ギフト

あたりまえの「おいしい」があるところ。大切なあの人への手土産にしたいルスルスのお菓子

フフルルニュース

あたりまえの「おいしい」があるところ。大切なあの人への手土産にしたいルスルスのお菓子
ちょうどいい手土産って実は悩みどころ。感謝の気持ちが伝わりながら、おいしさもしっかりとある。そんな丁寧な気持ちが込められた手土産は、もらって嬉しいものです。そんな作りての心が見える菓子工房ルスルスのお菓子を紹介します。

たとえば友人宅を訪ねるときや、ちょっと緊張する彼のご両親へのごあいさつ。そんなときに悩んでしまう「手土産」。がんばりすぎると相手を恐縮させてしまうし、かといってありきたりなものではつまらない。

 

「ありがとう」と、あたりまえの「おいしさ」を届けてくれるお菓子のお話をお聞かせしましょう。

作り手の顔が見えるお菓子

開けた瞬間、思わず笑みがこぼれる鳥のかたちのクッキー。
開けた瞬間、思わず笑みがこぼれる鳥のかたちのクッキー。

お菓子の詰め合わせをいただいたとき、体温が確実に1度上がっているように感じるのはわたしだけでしょうか。箱を開けたとたんに広がるふんわりとしたやさしい世界。自然と笑顔がこぼれます。

 

きっと、贈ってくれたあの人も、そんな笑顔を思い浮かべて選んでくれたはず。そして、お菓子職人たちの思い――。あたりまえのおいしさには、大切にしたい思いが込められています。

暮らしに寄り添うお茶の時間

濃厚な味わいを楽しめる焼きショコラ
濃厚な味わいを楽しめる焼きショコラ

淹れたてのコーヒーや紅茶、そして甘いお菓子。慌ただしい日々のなかにまるでオアシスのようにあるひとときは、いままでもこれからもずっと大切にしたい時間。

 

クッキーやパウンドケーキのような焼き菓子に宿る素朴な味わいは、忘れかけていた何かを思い出させてくれる、不思議な魅力に包まれています。ときには自分のためにお菓子をあれこれ選ぶのも楽しいですよね。

 

口に入れたとたん広がるやさしい、やさしいおいしさ。トゲトゲしていた心も、魔法のように溶けていきます。

食の安全は100%じゃなくちゃいけない「あたりまえ」

食べることって生きることに直結していること。だからこそ食の安全って100%じゃなくちゃいけない。

 

おなかを満たすだけじゃなく、心にも喜びと楽しさをもたらしてくれるお菓子は、そんな「あたりまえ」がきちんと伝わるものがイイ。素材の風味を大切にした安全・安心なお菓子は、一つひとつ、丁寧に愛情を込めてつくられているから、量産できるものではないかもしれない。

 

でも、そのこだわりは、おいしいと安全を結ぶ方程式みたいだと思いませんか?

乙女な休日「お菓子教室」が楽しいんです

スイーツだけどワインにも合いそう! グレープフルーツとピスタチオのタルト
スイーツだけどワインにも合いそう! グレープフルーツとピスタチオのタルト

お菓子づくりのこだわりや、思いを体感したいなら「お菓子教室」にぜひ参加を!普段、何気なく食べているお菓子に秘められた歴史や食材へのこだわり、安全への取り組みなどを目の前で実演してくれる乙女なカルチャー。学んだテクニックは、自宅で再現できる楽しみも。そんなやさしいお菓子づくりのファンが増えれば、「あたりまえ」のおいしさの輪はもっと広がるはず。

 

大切なあの人に、自分へのご褒美に。

 

お菓子がもたらすとびっきりステキな時間を、あなた自身が発信してみませんか?

 

※お菓子教室は現在、浅草店のみで行われています。

 

⇒詳しくはこちら:菓子工房RESSOURCES(ルスルス)

文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】 http://diningasfortunate.blog.fc2.com/

この記事に関するキーワード