くらし

自慢したくなる「ゆたんぽ」です。

NPデパート探検隊 for girls vol.7

自慢したくなる「ゆたんぽ」です。
日々、ECサイトという“巨大デパート” を探検するこの企画。またまた冬の冷え対策ですが、今回は「ゆたんぽ」をご紹介です。

そろそろ足が冷えて眠れない...なんて時期になってきましたね。

 

電気を使わないということで注目され、近年スーパーなどでも購入できる「ゆたんぽ」。でも、どうせ買うなら人に見せたくなるほどかわいい「ゆたんぽ」がいいですよね。

 

そんなとっておきのゆたんぽをご紹介です。

 

昔ながらのゆたんぽは金属製だったり、最近はポリエチレンなどのものもありますが、固い「ゆたんぽ」は苦手。そんな方に、こんな珍しくてかわいいスケルトンの「ゆたんぽ」を。

スケルトン湯たんぽ スノー
スケルトン湯たんぽ スノー

こんなかわいい「ゆたんぽ」なら、毎日の「ゆたんぽ」ライフが楽しくなるはず。しかもこのシリーズ、お湯やお水の中に入っているモチーフがゆらゆら揺れるのです。このスノーだと雪の結晶が揺れる感じですね。

 

水枕にもなるので、熱を出してしまった時、熱は下げ、気持ちはアゲてくれそうですね。

 

もうちょっとクールな感じがいいという方にはこちら

スタンダードボトルラジエーターシェルボトル
スタンダードボトルラジエーターシェルボトル

さすがドイツ。機能美が秀逸。お値段もそんなに高くないのでこんなデザイナーズ家具のような「ゆたんぽ」、プレゼントにすれば、かなり喜ばれそうですね。

「ゆたんぽ」特集いかがでしたでしょうか。「ゆたんぽ」は電気を使わないだけでなく、ヒーターなどと違って、部屋を乾燥させないのでお肌にもやさしいです。

いろいろな意味でやさしく、デザイン的にもすてきな「ゆたんぽ」、いかがでしょうか?

 

⇒詳しくはこちら:fashyJapan

文・滝戸ドリタ
美容師とレントゲン技師の娘として育ち、パーマとコーラと科学が大好き。メディアアートの展示企画制作に、インターネット関係の企画、制作、夢のコラ ボレーション。あらゆるお仕事をこなしている、マガジンハウスのウェブマガジン『colocal』のクリエイティブディレクター。

この記事に関するキーワード