おでかけ

袖まくりは?アクセは?ベーシックシャツでこなれ感を出す着こなし方

フフルルニュース

袖まくりは?アクセは?ベーシックシャツでこなれ感を出す着こなし方
シンプルであるがゆえに、うまく着こなさないと野暮ったくなってしまうベーシックシャツ。基本中の基本であるアイテムの着こなしポイントを押さえて、シンプルコーディネートにこなれ感を演出しましょう。
ファッションの基本ともいえる、シンプルなベーシックシャツ。1枚あるだけでどんなコーディネートにも合って、色んな着こなしができる万能アイテムです。

そんなベーシックシャツですが、飾り気がなくシンプルであるがゆえ、単に着るだけではどこか野暮ったくなってしまうものです。できれば力を入れずに、サラッとオシャレに着こなしたいですよね。

今回は、こなれ感を出せるベーシックシャツの着こなし方をご紹介します。

袖まくりでサラッとこなれ感アップ!

ベーシックシャツで簡単にこなれ感を出す着こなしといえば「袖まくり」。

手首は人体の中でも一際細い部位であり、そこを露出することで華奢さを強調し、女性らしいシルエットを演出することができます。たとえば肘のあたりまでシャツの袖をまくることで、ほどよいラフさがプラスされ、こなれ感がある着こなしに。白いシャツにジーンズといったシンプルなコーディネートでも、袖をまくるだけで抜け感のある大人っぽい着こなしとなります。

また同時に、胸元を開けてラフに着こなしたり、裾をちょっとボトムスにインしたりといった着こなしでも、簡単にこなれ感を演出することができます。

着こなしに合った袖まくりをマスターしよう

[Galoo shoppers]こだわりの着心地 ベーシックシャツ
[Galoo shoppers]こだわりの着心地 ベーシックシャツ
袖のまくり方にもいくつか種類があります。

1番シンプルなのは、袖のカフス部分を外側にくるりと折り返し、そのままロールアップするだけのまくり方です。このとき、カフスのボタンは外しておいた方が巻きやすくなります。

シャツの素材やサイズによっては、複数回折り返したり、肘のあたりまで折り返してもずり落ちてきてしまうことがあります。そんなときは安全ピンを使って内側から留めておいたり、巻き終わった後で袖の端だけを少したくし込むとずり落ちにくくなります。


また、袖をグイッと肘辺りまで一気にまくりあげてから、表に出た裏地の部分をロールアップするといったまくり方もあります。

巻いた袖の端からカフス部分が少しだけのぞくため、カフス部分の色柄が異なるデザインのシャツのときにおすすめです。ロールアップをカフスの手前までにしておき、上を向いたカフスを折り返してロールアップ部分を隠すといったアレンジもオシャレです。


かっちりと巻いてまとまった印象にしたり、ラフに巻いてカジュアルな印象にしたり、まくり方1つで着こなしがアレンジできるのも袖まくりのメリットです。

シンプルなベーシックシャツだからこそ大ぶりアクセが主役に!

シンプルなベーシックシャツは、アクセサリーや小物でさり気なく飾り立てることでもこなれ感を演出できます。

カラフルなバッグや大ぶりアクセも、白いシャツなら賑やかになりすぎず、お気に入りのアイテムを引き立ててくれます。またゴールドアクセサリーやサングラスをプラスすればゴージャスなコーディネートになります。

目立つアクセサリーや小物をコーディネートする際のポイントは、ボトムスや靴など他の部分をシンプルにしたり、同じカラーで統一すること。黒などの引き締め効果のあるカラーで統一すれば、シンプルで大人っぽいこなれ感のある着こなしを楽しめます。

基本的なアイテムだからこそ、着心地のいいものを!

スカートにもパンツスタイルにも合うベーシックシャツ。

シンプルではありますが、そのイメージは素材やシルエットによっても大きく異なります。季節を問わずに楽しめる基本的なアイテムだからこそ、シルエットや着心地にはこだわりたいですよね。

色々な素材やシルエットのベーシックシャツを試して、ぜひともお気に入りの1枚を見つけてみてください。

⇒詳しくはこちら:Galoo Shoppers

現在フフルルポイントにてポイント20倍キャンペーン実施中!

⇒詳しくはこちら:キャンペーン詳細ページ

文:awako
友だちの子どもがかわいいアラサー女子。休日の楽しみは洋画や海外ドラマを観ることと、簡単に実践できるオシャレ情報収集。そろそろ美容にも気を使いたいお年ごろ。

この記事に関するキーワード