おでかけ

パンプスを履くと靴下が脱げる!長年の悩みを解決する優秀ソックス5選

フフルルニュース

パンプスを履くと靴下が脱げる!長年の悩みを解決する優秀ソックス5選
パンプスは大人っぽくて可愛らしく、オフィスでもプライベートでも活躍してくれるアイテムです。ただしパンプスの中で靴下が脱げてしまうこともよくあること…。今回は脱げない靴下の履き方と選び方を紹介します。

ヒールが低くて歩きやすいものでも、きちんとした印象になるのがパンプスの魅力。悩みがあるとしたら、それはパンプスの中で靴下が脱げてしまうことです。靴下が脱げる度に直すのは面倒で、履き心地の悪さにテンションが下がってしまった経験がある方も多いと思います。

 

そんな悩みを解決してくれる、優秀なソックスをご紹介します。

脱げないようにする秘密は「履き方」と「フットカバー」にあった

靴下(以下、フットカバー)がパンプスの中で脱げないようにするためには、優れたフットカバーを選ぶことはもちろん、履き方にも工夫が必要です。

 

意外と知られていないことですが、フットカバーを履く際、まず最初にフットカバーをかかとにひっかけてからつま先をかぶせるようにするのです。これによってフットカバーが正しい向きになり、脚へのフィット感がアップします。

 

優れたフットカバーを正しく履きこなすことができれば、今までの悩みが解決して快適に過ごすことができること間違いなし。次は、さまざまな工夫が凝らされた優秀なフットカバーをご紹介します。

GUNZE Tuche(グンゼ トゥシェ)履口新ストレッチテープ付きフットカバー

GUNZE Tuche(グンゼ トゥシェ)
GUNZE Tuche(グンゼ トゥシェ)
足にピタッと密着する履き心地を実現させたフットカバーです。このフットカバーが脱げない理由は、「ストレッチテープを使用していること」、「かかとに超薄型シリコン製のすべり止めがついていること」、「足にフィットする立体縫製」という工夫が凝らされているからです。

足にフィットすることを重視して作られていると脱げにくく、素足のままパンプスを履いているような感覚になるので、履き心地にも期待できます。

無印かかと滑り止め付き 隠れ5本指フットカバー

無印かかと滑り止め付き 隠れ5本指フットカバー
無印かかと滑り止め付き 隠れ5本指フットカバー
こちらの無印良品のフットカバーはなんと、5本指になっているのです。

なかなか見た目のインパクトが大きい5本指ソックスですが、指先の内側が5つに分かれているので外から見ても分かりにくいのがポイント高いですよね。これによって抜群のフィット感が再現されています。

さらに、足口部分に滑りにくい糸を編み込んでいて、履いてみると意外とかかとの方は深く履くことができ、脱げにくい工夫もされています。

ユニクロ WOMEN ベリーショートソックス

ユニクロ WOMEN ベリーショートソックス
ユニクロ WOMEN ベリーショートソックス
ユニクロのフットカバーもパンプスの中で脱げないと話題です。

こちらのフットカバーは左右それぞれの足に合わせて設計されていることからフィット感が高く、かかとはズレ防止機能が付いています。そして、パンプスを履くと、外から見えることなく、また、足の甲までしっかり覆ってくれることから、靴擦れになりにくいのです。

ユニクロは日頃から利用している方も多いのではないでしょうか。店舗数も多く“ついで買い”ができて、リーズナブル。履き心地も良いので、何年もこの商品を愛用しているリピーターも多いようです。

アウトレットシューズ かかとすべり止め付きフットカバーソックス

アウトレットシューズ<br />かかとすべり止め付きフットカバーソックス
アウトレットシューズ
かかとすべり止め付きフットカバーソックス
こちらはアウトレットシューズショップが扱うフットカバーで、脱げないとインターネット上で話題になっています。靴を扱っているからこそのこだわりを感じる履き心地。

フィット感のある一重タイプと、破れにくい二重タイプの2種類があります。かかとにすべり止めが付いているだけでなく、より脱げにくいように小さめサイズのSSサイズも販売しています。ピッタリなサイズがなかなか無い……という方におすすめです。

自分にぴったりなフットカバーを見つけて快適なパンプスライフを♪

パンプスを履くと靴下が脱げやすいという悩みは、女性たちの共通の悩み。靴下が脱げやすいからパンプスを履くのを迷う……という方は、今回紹介した商品を参考に人気のフットカバーを試してしてみてはいかがでしょうか。

 

フットカバーが足にフィットすれば、パンプスを履くのがグッと楽しくなるに違いありません。

文:Yui
新規開拓の営業7年目。歩きやすいパンプスと、ソックスカバーの研究には余念がありません!

この記事に関するキーワード