おでかけ

履きやすく歩きやすい!"スリッポン"で足元までおしゃれを楽しむ

フフルルニュース

履きやすく歩きやすい!"スリッポン"で足元までおしゃれを楽しむ
紐のない独特のスタイルと、簡単に履ける手軽さが魅力の"スリッポン"。とてもシンプルな靴ですが、そのコーディネートのしやすさからおしゃれさんに大人気の靴です。"楽なのにおしゃれ"という魅力を、ぜひ一度体感してみてください。

カジュアルにおしゃれを楽しめるスニーカーは、日本だけでなく世界中で愛される存在です。しかし、なかには「紐を結ぶのが面倒」、「もっと気楽におしゃれをしたい」という方もいるかもしれません。そんなアナタにうってつけなのが、シューレース(靴紐)のない"スリッポン"。足を滑りこませるだけでスルッと履くことができ、その飽きのこないシンプルな形状はコーデ力抜群です。

 

ここでは、世界中のおしゃれさんが愛するスリッポンの魅力をご紹介します。

スリッポンってどんな靴? 似たもの同士と徹底比較!

スリッポンという言葉を、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。スリッポンはスリップオンスニーカー(Slip-on Sneaker)のことであり、"着脱が簡単な靴"という意味です。その気軽さから人気が高く、スニーカーの定番スタイルになっています。

 

そんなスリッポンと似た形状の靴に、"エスパドリーユ"と呼ばれるものがあります。「スリッポンじゃないの?」、「どうして名前が違うの?」と困惑した方も多いのでは? 似ているようで異なる、これらの違いをみていきましょう。

 

スリッポン

スリッポンとは、シューレースのない靴のこと。元々はローファーやモカシン(アメリカの先住民が愛用していた、一枚革の靴)のことを指しており、じつは定義がとても広い靴なのです。現在では、ソールがゴム製でシューレースのないタイプのスニーカーをスリッポンと呼ぶことが多いといえます。

 

エスパドリーユ

 

エスパドリーユとは、ソールがジュート(黄麻)で編み込まれた軽量スニーカーのことです。足を覆う生地はキャンバス生地で、履き心地がとても柔らかです。元々は、ヨーロッパなどで夏用の部屋履きとして重宝されていたとされています。エスパドリーユには、シューレースで足を包み込むスリッポンタイプのものもあれば、サンダルタイプのものもあります。素足で履くことが多いのも特徴です。

 

このように、スリッポンとエスパドリーユは似たような形状をしているため、違いが分かりにくいといえます。しかし、各々に特徴や魅力があり、かつ履きやすさを追求した画期的な靴となっています。ぜひコーデに取り入れて、楽×おしゃれを楽しんでみてください。

ラフでカジュアル、尚且つおしゃれが理想的

おしゃれは好き、でも堅苦しいのはNG! という方は、スリッポンを取り入れたラフコーデに挑戦してみてはいかがでしょうか。スリッポンは見た目がシンプルなので、Tシャツやジーンズなどのカジュアルな服との相性が抜群です。また、履きやすくて耐久性に優れており、ソールが柔らかくて馴染みやすいのでとっても楽ですよ。

 

コーディネートしやすさで言えばやはりシンプルなデザインが1番! たとえば、"BLUCIELO/ブルチェーロ フェイクスウェードスリッポン"は、デザインがシンプルなことに加え、カラーバリエーションが豊富なのでおすすめです。

 

スリッポン「フェイクスウェードスリッポン」
スリッポン「フェイクスウェードスリッポン」
カラーは、定番のブラック、大人っぽいグレー、優しい色合いのディープイエロー、メンズライクのネイビーの4種類です。素材がスウェードなので落ち着いた風合いになっており、大人の遊び心を感じさせるデザインとなっています。サイズはM(23.5~24cm)とL(24~24.5cm)の2パターンです。
スリッポン「フェイクスウェードスリッポン」
スリッポン「フェイクスウェードスリッポン」
スリッポンは、基本的にカジュアルな服にはすべてマッチします。そのため、普段の服にプラスするだけで、簡単におしゃれコーデを楽しめます。また、上記でも触れたTシャツやジーンズだけではなく、スカートやガウチョパンツなどとも可愛いコーデを楽しめますよ。

 

スリッポンは、素足でも靴下着用でもOKの靴ですが、ちょっと工夫することでより可愛く見せることができます。たとえば、素足やアンクルソックス着用で履く場合は、クロップドパンツのように丈の短いものを選ぶとGood! 足首を出すことで、足を細くすっきり見せることができます。軽やかな印象を与えられるので、ロングスカートを履く場合も同様に足首が少し見える丈のものを選ぶようにしましょう。

シンプルさこそ、おしゃれの基本

気軽さが魅力のスリッポンは、楽×おしゃれを楽しめる万能アイテムです。さらに、コーディネートがしやすいデザインなので、飽きることなく履き続けることができますよ。シンプルさこそ、おしゃれの基本。アナタもスリッポンを履きこなして、おしゃれさんへの一歩を踏み出してみませんか?

文:Yui Uehara
自己紹介:フォトグラファー兼ライター。夢は相棒であるAE-1と共にアフリカの地を踏むこと。お酒とコーヒーをこよなく愛する、ヘビースモーカーのアラサー女子。

この記事に関するキーワード