くらし

まるで生クリーム!濃密泡洗顔で美肌を手に入れよう

フフルルニュース

まるで生クリーム!濃密泡洗顔で美肌を手に入れよう
年齢を重ねていくと、若い頃に行っていたスキンケアでは肌状態をキープできなくなっていきます。「それでも美肌を手に入れたい」、そう思っているのであれば、まずは洗顔方法と洗顔石鹸を変えてみませんか?
洗顔は美肌を目指すうえで基礎中の基礎といえるスキンケアですが、意外にも誤った方法をとっている方は少なくありません。では、正しい洗顔方法とはどのようなものでしょうか。

肌に優しい洗顔方法と洗顔料って何?

洗顔でNGなことは、洗顔料を泡立てずに使うこと!というのも、顔の角質層は0.07mm~0.2mm程度の厚さしかなく、刺激にとても弱いからです。十分な泡を作らずに洗顔を行ってしまうと、肌は摩擦によって傷ついてしまいます。このようにして毎日肌にダメージが蓄積されるようになれば、どれだけ質のよい基礎化粧品を使おうとも意味をなしません。
しっかり泡立てると、洗顔料が毛穴の奥深くにある汚れまで吸着してくれるため、肌のトーンが明るくなったり、いちご鼻の改善に役立ったりと嬉しい効果も得られます。特に、キメの細かい生クリームのような泡で洗顔をすれば、なお一層高い効果を得ることができます。
肌への負担をさらに抑えたいのであれば、無添加の洗顔石鹸がおすすめです。
洗顔フォームは泡立ちがよく、一見すると肌に優しいように思えます。でも実際は、合成界面活性剤が多く含まれており、肌への刺激は強め。
無添加石鹸は少し泡立ちにくいものの、敏感肌にも優しく天然由来の成分が肌の調子を整えてくれます。ちょっとしたコツを掴めば濃密泡を作ることも簡単にできるので、美肌を目指すなら利用してみましょう。

どうしたら生クリームのような濃密泡を作れるの?

まずは、手の汚れをきっちりと落としましょう。汚れや皮脂がついた手では泡立ちが悪くなってしまいますし、汚れた手で洗顔を行うことは肌トラブルの原因にもなりえます。意外と見落としがちなポイントですが、忘れず洗ってくださいね。
次に、30度~35度のぬるま湯を桶に用意し、そのお湯で石鹸を泡立てていきます。
このとき、石鹸の量が少ないと泡が立ちにくくなるため、決してケチらないようにしましょう。
そして、石鹸を軽く泡立てて一方の手に集め、その手をくの字に少しくぼませます。そこから、もう一歩の手の指先を使って空気を含ませるイメージで大きく泡立てていきます。ぬるま湯は最初に多く加えすぎると泡が逃げてしまうので、泡立てながら水分を少量ずつ加えていきましょう。
なお、ぬるま湯を用意するのが面倒なときには水でも代用は可能です。ただし、泡が立ちにくくなるため、慣れるまではぬるま湯を用意するのが吉です。
十分な量が泡立ったら、最後に泡のキメを細かくしていきます。両手の間に若干のスペースを残して泡をはさみ、転がすようなイメージで練っていきます。このステップを飛ばしてしまうと、泡に大きな気泡が残ったままになってしまい、洗顔後の洗いあがりにムラができてしまいます。
あとは、できあがったクリーミーな泡で洗顔を行うだけ。決してゴシゴシと擦らず、泡を使ってマッサージするようなイメージで行いましょう。特に眉間や小鼻の脇は皮脂や汚れが残りやすいので、ほかの部位よりも丁寧に洗うのがGood! すすぎも丁寧に行い、それから化粧水や乳液、クリームなどを塗れば終わりです。
市販の泡立てネットを利用するのもOKですが、手の平で泡立てたほうがキメの細かい泡ができるといわれています。コツさえ掴めば素早くクリーミーな濃密泡を作れるようになるので、ぜひ実践してみてください。

コスパ抜群! 肌に優しいおすすめ無添加石鹸

無添加石鹸というと、少しお値段がお高めというイメージを持つ方も多いのでは? しかし、そんなことは決してありません。丁寧な製法で作られており、安心かつコスパのよい商品もあります。
オラン・ク・オラン 6種類セット
オラン・ク・オラン 6種類セット
オラン・ク・オラン 6種類セットは、ハニー、オレンジ、ライスブラン、ミント、ジャワティー、カユプティがそれぞれ1つずつ入った無添加石鹸のセット。値段は3,780円(税込み)で、換算すると1つ当たり630円! お買い得なセットであれば、天然由来の成分をたっぷりと配合した無添加石鹸を贅沢に使用できます。一度、全部をお試しして好みの香りや使用感のものを再購入するのもよいですね。
まにまっく石鹸 トライアルセット
まにまっく石鹸 トライアルセット
まにまっく石鹸 トライアルセットは、シナモン+クレイ、めかぶ+炭、ユーカリクレイ、ローズクレイ、黒みつ+ローズマリーがそれぞれ1つずつ入った無添加石鹸のセットです。値段は896円(税込み)と、とてもリーズナブル。いずれも原材料にこだわっており、精油の香りがふわりと広がります。石鹸のサイズは通常の半分程度ですが、気軽にお試しできるのは嬉しいですね。
美肌を目指すなら、上記のような無添加石鹸を一度試してみてはいかがでしょうか。きっと、気にいる石鹸が見つかるはずです。

いつまでも綺麗なお肌を維持しましょう

スキンケアの基礎、洗顔方法を変えるだけで加齢に負けない美肌を作ることが可能です。もし、誤った方法で洗顔をしていたなら、今日からでも実践してみましょう。刺激の少ない無添加石鹸の利用も、検討してみてくださいね。
文:佐藤亮介(しゅがぁ)
沖縄県在住ライター。古いもの、長年愛用できるものを好みます。
人とは少し違う視点で文章を書きたいな、と考えています。
1日、最低でも3リットルは水を飲みます。

この記事に関するキーワード