趣味・こだわり

2016年こそ手帳を活用して野心を実現!「ちゅうもえ」もプロデュースした1日1ページ手帳の活用法

フフルルニュース

2016年こそ手帳を活用して野心を実現!「ちゅうもえ」もプロデュースした1日1ページ手帳の活用法
女性に支持されている「ちゅうもえ」がつくった週末野心手帳をはじめ、最近は自己実現するために活用できる手帳が増えてきています。そんな個性的な手帳たちの紹介や、その活用法をご紹介します!

みなさんは自分の夢などを実現にするために、具体的にどのようなことをしていますか?自己実現をすることは日々の努力が不可欠となります。

 

そこで今回は、自分の夢を実現するためのツールとして選ぶべき手帳を紹介したいと思います。

週末野心手帳

新しい年が始まる前は、家の中を大掃除したり、自分の身の回りのことを整理してみませんか?この週末野心手帳では最初の方で自己分析マップという自分のことを整理することができるページがあります。そうすることで、来年1年間を通して自分がしたいことなどを年が始まる前に整理し、自分の願望をより明確化することができるのです。

 

その年の方向性を設定した後は、月ごとに目標を設定していくページがあります。ここで週末野心手帳の特徴として、月ごとの目標を、はあちゅうさんと村上萌さん(ちゅうもえ)のお2人がたてたテーマに沿って自分で5つ作成するという内容になっています。

例えば12月は「整理する」という風にテーマが設定してあり、その中で自分で何を整理するのか5つ決定します。1日1ページ割り振られた予定を書き込むページは他の1日手帳と大きく異なる部分があります。それは時間軸がないところです。毎日、四角く区切られた5つの箱があり、その横は方眼で好きなことが書けるようになっているだけなのです。

 

週末野心手帳は自分が叶えたい願望を年で設定した後に、月、日と細く設定していく作りになっています。日々のページにはちゅうもえさんからのメッセージがあるので、くじけそうになった時にはとても元気づけられることでしょう。

朝活手帳

みなさんは朝何時に起きているでしょうか?朝早くから活動すると時間を有意義に使うことができるということで最近朝活が注目を集めています。

 

この朝活手帳は名前の通り、朝活をすることに重きを置いています。そのため、1日の予定を記入する欄は、なんと朝4時〜9時までの予定を書き込む欄がその日の予定を書く欄の大きな割合を占めています。

 

9時以降はアフター9としてくくられ、そこまで書く欄は大きくありません。

この手帳の特徴としては朝活することでどのような自己実現をしていくかということです。その自己実現のために、ウィークリーページには今週の目標を立てる欄があり、その実現のために朝にどのような活動を行うのかを記入していきます。寝る間に次の日の朝の予定や目標を記入する事で朝起きて何しようと考える事なく行動する事ができます。

 

また、前日に何をするのか考えていても次の日の朝になってしまうと、いざ何しようか考え始めてしまう事があります。そんな時に前日に何をするのか記入しておく事で、スムーズに動く事ができます。

 

1ヶ月が終わるとその月の振り返りをするページが設けられているので、先月できなかった事を明確にして、翌月に繰り越す事ができます。早起きは苦手な方が多いかと思います。朝はやく起きる事が続かない方、ぜひこの手帳を使ってみてください。

ジブン手帳

この手帳は「DIARY」「LIFE」「IDEA」の3部に分かれており、自分が使いたい部分だけ買う事ができます。しかし、ここでは3部全て揃える事で目標を達成する事に一貫したプロセスを作る事ができます。

 

以下3部の紹介をしていきます。

まず、「DIARY」についてですが、これは主に手帳として役割を担っています。予定を書き込むページは一週間ごとに区切られ、1日は24時間軸で予定を記入する事ができます。2016年の夢を書くページがあるので、そこに達成したい目標を書き込み、それを見返しながら日々の予定を立てていくのはどうでしょうか?また、プロミスリストというページもあり、約束した事をなんでも書き込む事ができます。これは他人との約束事だけでなく、自分自身との約束事にも使う事ができるでしょう。

 

次に「LIFE」についてです。これは一生に必要な情報を記入して保管する事ができます。人生でやりたい100のリストや座右の銘リストなど、目標達成の手助けとなることもあるのではないでしょうか?そして、人生設計のページもあり、数年先のことまで書き込む事ができます。必ずしもその設計通りに行く事はありませんが、自分の人生の指針になるのでは?

 

最後に「IDEA」についてです。このページはなんでも好きな事を書く事ができます。単にメモ帳に使うのではなく、これも自己実現に繋げたいです。そのために自分が1日でできなかった事など、自己実現に向けてのメモや日記のような形で使う事をお勧めします。

 

これら3冊は一貫して、「自分の人生においての目標達成」のために活用していくことで、実現へと近づいて行くのです。

自分にぴったりの手帳を選びましょう!

現在は様々な個性を持った手帳が出ています。一般的に使う事ができるものから使う時間が限られているものまで、自分にあったものを選びたいものです。

 

たくさんの中から選ぶ際の基準として、自己実現をすることができるものを選んでみると、自分の時間を有意義に使う事ができるでしょう。自分の野心を実現するために、ぜひ手帳を使ってみてください。

文:三嶋 悠太郎
バドミントンとバイクが趣味です。最近は夜な夜なバドミントンの動画を見ては感動し、そして自宅の猫に毎日話しかけては逃げられという生活を過ごしています。ネットを見ることも生活の一部となった今、良い情報をお届けできたらと思います。宜しくお願いします。

この記事に関するキーワード