グルメ・スイーツ

どんな方法がおすすめ?ワインの「美味しい!」を引き出すコツ

フフルルニュース

どんな方法がおすすめ?ワインの「美味しい!」を引き出すコツ
お酒の好みは人それぞれ。多くの方から愛されているお酒のひとつに、ワインがあります。そんなワインの「美味しい!」を引き出すには、温度や保存方法に注目することが大切です。そのうえで、お好みのアレンジレシピを楽しみましょう。
夫婦での晩酌や特別な日の一杯に、ワインをチョイスする方は多いはず。透きとおるように美しい色合いと濃厚な風味で、女性にも人気です。そんなワインの美味しさを引き出すには、飲み頃の温度と適切な保存方法を知っておくことが大切です。

ここでは、赤ワイン・白ワインそれぞれの適切な温度と保存方法、フルーツの甘みが美味しいサングリアのレシピ、飲み心地がよく美味しいと人気のイタリアワインをご紹介します。

飲み頃の温度と正しい保存方法

ワイン
ワインの美味しい飲み方は、ワインの種類により異なります。

赤ワインの場合は、フランスの常温である14~17℃程度で保存するのがベストです。タンニンを含む赤ワインは渋みが強く、低温で保存することでこれを感じやすくなります。軽口の赤ワインなら10~12℃、中口なら13~16℃、重口なら16~18℃を目安にしましょう。

一方、白ワインは赤ワインより長時間冷やして飲むのが一般的です。甘口なら5~8℃、辛口なら7~14℃がおすすめ。お好みにより調整可能ですが、過度に低温だとワイン本来の味わいが消えてしまうため、冷やしすぎないよう注意しましょう。

このほか、ロゼワインは7~14℃、スパークリングワインは5~8℃が一般的な飲み頃温度とされています。

続いて、ワインの適切な保存方法についてです。

ワインの美味しさを損なわせないためには早めに飲むのがおすすめですが、もし難しいのであれば涼しく暗い場所で保存しておくようにしましょう。目安としては、室温が15℃前後、湿度が65~80%程度とされています。その際、箱に入ったままか、箱がなければ新聞紙で包んでおくのがポイント。これによりコルクの乾燥を防ぎ、コルクのヒビ割れによるワインの酸化を防ぐことができます。

また、ボトルを振らないよう丁寧に扱うことも大切です。さらに匂い移りの可能性を考慮し、匂いの強い食材などのそばに置いておかないよう心がけましょう。

簡単、美味しい!サングリアレシピ

サングリアのレシピ
ワインを使った女性人気の高いお酒のひとつ、サングリア。好きなフルーツをカットし、ハチミツやグラニュー糖と一緒にワインに混ぜるだけなのでとても簡単。アルコールにそれほど強くない女性でも飲みやすく、見た目もキュートなので女子会やパーティーのドリンクとしてもおすすめです。

冬から春は、イチゴの美味しい季節。そこで、ビタミンCたっぷりのイチゴを使ったサングリアレシピをご紹介します。
【材料】
  1. 赤ワイン・・・1本
  2. イチゴ・・・1パック
  3. レモン・・・1/2個
  4. シナモン・・・2~3本(スティック)
  5. クローブ・・・4~6個

【作り方】
  1. フルーツを洗う
    サングリアに使うイチゴやレモンをきれいに洗います。特にレモンの皮にはワックスがついているため、しっかり洗って落としましょう。皮ごと使用すれば、より深い味わいのサングリアに仕上げることができます。洗ったあとは、きれいに水分を拭き取ります。
  2. フルーツをカットする
    レモンを輪切りにカットします。イチゴはそのままでOKです。使うフルーツによりカット方法や大きさはさまざまなので、お好みで調整してください。
  3. ワインと調味料を混ぜる
    赤ワインとシナモン・クローブを混ぜ合わせます。なお、グラニュー糖やハチミツを使う場合もこのときに混ぜることになります。容器の底に調味料がたまらないようスプーンなどでかき混ぜ、サングリアの甘さを調整しましょう。
  4. フルーツと合わせる
    保存容器にフルーツを入れ、上から赤ワインを注ぎ、冷蔵庫で1日寝かせたら完成です。
サングリア
サングリアに使うフルーツや調味料は、自身の好みでチョイスしてOKです。通年手に入るバナナを使うのもよし、甘さが足りない場合はグラニュー糖を足してもよし。アルコールに強くない女性の場合は、赤ワインを炭酸水やオレンジジュースなどで割るのがおすすめです。風味をよくしたい方は、ブランデーやラム酒を加えてみてください。

おすすめのイタリアワインはいかが?

世界各国で生産されるワインですが、なかでもフランスやイタリアは別格の生産量を誇ります。コアで美味しいイタリアワインを楽しみたい方は、イタリアワイン専門店トスカニーを利用してみましょう。 トスカニーは、イタリアのワインと食材を販売する通販ショップ。5,000商品以上を取り扱っているため、コアな一品を手に入れることができます。
アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ ヴァルパンテーナ 2011 テッツァ (750ml)
アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ ヴァルパンテーナ 2011 テッツァ (750ml)
「アマローネ デッラ ヴァルポリチェッラ ヴァルパンテーナ 2011 テッツァ (750ml)」は、特別地区ヴァルパンテーナにて生産された上級キュヴェ。アルコール度数は16.5度で、濃密で優雅な味わいながらもまろやかで飲み心地のよい一品となっています。ジャムやバニラ、薬草を連想させるエレガントな香りとフレッシュな果実のアロマに、きっと心奪われるはずです。

おすすめのイタリアワインはいかが?

ワインと一口に言っても、種類により飲み頃の温度や正しい保存方法が異なります。グラスに注いで飲むだけ。それだけで十分に美味しいワインですが、温度や保存方法に注目してみることで、より美味しい一杯が味わえます。ぜひ試してみてくださいね。

⇒詳しくはこちら:トスカニー
文:Mariko Kano
漫画・アニメ、音楽鑑賞が好きな20代女子。お家でお酒を飲みながらのアニメ鑑賞って最高ですよね。

この記事に関するキーワード