くらし

顔ばっかりケアしてたらダメですよ!と、言われる前に。ボディクリーム、コスパで選んでませんか?

NPデパート探検隊 for girls vol.29

顔ばっかりケアしてたらダメですよ!と、言われる前に。ボディクリーム、コスパで選んでませんか?
蒸し暑かった時期も過ぎて、急にカサカサしだすこの季節。はっ!いつの間に……! なんて不意打ちを食らわされたようで、焦りますよね……。しかし、ここは大人。ゆっくりといいものを選んでいきましょう。1978年に誕生し、天然由来成分配合などにこだわりのあるスキンケア商品を送り続ける「ハウスオブローゼ」。この「ハウスオブローゼ」のボディクリームの人気商品や限定商品などをご紹介しましょう。

身体中に塗るので結局コスパ重視になりがちなボディクリーム。 けれども、「顔だけいいものたくさん塗っても、身体がガサガサではダメだよ!」と、皮膚科の女医さんに怒られたのは、そう、私です。 乾燥からきているかゆみに気づかず、寝ている間にかいていたら皮膚をがっつり傷つけちゃったんです。去年のことだというのにまだ傷が残ってしまっています。 もう安いボディクリームからは卒業! 流れる涙をぬぐいつつ、肌にやさしく心も癒されるボディクリーム探してみました! 今年こそはケアしまくるぞ!

ハウスオブローゼ/ラ・ローゼ ボディクリーム RG
ハウスオブローゼ/ラ・ローゼ ボディクリーム RG

こちらは2015年3月4日までの限定商品ですよ。

 

限定商品らしい香り高いという言葉がぴったりの、いままでにないフレッシュなバラの香り。なんというか、バラ園の中にいるような、植物そのもののしっとりとした香りを再現しています。朝露のローズガーデンの中を歩いているという謳い文句にぴったりのさわやかな香りです。テクスチャーは重くもなく、軽くもない。ちょうどいい感じが心地よいです。伸びもいい感じでマッサージにも向いてます。肌を柔らかくするホホバ種子オイルも配合されているということで期待できます。

 

今年はこれで! といいたくなるところをこらえつつ、

ハウスオブローゼ クラシック プー/ボディクリームHL(ハニーレモネードの 香り)
ハウスオブローゼ クラシック プー/ボディクリームHL(ハニーレモネードの 香り)

はい。かわいくて買ってしまいました。しかし、実はこれがいまの時期一番いいかもと思いました。テクスチャーは軽めで、つけやすく、まだまだ秋口の乾燥し始めた頃はこれが一番よさそう。すーっと、肌になじんでいく感じがとっても気持ちよいです。

 

3時のおやつみたいに心に安らぎを与えてくれる、そんなおいしいかわいい香りで、ずっとつけていたくなってしまいました。でも、もっと寒い季節になったらもう少し濃い目のものがいいかもですね。

ハウスオブローゼ/リマエナジエ ボディクリーム
ハウスオブローゼ/リマエナジエ ボディクリーム

年齢とともに気になるのがやっぱり、ハリと潤い。そのハリと潤い重視のアンチエイジング効果があるというリマエナジェ。テクスチャー重めかと思いきや、そうでもないんです。マッサージをしながら使ってほしいということですから、伸びもいい感じで、すーっと伸びていきます。香りはほのかにあるくらい。一番邪魔しない穏やかで厳かな香りです。

 

化粧品の香りが苦手な方にはこちらがいいと思います。ただ、他よりもしっとり感は強いので(それが潤い効果なのですが、)もう少し冬まで待ってもいいかもしれないですね。

 

もうひとつ、本格的な冬に向けて紹介したいのが、これ。

越冬クリーム
越冬クリーム

ご存じの方もいるのではないでしょうか。毎年売れているリピーターも多いこの越冬クリーム。

 

名前が越冬というだけあって、この冬、じっくり、しっとりさせてくれます。こちらは先ほどのプーさんの「クラシック プー/ボディクリームHL(ハニーレモネードの 香り)」とは違い、香りは極ほのかな感じで、テクスチャーは重くないのに、保湿はしっかりされている感じがします。べとつく感じがないとは思うのですが、重い感じが気になる方は薄めに伸ばして使うのがいいと思います。

 

今年の冬は、顔と一緒に身体も。そして香りで潤いながら、しっかりと、しっとりして、身体も心も乾燥から守りましょう!

 

⇒詳しくはこちら:HOUSE OF ROSE

文・滝戸ドリタ
美容師とレントゲン技師の娘として育ち、パーマとコーラと科学が大好き。メディアアートの展示企画制作に、インターネット関係の企画、制作、夢の コラボレーション。あらゆるお仕事をこなしている、マガジンハウスのウェブマガジン『colocal』のクリエイティブディレクター。

この記事に関するキーワード