くらし

お茶がより気軽に楽しめる電子ケトル

NPデパート探検隊 for men vol.29

お茶がより気軽に楽しめる電子ケトル
日々、ECサイトという“巨大デパート” を探検するこの企画。ひとり暮らし男子の急須がない問題はこれで解決!

ひとり暮らしをしている特に男性の場合、家に急須がない人は意外と多いのではないだろうか? うちもそうで、数年前に、買ったばかりの急須を割ってしまって以来、急須のない状態が続いている。だからお茶や紅茶を買う時は必ずティーバッグタイプを選ぶようになった。

 

困るのが、缶などに茶葉がそのまま入ったお茶や紅茶をギフトとしていただいた時。仕事柄、展示会やショップのオープニングレセプション、新作メニューの試食会などのお土産としてお茶や紅茶をいただくことが多いのだ。そんな時、家に急須がないばっかりに、飲まないまま放置し、挙句の果てに賞味期限を切らしてしまうという、最悪な状態になることも。もちろん急須を買えば済む話ではあるのだが、どれを買おうか悩んでいるうちに時間ばかりが過ぎてしまっていたのだ。そんな中、ついに自分の物欲をそそる、なんとも便利なアイテムを見つけてしまった。それがイデアレーベルのコンパクトケトル「BRUNO」だ。

電気ケトルと急須がひとつに
電気ケトルと急須がひとつに

なんと電気ケトルと急須がドッキング! お湯が沸いたら、付属のティーストレーナーを使って、そのままお茶や紅茶を淹れることができるのだ。沸かしたお湯を急須に入れる手間がないだけでなく、洗い物も減り、ひとり暮らしの狭いキッチンスペースも広く使えて、いいことづくめ。

イデアレーベルのコンパクトケトル「BRUNO」
イデアレーベルのコンパクトケトル「BRUNO」

目盛付きなので、料理をする時の計量も簡単だ。ティーストレーナーも目盛りも、意外と面倒なひと手間を減らしてくれるのがありがたい。ボディがガラス製なのでお湯の沸く様子を目視できるのだが、これもなんだか楽しい。デザイン性の高い家電やインテリア雑貨を次々と生みだしているブランドのものだけに、見た目も申し分なし。

 

水量がMAX(450ml)の時で、沸き上がり時間は約3分。朝の忙しい時も、パンを焼いたり、目玉焼きを作っている間に、温かい飲み物の準備ができてしまう。

 

便利でオシャレで楽しい、この電気ケトルがあれば、ホットドリンクライフが充実するに違いない。

 

⇒詳しくはこちら:BICASA

文・石川博也
1972年静岡県生まれ。エディター・ライター・構成作家。これまでに『TARZAN』『POPEYE』『BRUTUS』『anan』『GQ JAPAN』などの雑誌や、読売新聞のファッションコラム連載、ルノー、ダイハツをはじめとする企業オフィシャルサイトなどに企画、編集、ライターとして携わる。またラジオ番組の構成作家としても活躍中。

この記事に関するキーワード