子育て

忘れたくない"こどもの言葉"を残せる「こどものことばアルバム」の話

フフルルニュース

忘れたくない
何気ない日常の中で、クスっと笑えたり、ハッとさせられたりするこどもの言葉。写真を残すのと同じように、こどもの言葉を書き留めて残してみるのはいかがですか?育児がもっと楽しくなる、「こどものことばアルバム」をご紹介します。
1歳を過ぎてから、息子からはたくさんの言葉を発することができるようになりました。物を渡すしぐさに添えられた「どーじょ」という言葉から始まり、さまざまな言葉をまわりから驚くほど吸収していきました。
2歳を過ぎた今では、単語を使ってなんとなくの会話ができるようになりました。舌足らずな言葉も、言い間違いも、独特な言い回しも、一つひとつが愛おしくてたまりません。

今だけしか聞けない愛おしい言葉たちをすべて大切に覚えておきたいと思いますが、目まぐるしい成長の速度と慌ただしい日常の中では、大切な言葉たちもあっという間に忘れてしまいそうです。私はそんな残しておきたい大切な言葉たちを、紙に書き出して記録するようにしました。
日常の中で忘れていってしまいそうな言葉たちを集めて書き出していくことで、愛おしい日々や成長を、より実感できるように思うのです。

そんなこどもの言葉を、誰でも簡単に書き留めることができる「こどものことばアルバム」というアイテムを試してみました。

「こどものことばアルバム」って?

ふとしたときに、こどもの言葉を書き留めることができるように作られたのがこの「こどものことばアルバム」。こどもの言葉に注目することで、子育てをもっと楽しくする新しい子育て習慣を作りたいとの思いで開発されました。写真で思い出を残すように"言葉"で思い出のアルバムを作ることができるアイテムです。

 

こどものことばアルバムの特徴

ボックスの中にはカードが入っており、こどもが何気なく口にした大切な言葉をサッと書き留めることができます。カードは全部で96枚入っており、お花や飛行機雲などをモチーフにした、可愛い8つのデザインを楽しむことができます。インデックスカードが付いているので整理も簡単です。
書き留めた言葉はボックスの中で大切に保管できます。
おうちのどこに置いても可愛いデザインが嬉しいですね。
こどもの夢を書き留めるカード、こどもに絵を書いてもらうカード、こどもとのQ&Aのやりとりを残すカードなど、こどもの言葉を引き出すことができる別売りのリフィルカードもあるようです。

 

 

 

オンラインショップのほか、LOFTや東急ハンズ、ヴィレッジヴァンガード、TSUTAYAなど全国の雑貨店でも販売されています。

「こどものことばアルバム」を使ってみました

こどもの言葉を簡単に書き留めるだけなので、とっても簡単にアルバムの1ページができあがります。日付も書き込めるので、まるで日記のようです。言葉と合わせて簡単なイラストも描き添えてみました。
その言葉が出てきたときの写真も一緒に記録すると、より思い出深いものに。ましかくプリント(89mm×89mm)の写真も一緒に残すことができます。写真だけのアルバムと違って、後で見返したときにそのときの状況がより鮮明に思い出せそうです。
簡単ですが、とても素敵な「こどものことばアルバム」を作ることができました。夫婦でそれぞれが気付いたときに書き留めて作り上げていくのも楽しそうですね。「今日こんなことを言っていたよ〜」と夫婦の会話もはずみます。こどもが大きくなったときにプレゼントするのも素敵ですね。

こどもの言葉集め

子育ては幸せなものですが、楽しいことばかりではありません。ときにはこどもの行動や言葉に困らされてしまうことも。そんなときにもそれを記録することで客観的に見ることができ、なんだか面白おかしくなってしまうものです。

私は日々「こどもの言葉集め」を楽しむことで、心に余裕が生まれたり、こどもの愛おしさを再確認することができるなあと思います。これからさらに口達者になっていくであろう息子ですが、言葉に注目することで、つい腹の立ってしまうこともさらりと受け止められる。そんなかーちゃんでいたいなと思います。
育児を楽しむひとつの習慣として「こどものことばアルバム」を取り入れてみませんか?
取扱いショップ
※商品価格は記事公開時点のものです。
文:きなこ
一児の母。家族や暮らしのひとこまなど日常の風景を日々撮影している。美味しくて体に優しいおやつを作って食べることが好き。夫婦でものづくり作家として活動もしている。

この記事に関するキーワード