おでかけ

突然の雨にもスマートに対処できる折り畳み傘。

NPデパート探検隊 for men vol.18

突然の雨にもスマートに対処できる折り畳み傘。
日々、ECサイトという“巨大デパート” を探検するこの企画。持ち歩きたくなる折り畳み傘で、雨の日が楽しみに。

梅雨の季節が近づいてきた。毎年この頃になると俄然気になるのが雨の日グッズだ。天気の悪い日に必須のアイテムといえば傘だろう。以前は傘を持ち歩くことが少なく、雨が降るたびにコンビニやドラッグストアでビニール傘を買っていた。

 

ある日、玄関を整理するためにたまったビニール傘を数えたら、40本以上もあって自分でも驚いた。1本500円と見積もっても2万円以上。ビニール傘はしょぼい上に、かなりの不経済だったのである。しかも見ている人は見ているもので、ビジネスの場では、ビニール傘を持っていることイコール先を見越せないダメな人間だと感じる人も多いようだ。

 

そうであれば、できる限りビニール傘を使わないほうが身のためだ。とはいえ、毎朝の天気予想をチェックして、出かける際に傘を持っていくのかどうか悩むのもどうかと思う。特にこれからの季節は突然のゲリラ豪雨も多く、いつ雨が降ってもおかしくない状況だ。いっそのこと折り畳み傘をバッグの中に常備しておくのが良いのでは。

常に持ち歩きたくなるような折り畳み傘であれば、なんの問題もない。「アンブレラ ISABRELLA 0%」はそのひとつ。

 

使わない時は、ワインボトルのような形をしたハードカバーに収納されているのがいい。なによりデザインとして洒落ている。通常の折り畳み傘は、雨が止んだあと折り畳んだ傘をずっと手に持った状態になることが多く、けっこう煩わしいが、「アンブレラ ISABRELLA 0%」の場合、濡れた傘をこの中にしまうため、バッグに入れて持ち運んでも、ほかのものを濡らさない。これだけでも余計なストレスをかなり軽減できると思う。

 

傘らしくないビビッドな色使いも魅力で、カラーバリエーションも豊富。持っていることを誰かに自慢したくなる傘なのである。

 

しかもUVプロテクトつきなので、日傘としても使える。現状、男性で日傘を使う人はほとんどいないと思うが、そもそも日傘に性別は関係ない。男性だってムダに日焼けしないほうが将来的にいいだろうし、このようなデザインの日傘であれば、男性がさしていてもさほど違和感はない。

 

女性へのプレゼントにも最適だ。なによりお気に入りのレイングッズは、憂鬱になりがちな雨の日をハッピーな気分に変えてくれる。実にプライスレスなアイテムなのだ。

⇒詳しくはこちら:BICASA

文・石川博也
1972年静岡県生まれ。エディター・ライター・構成作家。これまでに『TARZAN』『POPEYE』『BRUTUS』『anan』『GQ JAPAN』などの雑誌や、読売新聞のファッションコラム連載、ルノー、ダイハツをはじめとする企業オフィシャルサイトなどに企画、編集、ライターとして携わる。またラジオ番組の構成作家としても活躍中。

この記事に関するキーワード