50cmくらいにカットしてハサミの背を使って引っ張りカールさせます。
  2. こんな感じにカールできました。
  3. リボンをテープで留めます。
造花をハサミで短くカットして、テープで留めれば完成です♪

ギフトボックスには子供と作ったクッキーを入れました。ちょっとつまめるお菓子やコーヒーなどを一緒にプレゼントするのが我が家の定番のプレゼントです。
近くに住んでいるなら一緒に過ごす時間が一番のプレゼントになりますが、遠くのおじいちゃん、おばあちゃんにも子供と一緒に作ったプレゼントを送ってあげればその楽しさや想いが伝わると思います。簡単に作れますので、ぜひ作ってみてくださいね!
文:貝賀あゆみ
4歳の娘の子育てをしながらフォトスタイリストとして身近な暮らしのアイデアをブログ等で紹介しています。
■ブログ:「暮らしの小さなアイデア帳 rog style」

この記事に関するキーワード