グルメ・スイーツ

ダイエットの強い味方!ヘルシースイーツの代名詞・和菓子

フフルルニュース

ダイエットの強い味方!ヘルシースイーツの代名詞・和菓子
ダイエット中にまず我慢する甘いお菓子。脂肪分や糖分が気になりますよね。でも、カラダにうれしいポイントが多い和菓子であれば、美味しく食べることができますよ!今回は、ダイエット中の強い味方・和菓子の魅力をご紹介します。
甘いお菓子は、心と体をほっと満たしてくれる至福の食べ物ですよね。でも、ダイエット中はその甘い誘惑を我慢する方も多いはず。

しかし、ダイエットを継続させるコツは、甘いものを頑なに我慢するのではなく、太りにくいお菓子を適度に取り入れて無理な食事制限をしないことなんです。そこで、今回はダイエット中でも健康的に美味しく食べることができる和菓子の魅力についてご紹介します。

和菓子に秘められた、驚きのヘルシーパワー

大福やお団子、おまんじゅうなど、甘さ控えめでしっとりとした和菓子は、ちょっとのんびりしながら食べるのにぴったり。そんな和菓子は、洋菓子と比較すると糖質も控えめで、ダイエット中のおやつに最適だということをご存じですか?
和菓子
和菓子のヘルシーさの秘密は、ズバリ"餡子(あんこ)"にあるといわれています。

餡子の原材料である小豆には、食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維の中でも、腸内細菌のエサとして働き、善玉菌を増やす作用がある水溶性食物繊維を豊富に含んでいるので、腸内環境を良好にし、基礎代謝のアップに一役買ってくれるのです。便秘の予防・解消効果も期待できるので、ダイエットだけでなく美肌作りにも役立ちますよ。

くわえて、餡子には糖分の代謝をサポートするミネラルやビタミンB、抗酸化作用によるアンチエイジング効果が期待できるポリフェノールも豊富に含まれているので、餡子が多く使用される和菓子は、日々ダイエットや自分磨きに励む女性にとってこの上ないお菓子なのです。

ダイエット中の女性は、さっそくおやつとして和菓子を取り入れてみましょう。お気に入りの和菓子を見つければ、ダイエット中でも無理なくおやつタイムを楽しむことができますよ。
幸ふくだんご(小倉粒あん)
幸ふくだんご(小倉粒あん)
たとえば、"お菓子工房幸ふく"が取り扱っている和菓子はいかがでしょうか。

まずおすすめしたい「幸ふくだんご」は、「小倉粒あん」をはじめ、「きな粉」「よもぎ」「栗」など、さまざまなバリエーションの味が揃っています。

その中のひとつ「幸ふくだんご(小倉粒あん)」は、しっとりとした粒あんペーストでもちもちのお団子を包んだ串団子。ちょっとだけ加えられたお塩が、粒あんの上品な甘さを引き立てます。ダイエット中のお腹も心も優しく満たしてくれますよ。
栗まんじゅう
栗まんじゅう
ほっくりとした甘さがお好みであれば、「栗まんじゅう」がおすすめ。

しっとりとしたおまんじゅうの生地に、栗の甘露煮が丸ごと1個包まれています。さらに、上品で優しい味わいの白生あんが栗の風味を引き立てます。おまんじゅう生地の食感とダイレクトな栗の味わい、白生あんの優しい口当たりをゆっくりとお楽しみいただけます。

より美味しくヘルシーに!和菓子ダイエットのポイント

漬物
洋菓子に比べ、糖質が控えめでダイエットに最適な和菓子。そんな和菓子の強みをより効果的に引き出したいのであれば、ちょっとしたポイントを意識しながら和菓子を味わうことが大切です。

たとえば和菓子を食べる際に、お漬物をはじめとした発酵食品を一緒に取り入れてみるのがおすすめ。その秘密は、発酵食品に含まれている"酵母菌"にあります。酵母菌には、糖分が体内に吸収される前に分解してくれる働きがあるので、糖分の吸収を抑えたいときに大活躍するのです。

また、お菓子を食べる時間として最適なのが午後3時。午後2時~5時までの間は、人間の体温が高くなりエネルギー代謝が最も活発になる時間帯だといわれています。代謝が活発化しているこの時間帯に上手にお菓子を摂れば、おやつタイムを楽しみながらダイエットに励むことができますよ。

ダイエットと聞くと、つい「大好きな甘いものを我慢しなきゃ!」と意気込みすぎてしまう方もいるはず。でも、無理に我慢し続けてリバウンドしてしまっては元も子もありません。そんなとき、和菓子は美味しく健康的に、ダイエットをサポートしてくれますよ。無理なくキレイを目指しましょう!

⇒詳しくはこちら:お菓子工房幸ふく
文:Anzu Nakamoto
洋画を観ること、絵を描くこと、読書が趣味の20代女子です。

この記事に関するキーワード