おでかけ

これからは雨の日もHAPPY!おしゃれラバーブーツで可愛くお出かけ

フフルルニュース

これからは雨の日もHAPPY!おしゃれラバーブーツで可愛くお出かけ
雨の日に活躍するのが、雨を弾くことのできるラバーブーツ。今はおしゃれなラバーブーツがたくさん登場しており、可愛くコーディネートして出かけることができます。自分に合ったシルエットやデザインを探してみましょう。

雨が降っているときに出かける用事があると、傘を差さないといけないし、靴や荷物が濡れてしまう可能性も。そうなると、どうしても憂鬱な気分になってしまいますよね。だけど、おしゃれに履けるラバーブーツがあれば、雨と一緒にアンニュイな気分も弾き飛ばすことができます。

 

それでは、雨を弾いておしゃれもできるラバーブーツの魅力に迫ってみましょう。

“ダサい”は昔の話!選べるさまざまなシルエット

ラバーブーツ(レインブーツ)といえば、ダサくておしゃれには不向きだとして、足元まできちんとコーディネートをしたい女性にとっては避けるべきものでした。

 

しかし今は、ファッション性の高いラバーブーツも多く販売されています。見た目は普通のブーツとあまり変わらず、いろいろなファッションと合わせることが可能。くわえて、もちろん雨を通さないラバー製なので、足が濡れて不快な思いをすることもありません。

 

ラバーブーツを選ぶときは、まず筒丈や筒幅を確認してみましょう。

代表的なレディス用(ファム)ブーツ
代表的なレディス用(ファム)ブーツ

筒丈には、主にショートタイプとロングタイプがあります。ショートタイプは丈が比較的短く、シューズと近い感覚でトップスやボトムスに合わせることが可能。ロングタイプは膝下のあたりまでを覆うタイプで、スタイリッシュに履きこなすことができます。

 

筒幅には、主に最細身、細身、ややゆったり、ゆったりの4タイプがあります。最細身や細身のタイプはスタイリッシュなシルエットになり、まるでレザーブーツを履いているかのようなファッションを楽しむことが可能。ゆったりめのタイプはフェミニンな印象を与えることができ、可愛らしい印象に仕上げたいときに重宝します。

 

以上のようなタイプから、自分に合ったサイズを探してみてください。そしてお気に入りのデザインやカラーを見つけることができれば、そのラバーブーツは雨の日の頼れるパートナーとなってくれるはずです。

ラバーブーツをコーディネートしてみよう

せっかくラバーブーツを履くのであれば、可愛くおしゃれをして出かけたいですよね。ここでは、迷ったときに参考にして欲しい、おすすめコーディネートを紹介していきます。

【ファム】CHANTEBELLE / シャンタベル
【ファム】CHANTEBELLE / シャンタベル

どのようなラバーブーツにすればいいか迷っているのなら、AIGLEの代表的なシルエットのブーツ、「【ファム】CHANTEBELLE / シャンタベル」がおすすめです。細身のシルエットですが、細すぎず、いろいろなファッションに合わせることができます。カラーは、ネイビーとブラウン、ブラックの3色です。

 

細めの筒幅であるAIGLEのシャンタベルは、スカートやショートパンツと合わせるのがおすすめ。甘くなりすぎないためには、レザージャケットなどの辛口アイテムを羽織るといいですね。

 

もちろん、ブーツインスタイルにもマッチします。このラバーブーツに合わせるなら、レギンスや細身のデニムなどがおすすめです。

きちんとお手入れで長いお付き合いに

天然ゴム素材のラバーブーツは、きちんとお手入れしてあげることがとても大切。そうすることで、何年も使い続けることができます。

 

ラバーブーツを履いたあとは、中の湿気取りを欠かさないようにしましょう。汗で生まれた湿気は、乾燥剤や新聞紙で取り除くことができます。

 

雨や泥で汚れてしまったら、水洗いでよく落としたあと、自然乾燥させます。ラバーブーツは日光が苦手なので、風通しのよいところで陰干しをしましょう。

 

普段保管するときも、同様に風通しのよいところで。ロングタイプのラバーブーツは折りたたむことでコンパクトに収納できますが、ヒビ割れなどの原因になるので、きちんと立てておくことをおすすめします。

 

しっかりお手入れをして、ラバーブーツと一緒に雨の日のお出かけを楽しんでくださいね。

お気に入りの1足で雨の日をHAPPYに

フィーリングの合うラバーブーツが1足あれば、憂鬱な雨の日も楽しくお出かけできるようになるはず。ぜひ、お気に入りの1足を探してみてください。

文:てるよし
日課はお米研ぎ。夢はいつか犬を飼って公園で一緒に遊ぶこと、でも持病のぜん息で飼えない、という病弱設定のライターです。

この記事に関するキーワード