グルメ・スイーツ

オールナチュラルの国産ピーナッツバターがおすすめ!懐かしいおいしさ「ハッピーナッツデー」

フフルルニュース

オールナチュラルの国産ピーナッツバターがおすすめ!懐かしいおいしさ「ハッピーナッツデー」
やさしい甘さのピーナッツバターが大好き!大人になった今でも無性に食べたくなることってありませんか?子どもの頃の懐かしいあの味をトーストにたっぷり塗っていただく・・・。せっかくですもの、原料にはこだわりたいのが大人女子。オールナチュラルの国産ピーナッツバターで、ハッピーな時間を過ごしませんか?
パンにたっぷりのピーナッツバターがごちそうだった子ども時代。大人になったいまでも無性に食べたくなるのはなぜでしょう。懐かしくていろいろなピーナッツバターを試してみたけれど、大人になった今、ただ甘いだけじゃ物足りない。そんなときに出会ったのが「ハッピーナッツデー」です。
HAPPY NUTS DAY
HAPPY NUTS DAY
ハッピーナッツデーが誕生したのは千葉県の九十九里。甘くて香り高い千葉県産の落花生と、九十九里の海塩との出会いによって純国産のピーナッツバターは作られています。

素材本来の味わいを最大限に引き出すため、昔から続く手作業の焙煎方法を継承。焙煎後、すぐに加工し、瓶詰しているのもおいしさの理由です。

落花生の甘さを邪魔しないよう、甘味料にはてんさい糖を使用。からだにもやさしいその味わいは、もちろん無添加。子どもからお年寄りまで安心して味わうことができます。

価値ある産物を後世につなげる使命

HAPPY NUTS DAY
開封してまず驚いたのが香りの高さ。職人たちの手で丁寧に焙煎されたピーナッツの芳ばしさに心が満たされていきます。お行儀が悪いとわかりつつ、思わず指ですくって舐めてみるとさらなる驚きが。ピーナッツの粒の食感、やさしい甘さとさわやかな塩の風味が舌の上でとろけていきます。

このおいしさ、トーストはもちろんのこと、お料理にもぴったり。インゲンやほうれん草と和えていただくのもおすすめです。

2013年に産声を上げたハッピーナッツデー。『大好きなピーナッツバターを、世界の誰にも負けないクオリティでお届けする』をスローガンに掲げ、先代が培ってきた落花生産業を後世に繋げるべく守り続けています。

⇒詳しくはこちら:good design market KOK

文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。
ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】ねこ食堂
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するキーワード