くらし

「ハンモックで昼寝」をお手軽に実現!

NPデパート探検隊 for men vol.24

「ハンモックで昼寝」をお手軽に実現!
日々、ECサイトという“巨大デパート” を探検するこの企画。自立式ハンモックで、最上の休息が簡単に手に入る。

疲れている時にふと思う。ハンモックに揺られながら昼寝をしたい、ハンモックに寝そべってダラダラしたいと。これは子どもの頃から頭の中で思い描いてきた夢でもある。しかし、大人になった今でも、夢は実現していない。現実はなかなか厳しいのである。

 

仮にハンモックを手に入れたとしても、自宅の賃貸マンションには設置できる場所がない。自宅以外で探すにしても、特に都心では、うまい具合に離れた木や柱があるなど、ハンモックを取りつける条件を満たすロケーションを見つけるのに骨が折れる。

 

でも、だからといってハンモックがもたらす極上のリラックスタイムを諦める必要はまったくない。設置に木や柱を必要としない、自立式のタイプがあるのだ。これならハンモックを置ける広さの平らなスペースさえあれば、どこでも設置が可能なのである。

 

構造はいたってシンプルで、スチール製のスタンドの両端に、シートをひっかけるだけ。折りたたみ式なので使わない時はコンパクトに収納できるし、持ち運ぶこともできる。

 

自宅に、庭や広めのベランダがあればそこで使えるし、スペースに余裕があるなら部屋の中で使ってもいい。公園やキャンプ、フェスにだって持っていける。秋のアウトドアシーズンにも必携のアイテムなのである。

 

これがあれば、憧れのハンモックがグンと身近になるではないか。いつもは仕事で煮詰まると、カフェなどに場所を移して、原稿を書いたり、企画を考えたりしているが、このハンモックがあれば、公園ですら仕事場になってしまう。ゆらゆらと揺れることで、いつも以上にリラックスできて、いいアイデアも浮かびそうだ。

 

ハンモックでしか得られない至福の時間と、それにかかる費用を考えると、コストパフォーマンスも最高。唯一無二の幸せが、お手軽に手に入るのだ。

⇒詳しくはこちら:4Seasons.

文・石川博也
1972年静岡県生まれ。エディター・ライター・構成作家。これまでに『TARZAN』『POPEYE』『BRUTUS』『anan』『GQ JAPAN』などの雑誌や、読売新聞のファッションコラム連載、ルノー、ダイハツをはじめとする企業オフィシャルサイトなどに企画、編集、ライターとして携わる。またラジオ番組の構成作家としても活躍中。

この記事に関するキーワード