おでかけ

本格的な夏に向けて「スラックライン」で体幹を鍛えよう!

フフルルニュース

本格的な夏に向けて「スラックライン」で体幹を鍛えよう!
ふふふ&るんるんな情報を全世界から探し出し、お届けするフフルルニュース。今回ご紹介するのは、夏に向けて引き締まった体をつくるため、話題の「体幹」トレーニングにも役立つスポーツ「スラックライン」。木の間などに張ったロープの上を歩いて渡るスポーツです。体幹とはインナーマッスルという骨盤周辺の筋肉を含めた胴体まわりを広く指すことば。このエリアを鍛えて筋力を上げれば、身体のバランスが良くなり、基礎代謝が上がって痩せやすい身体になると、いいことづくめ。スラックラインは仲間と遊びながら体幹が鍛えられる一石二鳥のスポーツなのです。

■遊びながらトレーニング

「スラックライン」の基本である、細いラインの上で片足や両足でバランスを取る動作。呼吸を上手に使いながら、ブルブル震えるラインの上で前に進むことは至難の業。全身の筋肉を使うことが必要とされるので、体幹のトレーニングにぴったり!

もともとスラックラインは、アメリカのヨセミテ国立公園で、暇をもてあましたクライマーたちが鉄のチェーンやクライミングロープの上を歩いて遊んだのがきっかけで生まれたゲーム。その後ヨーロッパから人気に火がつき、いまでは立派なスポーツとしてのジャンルを確立。いまでは専用の道具も多数販売されています。この「ギボン」は、ドイツに本社があるスラックライン・ブランドのリーディングカンパニー。スラックラインのコンペティションを世界中で開催しています。

こちらは海外のスラックラインの大会、「2nd GIBBON French Slackline Open」の様子。スラックラインのプロライダーもいて、彼らくらいになるとラインの上で飛んだり回転したり、アクロバティックな動きも可能になります。

 

もちろんこんなに動かなくても、ロープの上に立ってバランスをとってみるだけでも自分の身体の新しい一面を見られる面白いスポーツです。道具は1万円前後から。ぜひキャンプのお供などにスラックライン・ギアをお持ちになって、家族や友だちと遊んでみては?

 

⇒詳しくはこちら:GIBBON®

 

 

文・齋藤あきこ

この記事に関するキーワード