グルメ・スイーツ

ティータイムでおいしく野菜をチャージ!ヘルシーがうれしいベジタブルスイーツ

フフルルニュース

ティータイムでおいしく野菜をチャージ!ヘルシーがうれしいベジタブルスイーツ
仕事の合間や午後のティータイムに欲しくなるお菓子。とはいえ、カロリーが気になる。そんな方におすすめなのが野菜を使ったお菓子「ベジタブルスイーツ」。野菜本来の甘みを引き出すことで、やさしい味わいを堪能することができます。そんなベジタブルスイーツの魅力を紹介します。

スイーツは大好きだけれど、気になるのがカロリーや健康面。そんなヘルシーコンシャスな人におすすめなのが、お菓子の材料に野菜をふんだんに使った「ベジタブルスイーツ」です。野菜嫌いのお子様や、甘いモノが苦手な男性でも楽しく味わうことができますよ。おいしく野菜をチャージできる、ベジタブルスイーツの魅力をたっぷりご紹介します。

野菜をお菓子に!?一見ミスマッチな組み合わせが生んだ奇跡のハーモニー

コマツナとゴマのパウンドケーキ
コマツナとゴマのパウンドケーキ

仕事の合間や午後のティータイムに欲しくなるあま~いお菓子。口にしたとたん、思わず笑顔になってしまう魅力がお菓子にはたくさん詰まっています。

 

とはいえ、気になるのがカロリー。なかでもダイエットの天敵ともいわれる砂糖たっぷりのケーキは、生クリームやバターなど高カロリー食材がふんだんに使われているので要注意。ぐっと我慢をしている女性も多いのでは?

 

そんな悩める淑女たちの救世主となるのが、野菜を使ったお菓子「ベジタブルスイーツ」です。野菜を使っているので、クリームやお砂糖をたっぷり使った一般的な洋菓子に比べると低カロリーでヘルシー! 野菜と洋菓子なんて、一見ミスマッチのように思えますが、意外や意外!野菜本来の甘みを引き出すことで、やさしい味わいを堪能することができますよ。

 

また、野菜嫌いのお子様や、甘いものが苦手な男性にも喜ばれるのもうれしいポイント。ほのかに感じる野菜の風味は、気になるどころかこれまでの常識を覆すほどのおいしさ!ぜひその奇跡のハーモニーをご堪能あれ。

「てんさい糖」ってどんなお砂糖?

せっかく野菜を使うのですから、ほかの食材にだってこだわりたいですよね。スイーツに欠かせない「砂糖」は、ほとんどの場合、精製された白砂糖やグラニュー糖が使用されています。実はこの白さ、人工的に作られていることをご存知ですか?白砂糖はその精製過程でミネラルやビタミンなどが取り除かれ、何度も加工を繰り返すことであの白さが生まれるといわれています。天然の砂糖と思っていたものが、実は添加物だったということも…。

てんさい糖を使った、ポタジエのスイーツ
てんさい糖を使った、ポタジエのスイーツ

そこでおすすめなのが「てんさい糖」です。なんだか聞き慣れない言葉ですが、北海道で採れる植物「甜菜(てんさい)」が原料となっている立派なお砂糖なのです。

 

製造過程で精製されないため、てんさい糖の色は茶色をしているのが特徴。ミネラルのほか、腸内環境を整えるビフィズス菌が豊富に含まれています。また、白砂糖は吸収が早く、すぐに糖分を取りたくなってしまう傾向にあるのに対し、てんさい糖は吸収がゆるやかなため、急激な血糖値の上下を防ぐ効果もあるといわれています。

 

気になるその味は、後味がすっきりとしたやさしい甘さ。白砂糖のような「甘ったるさ」がありません。スイーツはもちろん、さまざまな料理との相性も良いのもうれしいですね。

ベジタブルスイーツで、おいしく美と健康をチャージ!

トマトと季節のロールを組み合わせたベジロール・ハーフ&ハーフ
トマトと季節のロールを組み合わせたベジロール・ハーフ&ハーフ

ベジタブルスイーツを作るパティシエは、野菜にもとことんこだわりをもっている人がほとんどです。国産であることはもちろんのこと、オーガニックや無農薬栽培、自然農法の野菜を厳選して使用。小麦粉や卵もおなじくこだわりを持って選んでいます。

美と健康には敬遠されがちなスイーツですが、甘い食べ物には疲れを癒したり、心を穏やかにしてくれる効果があるのも事実。安心・安全な材料を使えば、おいしく美と健康をチャージすることができますね。

 

ティータイムを豊かにしてくれる「ベジタブルスイーツ」で、午後のひとときを優雅に過ごしてみてはいかが?

 

⇒詳しくはこちら:パティスリー・ポタジエ

文:ねこりょうこ
ライター/エディター/フードスタイリスト
情報誌編集部員を経てフリーランスに。美容、インテリア、フードなど、スタイル提案の記事を中心に執筆。モットーは『食べることは生きること』。ごはんと動物をこよなく愛し、今日も「おいしい」と「かわいい」を求め、日本全国を取材活動中。
【公式ブログ】 http://diningasfortunate.blog.fc2.com/

この記事に関するキーワード