くらし

パソコンをオシャレに掃除できる専用ブラシ

NPデパート探検隊 for men vol.27

パソコンをオシャレに掃除できる専用ブラシ
日々、ECサイトという“巨大デパート” を探検するこの企画。パソコン専用ブラシは、仕事のモチベアップにもつながる!?

パソコンには、けっこうほこりがたまるものだ。キーボードのすき間はもちろん、ディスプレイが一面ほこりで覆われていることも珍しくない。

 

蛍光灯の下で作業している時はほとんど目立たないものだが、昼間、例えば、カフェの窓際の席など自然光が入る場所にノートパソコンを持っていくと、こんなに汚れていたのかと愕然とするくらいほこりが目立つ。

 

そんなこともあり、汚れが目についてくると、セロテープやふせんの粘着部分をキーボードのすき間に入れて、左右に動かしながら細かいほこりをとったりしているのだが、その行為はなんとなく貧乏くさい気がする。もっとさらっとオシャレにできないものか? 

レデッカー社 パソコン用ブラシ
レデッカー社 パソコン用ブラシ

解決策として見つけたのが、このパソコン用ブラシ。ディスプレイやキーボードのほこりを払うための専用ブラシだ。

 

こうしたニッチな作業に特化したアイテムは良品が多いと思う。このブラシもご多分にもれず、ドイツの老舗ブラシメーカーとして知られるレデッカー社のもので、まずなにがいいかといえば、とにかく見た目がいい。素材に使われたブナ材の質感には温もりが感じられ、デザインもムダがなく洗練されていて美しい。

デスクにあっても違和感なし、ペン立てにつっこんでおけばすぐに使える。
デスクにあっても違和感なし、ペン立てにつっこんでおけばすぐに使える。

日々の暮らしにスッと溶け込む雰囲気でありながら、生活感を感じるわけではない。持ち手の端に紐をつけ、ワーキングスペースの壁にかけておけば、それだけで絵にもなる。ペン立てにつっこんでおいてもいいだろう。

お手持ちの紐を通して壁にかけても◎。
お手持ちの紐を通して壁にかけても◎。

実際にほこりを払う毛の部分は上下に用意され、毛足が長くやわらかいほうはパソコンのディスプレイの掃除に最適で、逆に毛先が短く少しかたいほうは、キーボードのすき間にちょうどいい。

 

これからはパソコンを使った後に、このブラシでサッサッとパソコンをなでるだけでOK。習慣にすれば、常にすっきりした状態を保つことができるだろう。

 

ほこりまみれのパソコンはモチベーションも下がりやすい。作業自体はあっという間だが、その数秒が仕事のやる気アップにも自然とつながっていくのではないだろうか。まさに魔法のブラシなのである。

 

⇒詳しくはこちら:北欧、くらしの道具店®

文・石川博也
1972年静岡県生まれ。エディター・ライター・構成作家。これまでに『TARZAN』『POPEYE』『BRUTUS』『anan』『GQ JAPAN』などの雑誌や、読売新聞のファッションコラム連載、ルノー、ダイハツをはじめとする企業オフィシャルサイトなどに企画、編集、ライターとして携わる。またラジオ番組の構成作家としても活躍中。

この記事に関するキーワード