おでかけ

玄関に傘をかけておく『DUENDE』の「ティルアンブレラスタンド」でオシャレな空間を

フフルルニュース

玄関に傘をかけておく『DUENDE』の「ティルアンブレラスタンド」でオシャレな空間を
ありそうでなかった傘立て、それが『DUENDE(デュエンデ)』の「ティルアンブレラスタンド」です。傘をたてておくのではなく、かけておけるのです。これなら折りたたみ傘もスタンドのなか埋もれず、さらにはグッとオシャレな玄関になりますよ!
天気が安定しない秋が目前に近づいてきました。雨が降る日も多く、玄関の傘立てが活躍する機会も増えてきます。傘立てもインテリアの一つですが、オシャレなものは意外と見つかりません。そこでおすすめしたいのが「ティルアンブレラスタンド」です。

製品を見てまず思ったのは「ビニール傘をかけるのはもったいない」ということ。ビニール傘が何本も転がっている玄関には、似合わないくらいスタイリッシュな傘立てです。これをきっかけにビニール傘を卒業するのもいいかも。
Till /Umbrella Stand
全体のフォルムはS字の形になっていて、真ん中の棒に傘をかけられるようになっています。付属のS字フックを使えば、折り畳み傘もひっかけられて便利。上部には鍵などのちょっとした小物を置けるスペースも。
8,640 円(税込)

 

Till /Umbrella Stand
傘をかけるということを考えれば当然なのですが、高さ102cmと思っていた以上に存在感があります。下には水受けもついていて、シンプルでありながらも実用性が高くパーフェクト!
Till /Umbrella Stand
実際に玄関に置いてみました。まるでこれを配置するための凹みだったかのよう! ピッタリとはまりました。特にマンションの場合は、玄関が狭いところも多いですから、これくらいコンパクトで省スペースだと助かりますよね。
Till /Umbrella Stand
小物スペースには出かけるときに欠かせない鍵とサングラス、ちょっとしたアクセサリーを置いています。ここにあれば、出かけるときに忘れないで済みますよね。

デザインユニット"MUTE"が作ったコンパクトな傘立て

「ティルアンブレラスタンド」は、空間デザインからプロダクトデザイン、グラフィックデザインもするデザインユニット"MUTE"のイトウケンジさんとウミノタカヒロさんが手掛けた商品です。"MUTE"のWebサイトでは「ちょっと持ってて」に応えてくれるスタンド、というフレーズで「ティルアンブレラスタンド」を紹介しています。
Till /Umbrella Stand
「ティルアンブレラスタンド」は傘立て以外にも使えます。小物をかけておくスタンドとしてリビングに置いてもいいし、ベルトやネクタイなど長さのあるものをかけて見せる収納として寝室におくのも◎。試しに大判スカーフをかけてみたら、これならパッと手に取って出かけやすいうえに、シワがつくこともなさそう。

シンプルでオシャレ、傘立て以外にも大活躍しそうな「ティルアンブレラスタンド」。傘をかけておくというスタイルは、一度使ったら止められなくなりそうです。雨傘、日傘、折り畳み傘。微妙に全部長さや形状が違っても、これならちゃんと持っておいてくれますよ。傘立てが整理整頓されることで、いつもの玄関が、ちょっとセンスの良い玄関に生まれ変わりそうです。
取扱いショップ
※商品価格は記事公開時点のものです。
文:荒木翔子
ライター。暮らしの中にちょっとした贅沢を取り入れるのが好き。ネコ型ロボットのグッズとシンプルな家具・雑貨に囲まれて暮らしています。

この記事に関するキーワード