ギフト

かな文字ってこんなに美しい!気持ちをアクセに託したプレゼントはいかが?

フフルルニュース

かな文字ってこんなに美しい!気持ちをアクセに託したプレゼントはいかが?
日本独自の文化であるかな文字をもっと身近に―。ひらがなアクセサリーには、さまざまな言葉を託すことができます。「ありがとう」「あいしている」のほか、遠くはなれた大切な人への「きずな」という言葉。「ゆめ」という言葉には、誰かを応援する気持ちを込めて。

日本特有の文字に「ひらがな」があります。なめらかな曲線から綴られる言葉には、やさしさとぬくもりが込められています。日本人の美意識とともに、思いが伝わる、ひらがなアクセサリーの魅力をご紹介します。

やわらかな曲線は日本の美意識そのもの「かな文字」の不思議

中国語で使われていた漢字が日本に伝わり、日本語に「文字」が生まれたのは6世紀ごろのこと。ところが、複雑な漢字は書くのが大変という理由から漢字を簡略化する「万葉仮名(まんようがな)」が誕生しました。これがかな文字やカタカナのはじまりです。

かな文字は主に貴族たちの私的な書物や、女性の書く書物に用いられました。女性が書いたとされる「土佐日記」や、紫式部の源氏物語は「ひらがな」で書かれているのはこんな理由があったんですね。ちなみに、同じ時期に誕生したとされるカタカナ文字は、僧侶がお経を読むために使われるようになりました。

 

女性が多く多用したことからもわかるように、ひらがなにはなんともえいない女性らしいやわらかさがあります。漢字で書くよりもひらがなで綴ることで、やさしい気持ちになれるのも納得ですね。

ひらがなアクセサリーに思いを託して

ありがとうピアス
ありがとうピアス

「ひらがな」の特徴は、文字を速く書くために、形を崩すことが許されたことにあるといいます。和歌や小説に使われたことから、芸術的な印象も。ひらがなは自由な表現の象徴といえるのかもしれませんね。

 

そんなひらがなは、感謝の気持ちや愛する思いを伝えるときもぴったり。美しい曲線、しなやかなラインを、大胆にもアクセサリーで表現したプレゼントはいかが?

 

一見すると英語の筆記体のようにも見えるひらがなアクセサリーは、奥ゆかしい日本女性の気質にもぴったりです。

遠くはなれて暮らすあの人へ

うつくしいピアス
うつくしいピアス

ひらがなアクセサリーには、さまざまな言葉を託すことができます。「ありがとう」「あいしている」のほか、遠くはなれた大切な人への「きずな」という言葉。「ゆめ」という言葉には、誰かを応援する気持ちを込めて―。

 

ネックレスやピアス、ブレスレットなどにゆれるひらがなは、日本人が愛してきた「美」そのもの。贈り物としてはもちろん、常に意識していたい言葉を自分で身につけるのもおすすめです。

 

日本独自の文化であるかな文字をもっと身近に―。身にまとうことで日々の暮らしがより輝き、希望に満ち溢れることでしょう。

 

⇒詳しくはこちら:ひらがな Hiragana

文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。

この記事に関するキーワード