ギフト

ブルックリン発のビーントゥーバーチョコレートで、とびっきりおしゃれな大人のバレンタイン

フフルルニュース

ブルックリン発のビーントゥーバーチョコレートで、とびっきりおしゃれな大人のバレンタイン
今年もまもなくやってくるバレンタインデー。この日をチャンスに愛の告白を!なんてドキドキしていた学生時代を懐かしく思い出す方も多いのでは?とはいえ、女性にとってバレンタインデーはいくつになっても特別な日であることに変わりはありません。大人女性たるもの、今年は粋な演出にこだわってみませんか?

大好きなあの人を待ち伏せして愛の告白......。なんとも甘酸っぱいバレンタインデーの思い出たち。幾度かのバレンタインデーを送ってきた大人女性たちは、どんな過ごし方をしているのでしょう。

 

パートナーのために手料理を振る舞ったり、旅行を計画したり、年齢を重ねるにつれ、バレンタインデーの過ごし方も変わってきたのではないでしょうか。

 

とはいえ、やっぱり外せないのがチョコレート。手作りやブランドチョコレートもステキですが、今年はちょっと粋な演出にチャレンジしてみませんか?

 

大人のふたりにぴったりな、ニューヨーク・ブルックリンから生まれたチョコレートアイテムをご紹介しましょう!

ブルックリン発のビーントゥーバーチョコレートが熱い!

世界のファッションやカルチャーを牽引する大都市・ニューヨーク。なかでもここ数年注目を集めているのが「ブルックリン区」です。

 

いまでこそ、カルチャーやファッションの発信地というイメージが強いブルックリンですが、実は20世紀以降のブルックリンは治安が悪く、地元の人でもあまり近づかないほどだったとか。

 

そんなブルックリンに大きな変化が訪れたのはここ10年ほどのこと。マンハッタンに比べて安い家賃に魅力を感じたアーティストたちが移り住むようになり、少しずつ「おしゃれなエリア」として注目されるようになっていきます。倉庫を改装した個性派レストランやオーガニックフード店などが続々とオープン。ブルックリンはいまや世界が注目する街に変貌を遂げています。

そんなブルックリンの街に、カカオ栽培から製品まで、すべての工程を自社で行うビーントゥバーチョコレートブランド「CACAO PRIETO(カカオプリエト)」が誕生したのは2008年のこと。すべてのチョコレートはプリエト家が100年以上ドミニカ共和国に所有してきた「コラリーナ農園」で収穫。オーガニックカカオ豆とオーガニックきび砂糖から作られています。

 

2014年には日本にも上陸し、その本格的な味わいは瞬く間に注目されるようになりました。

カカオプリエトのこだわり

カカオプリエトは、バラエティに富んだココア含有量とスタイルを持つチョコレートバーを展開しています。「フルーツアンドナッツバークスライン」は、シングルオリジンのダークチョコレートにバラエティ豊かなナッツとフルーツを加えた逸品。

 

濃厚かつ芳醇な香りのチョコレートはまるでアロマ。口に入れた途端、豊かなその風味のとりこになること請け合い!

たとえば、カカオリキュールでロマンチックなひとときを

チョコレートにすべての情熱を注ぐカカオプリエトの思いは、バレンタインデーに託した女性たちの思いをきっと後押ししてくれるはず。

 

たとえばそう、ロマンチックな夜を演出する、カカオリキュールはいかが?世界的に名高いドミニカ産の高品質な有機カカオがそのままグラスに溶け込んだような味わいは、極上の大人のデザートに。お酒が好きなふたりなら、ストレートやロックでぜひ味わってみましょう。カカオの香りがロマンチックな夜を演出してくれることでしょう。

今年のバレンタインデーは大人のエッセンスが光る演出を

いくつになっても心が踊るバレンタインデー。どんなチョコレートを贈ろうか、どんな演出をしようか…。バレンタインデーはそんなわくわくとした気持ちを盛り上げてくれるスペシャルなイベントです。

 

そんな特別な日にぴったりな、カカオプリエトのチョコレートギフト。そこに込められた思いは、きっと大切なあの人に届くことでしょう。

 

⇒詳しくはこちら:クロンティップ

文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】http://diningasfortunate.blog.fc2.com/

この記事に関するキーワード