グルメ・スイーツ

旬のフルーツとワインでおしゃれにキメる♡春らしいお酒の飲み方

フフルルニュース

旬のフルーツとワインでおしゃれにキメる♡春らしいお酒の飲み方
いつもと少し違った晩酌を楽しみたいという方には、季節に合わせた飲み方を試してみることをおすすめします。春なら、ワインの赤色とコロンとしたフルーツがとてもかわいらしいサングリアなんていかがでしょうか。
ビールにワイン、焼酎、日本酒などお酒にはさまざまな種類があります。しかし、スーパーやコンビニのお酒コーナーに行くといつも同じお酒ばかり買ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

毎日の晩酌がマンネリ化してきたという方は、季節を感じさせる飲み方を試してみましょう。例えば、夏はビールをキンキンに冷やし、冬はホットカクテルをといった飲み方がおすすめ。そして、春は旬のフルーツとワインで作るサングリアがおすすめです。

今回は、サングリアの魅力や作り方や、サングリアにぴったりな商品をご紹介します。

初心者にもおすすめの飲み方、サングリアとは?

サングリア
サングリアとは、スペイン・アンダルシア地方発祥のワインカクテルのこと。既製品を購入して楽しむこともできますが、自分で手作りすることもできます。アルコールに弱い方の場合、オレンジジュースや炭酸飲料で割って飲んでもOKです。

今や大人気の飲み方として日本でも知られているサングリアには、意外な背景が。実は、出来がよくないワインのおいしい飲み方として提案されたのがきっかけだったといわれているのです。現在では広く普及し、スペインではイエスキリストの復活祭において、各家庭でサングリアを手作りすることが風習となっています。

女性の中には、ワインに手を出したことがない方や、ワインはあまり得意ではないという方もいるかもしれません。しかしサングリアは、フルーツの果汁がワイン独特の風味を抑えてくれるので、とても飲みやすくなっています。また、おいしいだけでなく、見た目も華やかなので、パーティードリンクにもぴったりです。旬のフルーツを使うことはもちろん、美容効果などを重視してフルーツを選ぶのもおすすめ。飲み頃を過ぎたワインでも、おいしく作ることができます。

作り方もとても簡単なので、忙しい方にもぴったりの飲み方といえます。

5分あればできる!サングリアの作り方

サングリア
初心者にもおすすめのサングリアの作り方をご紹介します。

材料は赤ワイン(750ml)とお好きなフルーツのみ。レモンやオレンジ、りんご、グレープフルーツなどがおすすめで、各1個を目安にするとよいといえます。春らしさを出すなら、旬のフルーツであるイチゴを加えるのがおすすめです。

【作り方】
  1. フルーツの皮をよく洗い、皮を残したまま小さくカットする
    ※レモンやオレンジは輪切り、りんごは薄切りがおすすめですが、切り方は自由です
  2. ビンやピッチャーにフルーツを入れ、赤ワインを注ぐ
    ※甘さを出したい方は、砂糖やはちみつ、フルーツの缶詰のシロップを使いましょう

たったこれだけでおいしいサングリアの完成です。フルーツとワインがなじむまで、短くとも半日以上は冷蔵庫で寝かせるようにしましょう。なお、ワインは白ワインでもOKで、ライムなどを加えることでさっぱりした味わいになります。 いろいろなワインやフルーツで試して、自分なりの飲み方を楽しんでください。

美容効果も期待できる!日本酒サングリア

日本酒サングリア
ワインのおいしい飲み方のひとつとして、知られているサングリア。実は、日本酒で代用することもできるのです。

お米から作った日本酒ですが、意外にもフルーツとの相性は抜群です。日本酒サングリアは、日本酒を好む女性の間で飲まれているだけでなく、日本酒が苦手な女性の間でも、フルーティーで飲みやすい和テイストのカクテルとして人気が高まっています。

日本酒サングリアの魅力には、日本酒の麹がもたらす美容効果があります。麹には脂肪分解効果が期待できるだけでなく、ビタミンB2や酵素、ビフィズス菌など健康・美容に欠かせない栄養素がたっぷり。肌荒れに悩んでいる方や、便秘を解消したい方にもおすすめの飲み方といえます。

作り方はワインと同じなので、日本酒の新しい飲み方として試してみてはいかがでしょうか。

なお、日本酒サングリアを作るときには、酒税法に注意しましょう。というのも、酒造免許のない方の場合、この法律で定められている規定を超えて酒造してしまうことで、違反と見なされる恐れがあるからです。例えば、ブドウを混ぜ合わせることは禁止されています。

春らしさを感じたいなら、花酒もおすすめ

花酒
春にぴったりの飲み方としては、サングリアの他に花酒もおすすめです。花酒とは、ホワイトリカーに花を漬けたお酒のこと。花の香りや見た目の華やかさを楽しむことのできる飲み方です。漬ける花の種類により、得られる効果が異なります。例えば、桜ならリラックス効果、キンモクセイなら食欲抑制効果が期待できます。

花酒を作るのに必要となるものが、ホワイトリカー、花、氷砂糖です。煮沸消毒を済ませたビンやピッチャーの中に氷砂糖、花、ホワイトリカーの順番に入れ、フタを閉めたら冷暗所に約1カ月置いておくだけでOK。飲むときは花を濾し、水割りや炭酸割りで楽しみます。

ちなみに、花の香りをより楽しみたいのであれば、七~八分咲きの花を使用するのがおすすめです。桜やキンモクセイ、ジャスミン、バラなどお好みの花で作ってみましょう。

飲み方は自由!絶品ワイン&イチゴ

サングリアにぴったりなワインとフルーツをご紹介します。

今回ご紹介するワインは、5,000アイテム以上のイタリアワインを販売するイタリアワイン専門店「トスカニー」のもの。トスカーナやピエモンテなどさまざまな原産地のワインをそろえているので、ワイン好きの方はチェックしてみることをおすすめします。

コノスル オーガニック カベルネ ソーヴィニヨン カルメネール シラー コノスル

コノスル オーガニック カベルネ ソーヴィニヨン カルメネール シラー コノスル
コノスル オーガニック カベルネ ソーヴィニヨン カルメネール シラー コノスル
BCSエコ認定の有機栽培のブドウを100%使用した、オーガニック赤ワインです。アルコールは14度。キリッと辛口な味わいが特徴です。甘く濃厚なヴァニラの他、チェリーやラズベリーのフルーティーさもあり、豊かな風味が楽しめます。

ソアーヴェ クラシコ クリヴス カンティーナ ディ モンテフォルテ

ソアーヴェ クラシコ クリヴス カンティーナ ディ モンテフォルテ
ソアーヴェ クラシコ クリヴス カンティーナ ディ モンテフォルテ
『ベーレベーネ2016』でヴェネト州No.1コストパフォーマンス賞を受賞した白ワインです。清潔感のあるすっきりとした味わいが魅力で、一口ごとに生花や南国フルーツのアロマの広がりを楽しむことができます。アルコールは12.5度。辛口タイプのワインです。

トスカーナ サンジョヴェーゼ ヴィニコラ リカイアーノ(スコペターニ)

トスカーナ サンジョヴェーゼ ヴィニコラ リカイアーノ(スコペターニ)
トスカーナ サンジョヴェーゼ ヴィニコラ リカイアーノ(スコペターニ)
キャンティ屈指の銘醸地・ルフィナで造る、トスカーナ正統派の赤ワインです。グラスに口を近づけると、甘くもスパイシーな豊かな香りを楽しむことができます。アルコールは12.5度。辛口タイプですが、とてもまろやかで飲みやすい一品です。
次に、ワインとの相性ばっちりのフルーツ、イチゴをご紹介します。今回ご紹介するイチゴは、旬の摘みたてイチゴを生産者から直送する「旨いいちご屋」から、静岡掛川産の「章姫(あきひめ)」です。 。

章姫(あきひめ)

章姫
章姫
温暖な気候が特徴で、イチゴの名産地のひとつである静岡。そんな静岡で生まれた章姫は、細長い形とツヤっとした光沢、みずみずしさと柔らかさが特徴です。酸味が少なく、一口かじると、口の中いっぱいに甘くフルーティーなおいしさが広がります。

春は春らしい飲み方でお酒を楽しもう!

春のお酒
いつもは同じお酒ばかり飲んでいるという方も、違うお酒に挑戦してみることで、新しい発見があるかもしれません。季節を感じられる飲み方で、その季節ならではの晩酌を楽しんでみてはいかがでしょうか。

華やかで明るい春にぴったりのサングリアや花酒。お酒にそこまで強くない女性でもおいしく飲めるので、ぜひ試してみてください。

⇒詳しくはこちら:イタリアワイン専門店のトスカニー
文:Mariko Kano
漫画・アニメ、音楽鑑賞が好きな20代女子。お家でお酒を飲みながらのアニメ鑑賞って最高ですよね。

この記事に関するキーワード